記事一覧

オータムポエム振り返り!

米は親父主権の為公開出来ませんでした(汗)が、私の野菜部門については今後も公開して行きたいと思います。 家業ではなく、事業として。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


今更ながらのお話ですが、昨日ハウスを整理した事に伴い、
オータムポエム(アスパラ菜)栽培の振り返りを行いたいと思います!
PB070003.jpg


今回のオータムポエム栽培は家康~三河衆ハウスを合計3棟使って栽培。

ハウス面積自体は3アール(10M×30M)ですが、
実際に定植した面積は2.5アール程度ってトコでした。






収量については200グラム袋で1,681袋。 ※一袋平均はおよそ88円。
PB030485.jpg
販売金額は148,712円でした。
※販売は農協を通じて市場出荷。


続いて諸経費について!
PB070006.jpg

種・培土など育苗資材・・・4,066円

マルチ・・・2,230円

肥料・農薬・・・10,215円

フィルム・ダンボール等梱包資材・・・14,950円

農協~市場手数料・・・11,862円

合計・・・43,323円 でした。


※育苗ハウスを利用して栽培した為、 
 ハウスのビニールコストは計算から除外しました。(メインの水稲で計算)



そして総括。
PB020467.jpg
追肥などの管理、初期段階での摘心がイマイチだった事 ⇒ 収量の減少に
最も高値の期待できる時期(1月)に出荷ピークがぶつけられなかった事 ⇒ 販売額の減少に

・・・など、
私の栽培技術の未熟さから予定していた金額から大きく差が開きました。汗
逆にいえば、同じ面積でも上手い人なら20万円以上販売出来たでしょう。


また、春の育苗以外ハウスを遊ばせてしまう米農家の方は
秋~冬季に空いてる育苗ハウスを使ってオータムポエム栽培に取り組むのも
お勧めかと思います。


比較的栽培も簡単で、暖房も必要ないのでコストも殆ど掛かりません。
※梱包資材代が一番大きなコストになってるので、
 飲食店等との契約販売~コンテナ出荷・・・が出来たら理想です。 


更にオータムポエムは食味も非常に良く、消費者からの支持も強いです。

まだ歴史の浅い新野菜ではありますが、
確実に春の味覚としての地位とファンを獲得しています。



ただーし。

当然な話ですが、やはり施設栽培である以上、ある程度の収入を求める場合は
一定規模のハウス面積がなければ無理です。


よって来年以降私は、冬季の作業・収入源を露地作物にシフトする為、
オータムポエム栽培は封印したいと思います。

来年以降、限られた面積のハウスは収穫物の保管~出荷調整作業スペース、
より多くの苗を育てる為の育苗スペースとして活用します。



最後に、今回のオータムポエム栽培は大きな利益を得ることはありませんが、
知識・経験として得たモノは沢山あったので満足出来る結果でした。 

次回の冬は、ガッチリ儲けねば!
・・・いや、「ます!」


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位