記事一覧

農家ライブ報告。

昨日は更新休んでスイマセン。汗 六本木農園はとても刺激的でした。明日からまたバリバリ頑張ります!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


行ってきました六本木農園
P5120001.jpg
※改めて補足すると、六本木農園は東京・六本木のレストランです。


白くスッキリした外観。
P5120006.jpg
なんと入口にはオブジェとしてテーラー(農耕機)が展示されています。


農家ライブでは私の事、農園の事、お米の事、
私の目指す農業の事など、お客さんに石井農園のお米を食べて貰いながらお話しました。
P5120005.jpg
お客さん達は皆優しく、素敵な方達で、
私の話を親身に聞いて頂きました・・・・感動!


六本木農園は、
消費者が農家の話を直に聞きながら食材を食べれる場所であると同時に、
農家が自分の食材を食べている消費者を直に見れる場所でもあります。

「美味しい」って感想を貰った時は、素直に感激!


ライブ当日は丁度「丸の内朝大学」の方達も多く来店されており、
本当に沢山の方と触れあう事ができました。

沢山のお客さんから刺激とエネルギーを貰い、
明日からまた元気に頑張れます。 充実した二日間でした。

来てくれたお客さん、お店のスタッフの皆さま、本当にありがとうございましたー!



=====================
PS

ここからは少し話が変りまして、
東京と新潟を行き来して感じた事を少し書きたいと思います。
P5130008.jpg
六本木農園ではそのコンセプトに共感したお客さんが多いって事もあると思いますが、
「まさに今農業ブームなんだな」って感じるほど、農業に対する関心の高さを感じました。


一方農村では、高齢化や様々な農業問題に直面する現場から
「農業ブームなぞドコ吹く風」的な寂しさや閉塞感を感じる事があります。
P5130009.jpg
消費地で感じる「農業への意識の高さ」と、生産地で感じる「農業への意識の低さ」。
※勿論、現場でモチベーションバリバリで頑張ってる農家さんも居ます。
 

私自身、子供のころは身近すぎる農業に関心が持てず、
東京へ就職して生産者から消費者の目線に立って始めて
農業を客観的に見れる様になり、農業に興味を持つようになりました。


農業は地理的な条件・流通の特性上、
消費者と生産者の接点が殆ど無い事が多いです。

だから反対側の立場になった時、世界が変って見えるんだと思います。


もし農家の方で、農業に対するモチベーションが下がっている時は、
一度都会から農村・農業を見つめてみると何か気付きがあるかも知れません。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト



コメント

Re: 農家ライブ報告。

すごーーーーーーーーくわかります!
(なんか最近いつも食いついてすみません;;;)
私のブログってくだらないことばかりで農業ネタを詳しく書いてないんですけど、実は内心は農業に対して熱い思いを持っています!
でも農業に関心がない方、あまり知らない方でもわかりやすく、おもしろく楽しく感じてもらいたい、農業に対するきつい、汚いとかのマイナスイメージを少しでも変えたいと思っているためくだらないことだらけになってしまうんですが。
体験ツアーや交流でお客さんと会うと最後は熱く語ってしまうのです。


生まれも育ちも東京ですが、15歳のころから農家の嫁になりたいと思っていた気持ちのおかげで今の自分があります。
(結局農家の嫁になれませんでしたが;;;)
仕事などで東京に帰ると、そのたびに新潟で農業を選んで良かったな、この広い街で思い描いたことを新潟で形にできるといいなって思います。

生産地で感じる農業への意識の低さ、まさにそうですね!
まずはそこから、という気もします。
こんなにありがたい環境にいて、農業という職業に就けて、「おいしい」という言葉をダイレクトにいただけることができる。
一年に一回しかできない仕事が多い中で、いかに自分を成長させられるか、農業への想いを消費者に伝えられるか、そんなことを思っています。

