野菜総論 後期テスト!

2010年02月10日 22:58

そりゃーもぅ!この1年は二宮金次郎ばりに、動力噴霧器担ぎながら勉強しましたよ!・・・・つーのはウソです!  クリックしてくれるとランキング上がります。何卒ー! → ブログランキング現在の順位は?


本日農業大学校にて、
野菜総論・後期テストを受けて参りました。

野菜総論はとにかく栽培における基礎知識が詰まった科目でして
農大で一番お世話になった授業でもあります。
P2100011.jpg
テストの出来はまぁ・・・まぁまぁ・・・まぁ・・ま・・・まふーーーーーん!

ってのは冗談でして、ソコソコ良く出来たと思います。
というか、もう就農してる農家の分際で「分かりません!」っとか
云ってたら答案用紙で往復ビンタでしょう。


農大で授業を受けるのもあと少し・・・今月末が卒業式です。
1年間お世話になった農大ともおさらば。(やべっ!レポート終わってない!汗)

日々の仕事に直結する授業だけあって、
学生時代の自分からは想像できない程、楽しく、積極的に打ち込めました。


一応念の為に云っておきますと、私は通常の学生ではなく、
新規就農者の円滑な就農、農業知識や技術の習得のために
新潟県が支援してくれる「やる気農業塾」ってプログラムに参加していました。

やるき農業塾について。 

入校式。

さりげなく載った農業新聞。


いやー、もうあれから一年か・・・・早っ!!

さては、人間は年を取るほど時間が早くなるっつーあれですか?



そーいえば何かの本で呼んだ事があります。


「神経を伝わる信号のクロック(伝達速度・・・的な意味。確か)が、
 年を取るにつれて遅くなるため、時間が短く感じられるようになる」


とか、


「年を取るにつれ時間が早く感じるのは、
 子供と大人の感じる1年の相対的時間によるもの。
 5歳児の1年は、人生の5分の1。 でも、
 50歳の1年は、人生の50分の1でしかない。」


とか、


「時間の感じ方は【感動】が大きく関係している。
 幼い頃の1年~1日が長く感じたのは、毎日が感動で溢れていたからだ。
 世界は知らない事で満ちていて、それを吸収していく感動があった。
 
 それに比べ大人になると、覚え慣れた毎日を繰り返してしまう。

 感動のない毎日をすごせば記憶にもあまり残らず、
 結論として時間を短く感じさせてしまうのだ。」


とか。 てか、マジで?

あれー・・・結構感動してたと思うんだけど。 
私、まだ20代なのに涙腺も結構弱いですよ?



おっと、ひどく話が脱線してしまいました。スイマセン。

とりあえず、まだ残り半月の講義も残っているので、
最後までしっかりと知らない事を学んで吸収し、感動してきたいと思います!

ハンカチ用意!!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)







スポンサーサイト





コメント

  1. otouto | URL | -

    Re: 野菜総論 後期テスト!

    なぜかランキングがぐんと上がってますね。
    知らないところで広まっているかも!
    時間感覚、私は最後の説に共感しますねー。
    働き出してから毎日が早くなりました。
    毎日サイクルが一緒だから変化がなくて「あの日は何をしたっけ」と思い出せないから。
    一週間を振り返ると早いです。

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    弟よ、ありがとう。

    弟へ。

    そうなんですよ。
    ここ数日目を見張る伸び率。
    ありがたい話です。 感謝。

    三番目の説に照らせば、「昨日何食べた?」に
    答えられないってのも納得できる話です。
    感動した食事ならば忘れない。

    毎日の食事も感動できるものでありたいですな。
    上手いお米、野菜を作れる様に頑張ります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://komepawaa.blog.fc2.com/tb.php/526-ed6d8228
この記事へのトラックバック