記事一覧

ネギの土寄せ。

ネギの土寄せ作業というものに勤しんでおります。
20年物のマメトラは今日も元気です。
P6040085.jpg
※厳密には、最初の土寄せは「削り込み」等とも呼ばれます。

ネギは溝を掘って溝の底に植え付けます。
そして成長に合わせて徐々に溝を埋め戻し、その後更に通路部の土を
ネギの方に盛り上げていくことで光を遮られたネギ達は白く長く伸びていきます。

こうして長ネギになる訳です。


ちなみに土寄せには「除草」の効果もあります。
マメトラの刃が雑草を引き抜いたり、小さい草を土で埋めてしまう事で草を減らします。

土寄せ前。
P6040084.jpg

土寄せ後。
P6040086.jpg
わかりますでしょうか? うん、微妙ですね!
もっと草の多い時期になると、結構しっかり分かります。


今後ネギの管理は「追肥」、「土寄せ」、「防除」の三つになります。

追肥と土寄せは全部で4~5回程行う作業です。
ネギは生育期間が長い為、肥料が切れない様に少しずつ与え続け、
それに合わせて土寄せも少しずつ行って行きます。

また、病気・害虫の発生状態を見ながら、適時防除も行って行きます。

防除の考え方は、基本IPM(総合的病害虫管理)。その上で大事な「病害虫発生予察情報」。
予察情報は各都道府県で発信していると思われます。 新潟県のモノを月一でチェックしてます。

勿論、毎日自分の畑の作物を観察する事も大事です。
最近ウチのネギにハモグリバエの痕跡を発見しました。 
初夏ですな・・・! (防除しなきゃ。汗)  
スポンサーサイト



コメント

Re: ネギの土寄せ。

爽快な風景ですねー
除草は大変でしょう、毎回凄いなーと思います!
私は庭の草取りで息切れです(笑)

Re: ネギの土寄せ。

お疲れ様です。
家のネギは自家用+直売所用なので大した量はありませんが
土寄せそろそろしなきゃ、と思ってます
鍬での作業なので腰に来ますが(^^;)

ハモグリバエと言えばエンドウ豆の葉っぱに痕跡がいっぱいです(+o+)
ハモグリバエを近寄らせない方法は無いものか…
と最近考えてます

コメントありがとうございます。

【あじさんへ】
本当に草の生えてくる力には脱帽です。
除草したと思っても、しばらくしたらまた
わさわさと生えてきます。

根気強く草と戦い、しっかりネギを
育てていきたいと思います(^^ゞ


【tonpuさんへ】
鍬は長時間の作業になると腰に来ますよね。
管理機も同じく腰に来ますが。汗

この時期、色んな野菜にハモグリの痕跡が
出てきましたね。

ハモグリを皮きりに、これからアザミウマも
出てくるでしょうからしっかり管理して行きたい
所です。

粘着テープ、防虫ネットなどの対策もありますが、
露地栽培や面積が広大な場合はやはり
適期の薬剤防除が一番メリットが大きい様に感じます。




コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位