記事一覧

芽キャベツ、今再び降臨す!

久々の(!?)ぐでぐでブログ。 「もっと凝った料理作ってみろ!」って言われるけど・・・・私は、素材の味を活かしたいのです!(閻魔さまに舌抜かれるぅー)   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


以前芽キャベツをくれた農家さんから、
またも沢山の芽キャベツを頂きました! 


メルシーボクゥー!! 
P3090062.jpg
※【メルシー ⇒ ありがとう】 【メルシーボクー ⇒ どうもありがとう】
 ってなるんですってー! 
 ・・・そうです。覚えたから使いたかっただけですけど。何か?


さて。


前回、芽キャベツの唐揚げに挑戦した際は、
油の中でから揚げ粉が剝げ散らかるわ芽キャベツが爆発するわで大騒ぎ
(でも超旨かったですよ!)でしたので、今回は別の料理にしてやろうと思います!








まず、一品目。
起きな鍋でたっぷりのお湯お湯を沸かし、芽キャベツをさっと茹でて・・・
P3090056.jpg
マヨネーズで食す。 
温野菜。 それすなわち、シンプル・イズ・ベスト。





どれどれ・・・・パクリ。




!!!!!!!!!!!!






ボ、







ボ、








ボ、








ボボボーボ・ボーボボ!! 

じゃなくて、ボーノォォーーー!!
旨ぁーーーーーーーし! 


うむ、サクッとした歯ごたえはまるで固茹でしたブロッコリーの茎。 
味は・・・基本マヨ。キューピィー味。 しかし合う、超合う。
※あれ? 前回も同じことやって同じ事言ってたような? 


いやーこれだけで芽キャベツ全部イケそうでしたが、
・・・・・そこはJust moment! もっと芽キャべツを楽しもうぜ! 私! 




っつーことで、続いてもう一品。


軽く下ゆでした芽キャベツを半分に切って、
オリーブオイル・コンソメ・塩コショウで炒めてみました。
P3090065.jpg
※いつも油はサラダ油かゴマ油なんですが、
 偶然にも貰いモノのオリーブ油が台所に潜んでいたので使ってみました!
 オリーブオイル・・・その響き、なんともオシャレ!


調理はいたって簡単(切って炒めるだけ)。なのでスグできました。
どれどれ・・・パクリ。









ンンんぅン!!!!!!!!!!








こ・・・これもまたぁー!!
旨ぁーーーーし!


「キャベツ太郎」と「固揚げポテト黒コショウ」と
「ポテトチップコンソメ」を足して割った味と言えない事も無くは無い!

すいません、そんな下らないゴタクなしで旨いです。
ってゆーか、コンソメと黒コショウ最強。

いやー、なんでこんなに旨いのに芽キャベツって
イマイチマイナーなんだろう。 


こりゃー芽キャベツムーブメント・・・起こすっきゃない。
そして農家さん、ごちそうさまでしたー!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


スポンサーサイト



コメント

メキャベヂ

お久しぶりです。義実家が長岡のモンです。
メキャベツウマーいですよねー!
ウチはマヨかけて、トースターで焼いたり、
グラタンとかにまぜたりしてますが、ウマーです。
ところで、芽キャベツって、普通のキャベツのように外葉を取るものなんでしょうか。
いつも食べるたびに悩みます。

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

あえて厳しいことを言いますが、日本で農業をやるメリットは何もないです。

兆単位の多額の税金で農薬が他国よりも多く降りかかった農作物を標準以上に高く買わされているのが現実です。しかもビニールハウスなどは環境破壊の最たるものであり世界的に見れば恥としかいいようがありません。

日本は地理的に農業に向いた国ではありません。国土の中央を山脈が連なりただでさえ狭い国土のわずかしか平野がありません。だから大型機械を使う農法は適さないです。また、湿気が多く農薬をたくさん使用する必要があります。

よって、どう頑張っても外国から輸入した方がよいのです。

若手農家の方も消費者ももっと賢くなって、農水省、農協、高齢農家の陰謀に騙されないようにしてもらいたいものです。

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

スルーすべきかなとも思ったけど、
せっかく燃料投下されたのでレス。

うちは国から補助金もらって、化石燃料つかって、農薬つかって、
収入の大半は機械屋さんにパスしてて、
収入を考えたらコンビニでバイトしてる方が断然お得な小さい農家です。

でもさ、
スーパーの陳列棚で輸入野菜の隣に置かれた
自分が作った倍の値段がついてる野菜をお客さんが買ってるのを見たり、
食べてくれた方から「おいしいよ!」って言われちゃうと、
俺、馬鹿だからうれしくて農業続けてます。

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

こんばんは
芽キャベツって食べたことないのですがそんなにおいしいのですか?
そんなにおいしいなら食べてみたいな。

芽キャベツ私も作ります。

はじめまして、庄内の農家です
私も芽キャベツ、少し作りたくなりました
国産のとっても美味しい芽キャベツを
作りましょう。
応援しています。

コメントありがとうございます!