自分が楽しく農業をすることで非農家の女性も子供も農業という職業の選択肢を持ってもらいたい…
そんな想いを持ちながら仕事をしています。
長文失礼しました。

Re: 農家ライブ報告。

ちょっと口悪いですが、やはり消費者側からしてみれば、生産者側の苦労というか苦悩ですかね?それがわからないと思います。だからだとは思いますが、「おいしい!」と言っていただけると、嬉しいという気持ちと、なぜか救われた気持ちになります。農業やってて良かったと思うのは嬉しい気持ち、おいしいと言っていただけて、これからも農業やっていく力をいただいたよ、と思うのが救われたほうです。

僕自身、今の心境では、農業が好き50%、家業だから50%という感じです。正直な気持ちで。好きには好きなんですが、完全に100%にはならないと思います。100%に近づける事がこれからの自分の仕事次第なんだろうなと思います。いろいろ覚えていけば、楽しくなっていくんじゃないかと。

だから、農業ばっかりの1年にするんじゃなくて、たまにはガス抜きも必要ですよね。田んぼもかましてあげないと下に溜まったガス抜けませんし~。

Re: 農家ライブ報告。

石井さんのデジカメが少し写りこんでる
一番最後の画像は
六本木ヒルズの展望台ですね!ズバリ!

都市部と農村の温度差は私も感じております。

日本の農業がやばいやばい言ってるわりには
農村地帯では全くいままで通り。(表面上)

行政、農協、農家の人など
現在の日本の農業に関わってる人のうち
どれだけの人が真剣に日本の農業の将来を考えているのか。

元無職30歳の私が言うのもなんですが
危機感が全然ないんですね。

食料難の時代が来てからじゃ遅いんですが
お腹いっぱい食べれる現状では
それもしかたないのかなーと。

というわけで
我々若年農業者の出番ですね!
日本の農業を荒ごなす段階!(荒代掻き)

Re: 農家ライブ報告。

六本木農園、俺も行きたかったァァァ!!(泣)

よい刺激のある六本木農園の農家ライブ。
私も秋には参加したいなあと企んでおります♪

農業に対する温度差ってのは私も感じているところ。
農業ブームと言われてはいるが、実際はどうなのだろうと。

個人的には地域差というよりは、農業に携わる人の年齢差による温度差が大きいのかなと思います。

50代以上の方は農業に対してネガティブな考え方を多く持っているけど、今農業に携わってる20代~30代はポジティブな考え方を持つ人が多いのかなと。色々な人と話していると、なんとなくそう感じます。

だから、今の20代~30代が50代になった時に「農業最高!」ってガチで言える世の中になっている気がするし、そうなってもらいたいと思います!

農業にも世代交代の波が来たんだと思いますね♪

Re: 農家ライブ報告。

ライブ?ご成功 おめでとうございます!!
お伺いしたかったですーーー(近いのですからねー、、、)
消費者は納得のいく消費を望んでいると思っています。
どこで、だれが、どのように、、、作っているか。
(元来、日本人はプロセスを重んじる民だとも思いますし。。。)
いよいよ5月も後半分ですね! ^^y
これからも愛の溢れるお米&作物を期待しています!!!

Re: 農家ライブ報告。

先日はどうも。高いところで盛り上がりましたね。
不思議なジュースと共にw
これからもよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます!

【りっつさんへ】
コメントありがとうございます!
食いついて貰えるのは凄く嬉しいです。笑
長文も大歓迎です。

私もりっつさんお話に凄く共感できます。

コアに農業話に振り切ると、栽培指針の様なブログになったり、予備知識が無い人にはつまらないモノになってしまうと思います。

農業の事を、農業の外の世界の人達に
伝える為には、読み手に楽しんで貰える事を意識して発信する事が大事だと思います。

※これは就農する時、フリョウノウミンさんからも教えて貰いました。

東京で育ち、今は新潟でバリバリ農業と向き合いながら日々を楽しんでいるりっつさんは、「新潟で農家の家に生まれた農家」以上に新潟と農業の素晴らしさを知ってる人かもしれませんね(^-^)

それを常に感じながら働けている事は、
凄く素敵な事だと思います。

りっつさんの姿・取り組んでいる活動は
今後ももっと沢山の人に影響を与えると思います。(私も影響受けてます!)

