記事一覧

穀物検査の見学へ。

明日で石井農園も稲刈り終了です! ラスト1日ーファイトー!! とか言ってたら只今新潟大雨ーー!明日の稲刈ダイジョブかー?!汗  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


新潟県内のニュースで今年度々騒がれているお米の等級。
お米の等級とはなんぞ?って方は、ウィキペディア大先生にて米穀検査をチェケラー。

チェケラーとか言っときながら、私自身この制度については
なんだか外っ皮(概要)をざっくり学んだ感じで、まだまだ勉強不足です。


このブログでもちょこちょこ等級について触れてるくせに、
それじゃいかんだろうって事で、先日穀物検査を見学してきました。
P9240041.jpg
石井農園が契約している米穀業者さんへお願いして、
9月最中のクソ忙しい米集荷~米検査の現場に潜入。


検査の流れとしては、集められたお米からランダムで選んだ袋にブス!っと
ステンレス製の刺し棒ってやつを突き刺して、お米のサンプルを抜き取ります。

※棒を刺した後は「検」って書いてあるシールを張って穴を塞ぎます。
 なのでパラパラお米がこぼれる事はありやせん。


そのサンプルを一つずつ並べて、専門の検査官が品質検査します。
P9240036.jpg
※写真の検査官さんは、財団法人日本穀物検定協会の検査官さん。


お米の水分量の測定や、カメムシに吸われた米・白く濁った米・
ヒビの入った米・未熟な米などがどの程度混じっているかを見極め、
等級を判別していきます。
P9240038.jpg


写真は2等米の印。
P9240040.jpg
斧の様な形の枠の中に、点が2つ打たれています。

これが1等米の場合は○枠の中に点が1つ、
3等米の場合は△枠の中に点が3つとなります。


今回、検査を見学させて貰う中で、
米穀業者の方々や検査官さんから色んお話を聞かせて頂きました。


1等比率の高い地域・生産者の特徴や
色彩選別機などを用いた調整作業段階での等級UPの工夫など
等級検査における品質向上についてのお話。

今年の県内各所の等級検査状況・進捗状況などのお話。

検査制度のメリットや、制度が抱える問題点などのお話。

・・・・・etc。



なにが1等米で、どうなれば2等米になるんだよってルールの知識だけでなく、
米穀検査の制度とそれを囲む色んな環境を知ることで視野が広がった感じがしました。

また、結構この制度に関しては批判的な見解をする方もいて
私自身も「外観重視の品質検査制度はどうなのかなー」と思っていた訳ですが、
今回改めて色んな側面から穀物検査について知ることで、
もっとニュートラルにこの制度と付き合っていこうと感じました。


一年で一番忙しい時期にも関わらず、お時間を作って頂き
皆さん本当にありがとうございましたーーーー!!!


※ちなみに、ウチのコシヒカリの検査はまだこれからとのこと。
 ああ・・・ドキドキ・・・!!


【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。更に「はざかけ米2合」プレゼント!是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)
スポンサーサイト



コメント

Re: 穀物検査の見学へ。

こんばんは、
農作物で等級検査があるのは、お米だけですよね?
水分量の測定と目視の検査ってことですよね。
あっ、でも果樹も糖度計と着色・形状・大きさで等級が決まるから同じですね。
石井さんの様な新しい視点から現行制度を良くしていく人が増えるといいですね。(お米を生産する人と食べる人にとって)

コメントありがとうございます!

【風の谷のスナフキンさんへ】
コメントありがとうございます!

果実や野菜でも出荷時に流通を考慮して
等級わけされる事はありますが、お米の等級付けは
昔の食管法の頃からの名残をもった少し特別な
等級制度でもあるようです。

現行の検査制度は米の品質・食味を下支えする側面もあるのですが、一方で消費者側への有益性は疑問を持つ所もあります。

例えば、店頭では等級表示の義務が無い為に
2・3等~などの産地米もブランド米として市場に出回ったり、検査が民間委託されたことで各地域・検査施設・検査管によって検査基準にムラがあったりする事も問題として起きているそうです。

私もまだまだ勉強不足なので、
もっとお米の流通について学んでいきたいと思います。

Re: 穀物検査の見学へ。

なるほど、果物や野菜の等級分けとは全く意味が違うんですね。
確かに商品化されたお米に等級表示は無いですね。
スーパーの店頭では産地表示だけで価格が決まっているような感じです。
品質や味 等級 産地
この3つが必ずしも≒ではない。
美味しいお米を作ろうとしている農家さんが幸せになれるような制度になるといいですね。
石井さんのような情報発信はありがたいです。

コメントありがとうございます。

【風の谷のスナフキンさんへ】
コメントありがとうございます!

これからも米・野菜・経営の事・流通の事など、
農業に関わる色んな物事を見て、学んで、
頭の中を整理する意味も兼ねてブログにアップし続けます。

是非、今後も見守って頂けたら嬉しいです(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位