【Sencoさんへ】
コメントありがとうございます!

>ウチはマヨかけて、トースターで焼いたり、 グラタンとかにまぜたりしてます

グラタン!間違いないですね!完全にウマーですね!

>外葉を取るものなんでしょうか。
私は頂いたモノを食べる時、汚れてたり傷んでたりする
外葉だけ取る様にしています。

あれだけ小さいので取るのもめんどくさいし、
大方はそのまま食べてます。笑

気合いだして剥くと、無くなってしまいそうで・・・笑



【あえて言うさんへ】
コメントありがとうございます!

>日本で農業をやるメリットは何もないです。
なかなか厳しいお言葉です。汗

確かに、日本の国土条件や気候を考えれば、
特に土地利用型作物(米・麦・大豆・・・等)の生産には不向きでしょう。 
数百ha単位の大規模営農も限られますし、
年中温かい東南アジアの様に3毛作って訳にもいかないですし。

それらの事から世界的な適地適作を考えれば、
日本は輸入に徹しろってのも一理あると思います。
農業以外を頑張れ!的な。
※付加価値の高い高単価作物のみ、国内需要および輸出用に生産し、
  日常消費する作物は輸入する~なんて話も聞いたとあります。


けれども。

「メリット」がそもそも誰の何に対するモノかを考えた場合、
必ずしも合理的な輸入作物に頼りっきりでは満たされない需要が
あると思います。

例えば、一部の果樹や葉物野菜等はその鮮度に価値があり
生産と消費が近い事に価値があるといっても良いと思います。
また、日本の固有種、地域の伝統野菜など食文化に根付いた
作物については、そもそも国産である事に意味があるモノも
少なくないです。

何より、島国だった日本の場合特に、
「自国で育ったモノを食べたい」って潜在的なニーズは
高いと思います。
特に米などは文化~歴史的な背景もあってその最たるもの
だと思いますが、オーストラリアやアメリカで
今大量にコシヒカリが栽培されている中でも、
日本人はある程度の国産ニーズを持ち続けると思います。
※今よりも国産~輸入モノのバランスは取られると思いますが。汗


農業も一つの産業である以上、合理的であることと同じ位、
需要と供給のバランスが何より大事だと思います。

その上で、私は国産農業にはまだまだ
求められるニーズがあり、やっていける商売だと思います。


ちなみに・・・
>農水省、農協、高齢農家の陰謀
農家はよく政治の票田なんて言われますが、
農政だけじゃなく広く経済や福祉なんかの事を考えて
投票しています。私は(^_^;)



【通りすがりのヤングな農民さんへ】
コメントありがとうございます!

農業経営、自分と家族の生活を守っていく上で、
十分な生活を維持できる所得を生み出す事は
農業を行うでの重要な目的です。

でも、それと同じ位エンジンになるのが
自分の仕事~作物への評価ですよね。

>俺、馬鹿だからうれしくて農業続けてます。
この言葉にはちょっと目頭が熱くなりました・・・。
私も、頑張って農業続けたいと思います!



【ミシャさんへ】
コメントありがとうございます!

実際、果物やトマトのようにそれ単体で食べて感激する!って
事はなかなか難しいかもしれませんが、
ブロッコリーやキャベツはそもそも味にクセが無い
から調味料と良く合うんです。
きっと料理の良い具になります。

あとひとつ、芽キャベツ魅力としてはやっぱり食感!
火の通し方を程ほどにすることで生まれるあの
サクサク感はとっても良いです!

是非今度スーパーで見た時は食べて見て下さい(^-^)


【kinoko888さんへ】
コメントありがとうございます!
庄内ってことはお隣山形の農家さんですね!

芽キャベツは生産の9割が静岡で、
中々需要も限られるから新潟では厳しいと
以前市場では言われました。

でも、新潟でも十分育つし、
冬季の露地作物として組み込む事が出来るので
今年、ブロッコリー・とう菜と共に
ちょこっとだけ試験栽培したいと思っています。

ありがとうございます。
頑張ります!


Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

高い割に付加価値のない国産がいいか、安くてもおいしい外国産がいいかは農家自身ではなく消費者が決めることです。

しかし、農作物の輸入完全自由化を認めないのでは逃げているとしかいえません。

結果はわかりきったことですが正々堂々勝負しましょうよ。

若い農家の人は税金のお世話になるのではなく、もっとまともな仕事に励んでもらいたいです。

コメントありがとうございます。

【あえて言うさんへ】
コメントありがとうございます。
農産物の自由化については、今後も段階的に進むと思います。

私も、それによって消費者の選択幅が増える事は
良い事だと思います。


ただ、色々な考え方がある事は当然だと思いますが、
真剣に農業に取り組んでいる若手農家も多い中で、

>もっとまともな仕事に励んでもらいたいです。

ってコメントは、正直胸が痛いです。汗

自由化に反対はしてませんが、いち消費者として・・・
わたしは、農家さんから買うお米やお野菜好きです♪
なにより美味しいです。同じ土地だから味わえる
旬の美味しさがあるんじゃないかな、と☆

日本で農業をがんばってほしいです。
農業は真っ当な仕事です。生きていく土地から食を
切り離してはいけないと思います。だからこそ、
ニーズを捉え、大切さを発信して広めていくことが、
農業の今後の価値を作っていけると思います。
がんばってください☆

コメントありがとうございます!

【めぐみさんへ】
コメントありがとうございます!

消費者としての意見、ありがとうございます。
数ある選択肢の中の一つとして、
これからも選んで頂けるようにひたすら頑張ります・・!

世界の農業と共存しながら、
日本の農家に出来る事~求められる事を
やっていきたいと思います。

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

ちなみに米国からお米を輸入した場合、1kg25円だそうです。しかも、農薬は日本の数分の一。

日本の農家のわがままを排除すれば合理化の経済的恩恵を受けることができるのです。

なお、なんらメリットのない日本の農業を残したいというなら、兆単位の多額の税金を投じなければならないことを消費者は理解してください。

ちなみに、農地を自然に返せば、環境面でも大きなプラスになります。

おそらく多くの若い農家は、環境破壊をして理不尽な農作物を消費者に提供していることを知らないのでしょう。

こういう意味でまともな仕事とは言えないと言ったのです。

若い農家の人は今後、様々な分野で行き詰まりが予想される日本において、必ず追求されることですので、そのあたりを知った上で、職業選択してもらえたらと思います。

農家のわがままがまかり通る時代ではないのです。

コメントありがとうございます。

【あえていうさんへ】
>環境破壊をして理不尽な農作物を消費者に提供している

確かに、この点では私も共感です。
農業で環境保全・・・なんて話もありますが、
水田のダム化も景観保全も人間の都合の話ですし。
環境破壊には間違いないと思います。

でも、食わなきゃ生きていけない・・・
ってのも難しいトコロです。

農業~農家がどうあるべきか、
私ももっと勉強したいと思います。

とりあえずは目先の事しか考えられませんが、
育てた米や野菜を食べてくれる人、
喜んでくれる人がいる内は、
なんとか農業を続けてみたいと思います。

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

芽キャベツ!
おいしいのはもちろん、かわいいよね。
見た目スーパーボールみたいだし。
肉団子、ペコロス、新じゃがなど、おなじくらいの大きさの野菜ばかりでシチューやカレーを作ると、とってもラブリーですよん!

あと、だし・しょうゆ・酒・みりんで煮て、ツナ缶をぶっこんで、食べるときにちょっとマヨ、、、っていうのも、いくらでもゴハンが食べれます^^
簡単で、ヘルシーで、安価☆

コメントありがとうございます!

【meriendaさんへ】
コメントありがとうございます!

全部がコロコロとした料理も良いですね!
カレーやシチューは確かにハマりそうです(^-^)

>だし・しょうゆ・酒・みりんで煮て
おおー!和風な味付けにも芽キャベツは合うのですね!
私も今後色んな料理にしてみようと思います(^-^)

Re: 芽キャベツ、今再び降臨す!