私も頑張らねば!


【naoさんへ】
コメントありがとうございます!

確かに、消費者に生産者の全てを
理解して貰う事はとっても難しいと
思います。

でも、「美味しい」の一言で
なんだか通じた様な、深く理解して貰えたような気持になりますよね。


>農業が好き50%、家業だから50%
凄くリアルな数字だと思います。
きっと農家の長男には、naoさんと同じパーセンテージの人は少なくないと思います。

しかし、私がそうだったように、
これから新しい気付きに出会えたら
グッと数字が上がるかもしれませんよ。

>農業ばっかりの1年にするんじゃなくて
本当にそうだと思います。
農業から離れた事にも挑戦して、視野を広げる事が結果として農業の糧になることもあると思います(^-^)

お互い頑張りましょう!!


【有職31歳@滋賀さんへ】
コメントありがとうございます!

ビンゴです!ヒルズの展望台です。笑
この日はとっても天気が良く、房総半島の山々から横浜までぐるっと見えました。


>都市部と農村の温度差は私も感じております。
やはり農業ブームは東京(消費地)から
発信されているもので、それが十分に生産地で消化されていない気がします。

農業に感心が向いているならば、
農業に関わる人にはとっても良い環境だと
思います。

ここでアピールせずにどこで
アピールするのかという位に。

私もまだまだ未熟で駆け出しの農家ですが、
今後も一層頑張らねばと思います。


【A-GYOさんへ】
コメントありがとうございます!

六本木農園はとっても素敵なお店でした!
A-GYOさんの秋ライブには私もタイミングが合えば是非行きたいです!

確かにブームの影響は
年齢差にも顕著に出ていますね。

むしろ年齢が高くなるほど農業ブームに対する嫌悪感も高くなる傾向を感じます。

モチベーションの高い若者が
経営を継いで前線に立つ時には、
農業者の農業に対する考え方、他産業からみた農業への評価が大きく変わっていると・・・いや、変わると思います!

その為にも、私もこれから一層
頑張らねば・・・・!!


【あじさんへ】
コメントありがとうございます!

無事、ライブを済ませ、
沢山の収穫を得る事が出来ました。

また、新米の採れる頃などに
改めて六本木に行けたらと思います(^-^)

>消費者は納得のいく消費を望んでいると思っています。

まさにだと思います。
今までは消費者と生産者の繋がりは
「売買」でしたが、今後は一層「絆」が
重要だと思います。

絆を作る為にはあじさんの言うとおり、
「どこで、だれが、どの様に育てているか」を丁寧に情報発信し、コミニュケーションを行いながら理解を深めて絆を作る。

それらのプロセスがこれからは一層大事だと思います。

「絆」を作れる農家になれるよう、
今後も頑張ります!


【脇坂さんへ】
コメントありがとうございます!

不思議ジュース(旨かったです。笑)、展望台含め、
六本木では大変お世話になりました!!

脇坂さんに聞かせて貰ったお話は凄く刺激になったし、自分の考えを聞いて貰えたのも嬉しかったです。

こちらこそ、今後も宜しくお願いします!

新潟から農業を元気に出来るよう、
私も頑張ります!
















Re: 農家ライブ報告。

六本木農園ではいい話&おいしいお米&苗ありがとうございました!
(地下の方にいたものです)

六本木農園でいただいた苗を今植えています!
せっかくなのでバケツ栽培にしてみようとしてますが、けっこうな量の土がいりますね~。

どれだけ増えてくれるのか楽しみです。

コメントありがとうございます!

【minamishinjiさんへ】
コメントありがとうございます!

こちらこそ、先日はありがとうございました!
本当に皆さんと交流出来て良かったです(^-^)

ツイッタ―も拝見させて頂きました。
きっと素敵な稲穂が育つはず!

私も頑張って稲を育てます。
また、ブログも見守って頂けたら嬉しいです(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位