記事一覧

フキノトウ振り返り!

最近、姪(7か月)がかわいくて仕方ないです。  ザ・叔父馬鹿!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?



季節がらなのか、最近私のブログの検索キーワードの上位を
いつも「ふきのとう栽培」が席巻するようになりました。

※ちなみに、「ふきのとう栽培」でググるとこのブログがTOPに来ます。
 


ふきのとう大人気ー!



って事で、今日はふきのとう栽培の1年をざっくりと振り返り。
※各工程の細かいお話しはブログ右下の「フキ・フキノトウ」カテゴリをご覧下さい。
※撮り溜めた写真の画像サイズがバラバラなのはご容赦下さいませ。汗



溯る事一年前の冬。
ふとした思い付き(お米のオマケにふきのとうを添えたい)で購入した専門書。
P1070113.jpg
ここからふきのとう栽培がはじまりました。










早速、石井農園の各所に自生している野フキの根(根茎)を採取。
P1300042.jpg
フキは根で増やせます。



そして分割した根を育てて苗を作ります。
P3190006.jpg



春、苗を畑に定植。
P3190017.jpg



小面積の空き地、道路~用水の利用が不便な農地など、
有効に使えてなかった各所の土地にフキを植えました。
P4170062.jpg



畑に植えた後、
自生していた頃と変わらず基本的には放置プレイ。
P4170054.jpg
その為4月になると雑草がグングン伸び始めましたが、
雑草に負けることなくフキもぐんぐん成長しました。



夏。
P8090104.jpg
フキは葉っぱの数を増やし、株ごとに直径50~60センチ位の
コロニーを形成するようになりました。




秋。
PB300046.jpg
この頃にはフキの株の直径は1Mほどになりました。
フキの葉っぱも周りの雑草も、枯れ始めてきました。



そして2年目の冬。
P2210151.jpg
真っ白な雪に覆われました。
土の中でふきのとうはじっと耐えています。


そして2年目の春。 ってか現在のフキ畑。
P3040035.jpg


想像以上に沢山のフキノトウが芽吹きました。
株当たり大体20個ほどの芽が付いたでしょうか。
P3040034.jpg
途中でフキ(葉っぱ)を収穫することなく株を育成した為、
これほど沢山のふきのとうが芽吹いたのかと。

それと、新しい畑に定植したから根が良く広がった事もあるのでしょう。 
苗作りの際の根選びも功を奏した様子。


ちなみに、現在もお米のオマケとして「ふきのとうサービス」を
続けているのですが、花が徐々に開き出してきたのでそろそろ終盤戦です。
P3040031.jpg


いやーしかし今年は本当に沢山芽吹きました。
来年も沢山フキノトウが出てくれると助かります。

一応、他の畑でもフキの生育が順調なので、
来シーズンからはお米のオマケだけじゃなくちょこっと販売~出荷も出来るかも。
今年、更に株を増やしたいと思っています。



実際に野フキを一年間栽培してみて、
殆ど放置しても立派に育つ事が分かりました。
※もともと自生してたモノですしね。

途中にやった管理としては草刈りを1~2度やった位ですが、
今後株が大きくなれば広い葉っぱと張り巡らされた根っこで他の草を圧倒するので
草刈りの必要もなくなりそうです。


皆さまも空いた畑がありましたら、
フキを植えてみるのも面白いやもしれませんよ!


※ただ成長速度~草勢がハンパ無いので、畑で育てた場合は他の野菜を圧倒したり、
 となりの畑にまで根が進出する・・・などの被害が出る場合もあります。汗  
 
 その点だけご注意くださいませ~!
 
 

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


スポンサーサイト



コメント

ほほ~、こんなにたくさん出て来るんですね~。
ウチの義母も以前、畑での栽培に挑戦したのですが、失敗したそうです。。。
なんでも、フキは土を選ぶとか。。。
たくさん取れればフキ味噌たくさん食べれるのになー。

コメントありがとうございます!

【きんちゃくさんへ】
コメントありがとうございます!

今年のフキノトウはかなり沢山芽が出ました!
私もこんなに芽吹いたのは始めて見ました。汗

フキは比較的強い植物ではありますが、
確かに土壌の水分状態や定植の時期など
ある程度条件を揃える必要があります。

私も来年、フキ味噌を作ってみようかと思います。 
焼きおにぎりとの相性が・・・たまりませぬ!

Re: フキノトウ振り返り!

初めまして。「ふきのとう 栽培」で検索かけて飛んできました。そしたら、あらまぁ新潟の方!奇遇です。私も新潟在住です。そして中心地からちょっと引っ込んだ所に家を買って庭で野菜を作る予定でおります。
先日スキー帰りに物産館でふきのとうの苗(?)を購入したのです。「これって根付くの?」と思いながらまだ家の中でポットに入ったままになってます。
早速、植えるところを検討して移植したいと思います。

コメントありがとうございます!

【たむぞうさんへ】
コメントありがとうございます!

たむぞうさんも新潟の方でしたかー!
フキの苗が売ってるなんて珍しいですね!

私も去年自分で根っこから苗を作って
畑に植えましたが、フキ達は恐ろしくタフです!
グングン成長しました(^-^)

たむぞうさんのフキも元気に育つ事を祈ってます(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位