ふと目に留まったのでコメントさせていただきます
あえていうさんへ
あなたがどこの工作員かわかりませんが、日本の生産者や消費者をバカにするのはやめていただきたい。
日本の農薬使用基準を知っていますか?いまTPP問題で、アメリカは使用基準を緩めろと言ってきてます。つまり安全性で言えば、日本>アメリカといった状態です。農家が自然環境を破壊?適当なことをうそぶくのもいい加減にしましょう。根拠のある発言をされるべきです。日本の農産物の安全性は日本人より、お隣の中国人のほうが理解しているというありさまで嘆かわしい限りです。

石井さんへ
あまり変な書き込みに対し共感する書き込みはやめたほうがいいと思います。この手の人間は人の言うことを理解できる頭は持ち合わせていないのが多いので。理解していただける方に、精いっぱい頑張って作った農作物をおとどけするのが我々農家の責務だと思うます。

Re:芽キャベツ、今再び降臨す!

こんにちは。15番さんと同じく、たまたま見かけたのですがあまりに木を見て森を見ずなコメントがあるので私からもコメントさせて頂きます。
あえて言うさんはメリットが無いなどと言っていますが、そもそもメリットとは?外国産の方が安い、味もいける、農薬も日本より少ない、それだけ?じゃあ、外国産に頼りきって農家が消滅した後に輸入先の国が急に価格を値上げしまくってきたら?あまりにも平和ボケすぎます。私の祖父も戦争から帰ってきた後農家になりました。あえて言うさんは第二次大戦でなぜ日本が負けたか忘れているのでしょう。あるいは知らないのでしょう。戦略が完全に間違っていたのが最大の原因ですが、そこには日本が「輸入燃料」に頼っていた事が大きく関わっていましたね。
これからも「国」「地域」等何らかのくくりがある限り戦争が無くなる事はありません。今だって目に見えにくい経済での戦争が起きています。各国がお金の取り合いなのです。そこでアメリカのお金稼ぎの作戦の一つが15番さんが言っている、TPPです。

農業の自由化が起こり、日本国民が安い外国産食品を買えるようになったとしましょう、日本の農家はほとんど廃業します。そんな時、アメリカが日本に何か無茶な頼み事をしてきたら?歴史を見てもそんな事沢山ありましたよね。日本はただでさえ敗戦国でアメリカには弱いのに、更に食料品を輸出しないぞ、と、第二次大戦の時のように脅されたら?また、狂牛病のアメリカ産牛肉の件では日本は珍しく強気な態度を取りましたが、このようにアメリカがきちんと日本の設定した基準をクリアした食べ物を日本にくれるなんて保証はないんです。更に外国産の食料に頼るという生命線を握られた状況では尚更、トップは国民が飢えないように何でも言うことを聞かなければいけなくなりますね。そもそも食べ物に毒を混ぜるなんて大昔から人間がやってきた事です。それだけでも安い外国産というメリット以上の大きすぎるデメリットになります。

食料品、水、燃料などは外国に頼ってはいけないのです。これは世界常識です。というか、第二次大戦によって日本が一番見に染みているはずなんですが。あと、日本の農家が税金に守られている事を指摘していましたが、アメリカの農家がどれほどの補助金を貰っているかご存知ないのでしょう。アメリカもEUも、巨額の補助金によって農業をちゃんと「保護」しているんですよ。何故かって、食料を他国に握られる事があってはならないという当然の理由からです。なのに日本の税金による保護だけを非難する理由は何なんでしょう?(多分ほとんどの日本人がその事を知らないと高を括って言ってるのでしょうね。)小国で外国に頼るしかないような国は別ですが、日本は大国なんです。大国というのは何かあっても小国と違って同情を買えないし、経済大国である日本からお金を取ろうとあらゆる国があらゆる形で日本市場を狙ってくるわけです。

ちなみに私はゆとり世代ですが、割りと若者はそういう状況に気付いており、日本を守ろうと色々な方面で勉強に励んでいる人が居ます。日本の農業は確かに問題が多くありますが、若者は農業を嫌っていません。むしろ問題を解決していかなければいけない立場である事を理解しています。ただ安いだけの脆いメリットなんかに目が眩んで日本国という国を危ない状況に貶めるような事はないように、日本国民はこういう言論に騙される事はあってはいけません。価格も国産ブランドも確かに気になる所ですが、一番重要なのは「国内生産できること」です。騙されないでください。
いくらお金があっても食べ物を売って貰えなければ飢えます。誰でも分かることです。農家が日本に無い状況なんて、地獄です。

長文失礼しました。稚拙な文章ですがどうか農業の大切さを分かっていただけたらと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位