記事一覧

第二回ネギ種まき。

明日は春ブロッコリー農家に訪問予定。 とにかく学ばせて貰ってきます!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


2010年もあっという間に3月です。
でもって、第二回ネギ種まきのシーズンがやって参りました!


今回は育苗箱にして150枚。
ネギ本数にしておよそ80,000本分の種を撒きます。
P2250204.jpg
あああ、、育苗箱がそびえ立ってる。


細かい説明は前回のネギ種まきを参照して貰うとしまして、
今回はさっくりと作業報告。










土詰め―の。
P2280237.jpg



種まきーの。
P3010239.jpg



土掛けーて、
P3010241.jpg
棚に並べーの。



温めーの!
P3010242.jpg



5秒位にまとめちゃいましたけど、
この一連の作業に3日位掛かってます。 

うむ・・・まだまだ修行が足りん!




さて。


ちなみに今回も二つほど試験を行っています。

【①2.5粒撒きに挑戦】
 今まで私は一つの植え穴に2粒づつ種を撒いておりましたが、
 今回、数枚の育苗箱に2.5粒づつ種を撒きました。
 (チェーンポットに2粒、3粒を交互に撒きます)

 2粒まきの方が良品に育てやすいのですが、
 2.5粒撒きで上手く行けば、
 単純に種数からして25%の増収です。


【②無加温発芽に挑戦】
 発芽を揃える為に25度に温度を調整した環境で
 発芽を促しておりました。
 
 が、以前読んだ書籍に
 「3月位から、ギリギリ無加温でもイケるっぽいよ」
 って情報があったので、これまた数枚の育苗箱を無加温トンネルにて様子見。

 ネギの発芽自体は最低4度の気温があれば可能らしいのですが、
 問題は高い発芽率と均一な発芽が維持できるかどうか。

 温度の経過を見ながら、じっくり観察して見たいと思います。

 上手く行けば来年からは3月以降は無加温種まき決定です。
 それだけで手間もコストも押さえられます。





さぁー結果はいかにー!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)



コメント

ネギですか~☆


ワタクシも今回作ってみたいと思っていた作物の1つでした。


最近、よく料理をする機会が多く、ネギをよく使うので、買うより作ろう!と考えてます。


料理するのでわかるのですが、最近ネギが…



とにかく高いー!




というより、野菜が全体的に高いんですが…



こりゃ野菜だけは自給自足が良いですね~

コメントありがとうございます!

【naoさんへ】
コメントありがとうございます!

今本当にネギが高いですよね!
私が出荷する時期も高値だと良いのですが。汗

確か以前読んだ本で、
家庭菜園向けのネギが紹介されていました。

成長に従ってどんどん分げつ(株が分かれて増えて行く事)
していくので、ずっと収穫し続ける事が
出来るって品種です。

名前は~~・・・すいません、ド忘れしました。汗
うーーーんと、えーーーと・・・汗

Re: 第二回ネギ種まき。

タワーのような写真に一瞬びっくりしました(笑)
 
写真は2.5粒撒きのところですね♪ブログタイトルどおり、いつも挑戦されているところがすごいなぁと思うと同時に楽しそうです☆

野菜の自給自足!いいですね☆私も家庭菜園に今年は挑戦してみたいな。日射量少なくてもいける野菜ないでしょうか~(^^;)

コメントありがとうございます!

【めぐみさんへ】
コメントありがとうございます!

育苗箱にコツコツ土と種を詰める作業は
とっても疲れます。汗 

もっと規模拡大をするには
土詰めも新しい方法を考えないと。汗

>日射量少なくてもいける野菜
例えば夏場ならばホウレンソウなどが良いと思います。

夏のホウレンソウは基本的に栽培が難しいとされています。
理由としては気温が25度以上になると
発芽率が低下するからです。

その為、ほうれん草農家では夏場は
ハウスに遮光資材を掛けて日光を防ぎながら育てます。

葉を食べる野菜なので、
多少日光不足で軟弱になっても柔らかくて美味しいです。

これからの時期、お勧めです(^-^)

Re: 第二回ネギ種まき。

ほうれん草ですか~☆
見ているだけで、溜めていた農業の本を引っ張り出して勉強して、挑戦してみます!ちっちゃくしか始められませんが、ブログ見ていたら挑戦したくなりましたv(^^)
ありがとうございますv

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位