記事一覧

新規就農者研修。

久しぶりにだらだら長文を書きすぎて、自分で何が言いたいか分からなくなってしまいました。汗  週末とかにお暇があったら続きを読んで頂きたいです。汗    クリックしてくれるとランキング上がります。何卒ー! → ブログランキング現在の順位は?


昨晩、普及所さんのお声掛けで新規就農者研修に参加させて貰いました。
P2180126.jpg
これから農業を始めようと考えてる人たちに対して、
Uターン就農して一年農業に取り組んで感じた事や
就農までの経緯などをお話しさせて頂きました。


なんか、いざ喋り出すと事前に考えていた事がすっ飛んでしまいまして、
ちぐはぐな事言ってたと思います。 あわわわ・・・汗


兎にも角にも貴重な経験をさせて頂きありがとうございました!
参加してくれた皆さんもありがとうございました!



で、ここからは、昨日の事も含め、今迄に私が「新規就農」について
感じた事・思ったをまとめてみたいと思います。










昨日お会いした方達は皆、置かれている環境も、
年齢も、描いている就農のイメージもそれぞれでした。

農家生まれ(もしくは親戚が農家)の人~非農家の人、
若い年齢で就農を考えている人~定年帰農を考えている人、
兼業で農業に取り組もうとしている人~専業で取り組もうとしている人、
地域の為に農業をしたい人、有機野菜や加工品を作りたい人・・・etc。

実際に私も就農準備を始めてから、
就農支援機関の人にあったり本を読んだり~就農について調べていくウチに
就農する方達が持つ農業に対する考え方は本当に千差万別である事を感じました。

それだけ農業には多面的な魅力や意義があるんだと思います。
個人的には、とっても素晴らしい事だと思います。


ただ、もう一つ今迄に感じた事として、
新規就農者の中には自然・文化・田舎暮らしなどの要素を農業に求めていて、
経済問題以上に人生観が大きなポジションを占めている人も少なく無い気がします。


勿論、まだ半人前の私が言えた話じゃないですが。汗



農業は食べものを作っていると言っても、
やっぱりお金が無ければ生きて行けません。

目の前の衣食住だけじゃなく、若い人なら今後結婚~子育てもあるでしょうし、
家・親・自分の老後など、お金の心配をすればキリが無いです。

だからこそ、せめて他産業の平均年収と同等の水準を農業で維持できなければ、
人生の価値観はそれぞれあるとしても、やっぱり苦しいと思うのです。



新たに農業を始めようとする方を支援する施策として、
認定就農者制度ってのがあります。

これは、新規就農する方が事前に綿密な計画書を作り、その中に含まれる
5カ年計画で将来的に継続できる営農が可能と判断された場合、
低利子~無利子の融資など様々な援助が受けれる制度です。

特に非農家から農業に取り組む場合、
農地や機械の問題など超えなければならないハードルも多いです。
まずは就農に当たって、この認定が受けれるかどうかが一つの分岐点だと思います。






長くて申し訳無いんですが、もうひとつだけお話しを。

以前農業新聞で読んだ農水省の統計では、
39歳以下の新規就農者は全国で約1万4000人だそうです。(2008年度)

で、これまた以前に農政ジャーナリストさんに聞いたお話しなんですが、
新規就農センターに相談にくる人達は沢山いるのだけれど
実際に就農に至る人は全体の5~6%程度だそうです。

つまり、潜在的に農業をしたいと思っている若い人材は就農者の20倍、
およそ30万人近い人たちがいるのではないかと思います。


しかしその大部分の人が農業を諦めているんです。


この人たちが農業に加わってくれれば、
後継者不足の農業の世界にとって、大きな活力になると思います。


新たな人材が農業にスムーズに参加するには何が一番良いか?を考えた場合、
私個人としては、やはり現状では農業法人がその候補になりうると思います。

けれど、受け入れ側の農業法人だって大変です。

年収300万円で1人を雇うとしたら、年商を1000万は増やさねばならず、
更に1000万円の生産物を産むには、トラクターやハウス設備など
平均して初期投資で2000万程掛かるんだそうです。


勿論、法人への入社意外にも農業を始める方法は沢山あります。

けれど、どんな方法にせよ、今農業現場で頑張っている人達が
新しい人達の支援をしてあげることが一番大事だと思います。



偉そうなことがとても言える人間じゃありませんが、私はいつか、
農業をしたい人を受け入れられる農家になりたいと思っております。


理想だけ掲げていてもしょうがないので、
せっせとこれからも頑張ります。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト



コメント

Re: 新規就農者研修。

石井さんの考え方、非常に共感できます!
新規就農したいと言ってる人の中には「趣味」と「仕事」があいまいな人が多いのかなと思います。

私としては「趣味」の「農」もいいのですが、「生業」としての「農業」をやろうって人をより応援したいと思ってます。

今の日本は「農」というハードルは非常に低いですが、「農業」というハードルは非常に高いですから。

自分にできること。お互いそれを考え実行していきたいですね!

コメントありがとうございます!

【A-GYOさんへ】
コメントありがとうございます!

駆け出しの私が云うのもなんですが、
まず経済的な生活水準が維持できなければ
やはり農業も辛いものになると思います。汗

これはまさに自分に言い聞かせている状態です。笑
頑張って稼がねばぁぁ・・・!


コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位