緑肥(アンジェリア)の種まき。

2011年04月14日 22:25

去年、ブロッコリーを鋤きこんだあとの畑で育てたネギはとてもよく成長しました。 有機物補給は土を作る上で非常に大事です。  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


ネギ作付け予定地の一部(30a)に、試験的に緑肥を導入する事にしました。
緑肥とは、植物体をそのまま田畑に鋤き込み後から栽培する作物の肥料にする事、
もしくはその用途に使う植物を指します。

使う緑肥はアンジェリア(ハゼリソウ)。
P4080057.jpg
雪印さんは乳製品だけでなく、農業分野でも活躍されているのですね!

緑肥といえばソルゴーや麦類等のイネ科植物や
レンゲやクローバーなどのマメ科植物がメジャーだと思います。

その中でもアンジェリアを選んだのは、有機物補給だけでなく
ネギ栽培で問題となる病気を抑える効果があると聞いたからであります。


アンジェリアの種はこんなに小さいです。
P4080058.jpg
私の指先と比較して貰うと分かりますが、その大きさはゴマ以下!


これを粒粒撒いてると日が暮れ・・・いや、年が明けるので
動力散布機で一気に予定地にまき散らします。
P4080056.jpg
緑肥は均一に散ばせる事が出来れば良いので、なるべく簡単に、
時間と手間を掛けないやり方で作業に取り組む事が大事です。


そしてその後はトラクターで浅く耕して種を土に埋めてあげます。
P4100065.jpg
※ローラーなどで鎮圧出来ればなおベスト。


よっぽど肥料っけの無い場合を除き、
特に肥料などは与えずに大きくなるのを待つのみです。

しばらくすると一面に紫色の花を咲かせます。
いまからアンジェリアの花が楽しみです。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします。
スポンサーサイト





コメント

  1. tonpu | URL | -

    Re: 緑肥(アンジェリカ)の種まき。

    収穫後のブロッコリーの木は腐らないんで鋤きこみせず、
    乾燥させて燃やしてましたが、良い方法とかあるんですか?

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【tonpuさんへ】
    コメントありがとうございます。

    確かにブロッコリーの茎は腐敗しにくいですね。
    しかし作業の手間がかかるので、私はそのまま
    鋤き込んでいます(^^ゞ

    少しでも分解を早める為に
    鋤きこむときは高速のロータリーで何度か耕し、
    茎を砕く様にしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://komepawaa.blog.fc2.com/tb.php/941-94348b08
この記事へのトラックバック