記事一覧

一気にネギ定植を進めるべし。

今日はここ数日のネギ定植についてご紹介。

石井農園では複合化経営への転換(稲+野菜)や減反政策への対応として、
田んぼを畑にする転作を行っております。

こちらは去年まで稲を育てていた田んぼ。
P5160010.jpg
今年からネギを栽培する畑として利用する予定だったのですが、
土が中々乾かずに作業が遅れておりました。

元々田んぼだった土は、粘土質が強く含水分も多い為
トラクターで耕しても土がこなれずにゴロゴロ・べたべたの状態になってしまいます。
P5160012.jpg
こんな土の状態では植え付け等の作業性が著しく低下する上に、
植物の活着(根付く事)も遅れてしまい、踏んだり蹴ったりです。


なので転作を行う時は、
排水路を掘ったり弾丸暗渠(土中の水を抜けやすくする)を
行うなどの対策を施し出来るだけ土が乾き易くなる様に徹します。

さらに数日晴天が続いて土の水分が適度に乾いてきたころを見計らって、
とにかく丁寧にトラクターを掛けることで・・・・

やっとこれだけ土が細かくなります。
P5180024.jpg
理想を言えばもっと土が細かくほぐれると良いのですが、
(転作田は作土層の80%が、2センチ以内の団粒であると理想的)
既に作業が半月以上予定から遅れているのでガシガシ植え付けに移ります。


溝を掘ってはネギを植え、掘っては植え、溝掘葱植。
P5180023.jpg
植えて植えて植えまくる!



そういえば以前にもブログでお話したLPチェーンポット定植法ですが、
(ネギ農家位しか分からない話でスイマセン。汗)
P5180027.jpg


これがめちゃくちゃ・・・
P5180028.jpg


良いんです!!
P5180026.jpg
従来のCP303の倍の長さが引っ張れるので、作業が早い早い!
しかも10a当たりの必要苗箱が半分で済むので苗箱運びが少なくて済むので非常に楽。

作業しながら独り言で
(植始)「よし・・・!よし・・・・!・・・・よぉーーーーーし!」(植終)
って熱くなるほどです。

どの位長く引っ張れるか。
そしてどの位快適かを伝えるべく、動画を撮ってみました。

くどい様ですが、ネギ農家以外にはイマイチピンとこない動画だと思います。汗


新潟はまだしばらく晴れが続くようなので、
この勢いで明日からもネギを植えまくります。
まだまだ消化しなければならない作業は山ほど残ってる。汗


こちらは先月植え付けを行ったネギ。
P5160014.jpg
3㎝ほどに成長してきました。

植え付けて丁度一月ほどたったので、
適度に根も張り光合成を行う葉っぱも大きくなりました。
この辺りから成長が急激に増してきます。

今はネギにとってベストな気候なので、熱い夏(ネギは暑さが苦手)が
来る前に行けるトコまでどんどん成長してほしいですね。

どんどん伸びろ!
よし!よし!よぉーーーし!
スポンサーサイト



コメント

Re: 一気にネギ定植を進めるべし。

もしかして育苗箱の下に敷いてあるのは「カルネッコ」ですか?
団粒構造の改善には牛糞です。私も石井さんと同様に転作した元水田に籾殻散布してましたが、牛糞をくわえると効果が全然違います。
転作田の一角で、一度お試し下さい。

Re: 一気にネギ定植を進めるべし。

初めましてです。
ネギ農家じゃなくてもこの動画は興奮しますよ~。僕も農業ちょこっとしてますけど、趣味程度のもんで、やっぱり本業でやってる方は違いますよね~。ダイナミックで、面白いです。いや~この動画は何度見ても飽きないです!!

コメントありがとうございます。

【兼業農家の長男さんへ】
コメントありがとうございます。

はい、よくわかりましたね!
ウチも育苗底にはカルネッコを敷いています。

>団粒構造の改善には牛糞です。
土壌改良にそんなにも大きな効果があるとは知りませんでした。
私も堆肥の確保が出来れば是非牛糞堆肥を
撒きたいと思っていました。
まずは畑の一角で試してみようと思います。
情報ありがとうございます(^-^)


【ひらたさんへ】
コメントありがとうございます。

動画に興味を持って頂けて嬉しいです。
農業は色んな機械や農法があって、
見ていて飽きないですよね。

今後も色んな作業風景をお届け出来ればと思います!


 

Re: 一気にネギ定植を進めるべし。

失礼ですが、こんな土でポットが立ちますか?私もネギを作っていますが、正直ごろごろ土には本当に苦労しています。なんたってせっかくのペーパーポットがコテン・・・と倒れてしまうのですから。対策といえば、やはり団粒構造でしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位