農業機械の展示会! 野菜編

2010年02月02日 18:52

もっと書きたい事や感じた事があるのですが、一本にまとめきれないので今日~明日の2部に分けてお届けします! ご了承くださいませ! そして、前半と後半でテンションがガラっと変わりますが、こちらも何卒ご了承下さいませ。汗   ついでに、応援もしてくれたら嬉しいです! → ブログランキング現在の順位は?


本日、お世話になってる農業法人の方と一緒に農業機械の展示会に行って参りました。
P2020115.jpg
今回の展示会はコンバインやトラクターなどの大型機械がメインでなく、
選別機やちょっとした作業機械・アイテムなどが中心のラインナップ。

メーカーさん達のアイデアが詰まった商品が多く、終始アドぴゅーでした。
※アドレナリンがピューピューでした。

メーカーのエンジニアさん達は、皆・・・皆・・・・
農業界のエジソンやーーー!!!


では、参りましょう。


まず、こちらの機械はネギの根っこと葉っぱを同時に切る機械。
P2020096.jpg
ベルトコンベアーにネギを乗せると自動で流れて行きまして
箱の中に包丁を持った凄腕のおばちゃんが入ってるんじゃないかって位、
ぴったりネギの長さを切り揃えてくれます。


そしてこちらはネギの選別機。
P2020098.jpg
一本一本の重さを数グラム単位までセンサーで感知して
規格毎に自動でサイズ分けしてくれます。

秤を持った凄腕のおばちゃんが何処かに潜んでるんではないかと
勘ぐってしまうほど、正確無比な仕事ぶりです。 お見事! 


そしてこちらは枝豆の脱莢機。
P2020094.jpg
枝豆の幹からバシバシ莢(さや)を外してくれます。

まるで凄腕のおばちゃんg・・・(いい加減しつこいって言われますね!)



そしてこちらは枝豆の選別機。
P2020095.jpg
未熟な豆とかを選り分けてくれます。


手前にあるのは里芋の毛羽取機。(根っこを取ってくれる機械)
P2020100.jpg
と、大きさごとに分けてくれる選別機がくっついたモノ。


これはダイコン洗い機!
P2020112.jpg
パンフレットには「しっぽの先までキレイに洗えるよ!」との事。


アスパラガスの選別機。
P2020109.jpg


そば粗選機。
P2020108.jpg


掘り取り機。
P2020111.jpg
コイツはトラクターにくっつけて使いまして、
爪の部分が地中に潜って里芋や長ネギなんかを掘り起こしてくれるっつー
とっても便利で粋なヤツです。


他にも沢山あるんですが、キリが無いのでこのへんで。


いやーほんとにそれぞれの機械に、「ほっほ~ぅ!!」と唸ってしまう
開発者さん達のアイデアや技術が詰まっており、
全く飽きる事がありませんでした。 


ただですね・・・・・
様々な農業機械を見ていて「私が個人的」に感じた事なんですが、

【複数の人間で行っていた作業が1人で出来る様になる。】
【手作業で10時間掛かっていた作業が1時間で終わる。】
っ的な生産性・省力化を助ける機械にはヨダレ垂らして飛び付きたくなります。

・・・が、

【作業の処理スピード自体は手作業と変わらないけど、精度の高い選別ができる】
【処理スピード自体は手作業と変わらないど、体への負担が軽減される】みたいな
精度の向上・負担軽減系の機械には、仕組みに関心こそすれど中々飛び付こうと思えないのです。

ちょっとした農業機械でも数十万円(高いモノは数百万円)するモノが多いので
「これならちょっと無理しても手作業で頑張った方がいいなー」って思っちゃうんです。
でも、実際には私がそう思ってしまう機械が結構沢山あるんです。

※勿論、作業体型次第では威力を発揮する機械もあります。


でもって、これらの機械を導入するのはどんな農家だろう?って考えながら
会場を歩いていたら、会場には高齢の農家さん達も沢山足を運んでいて、
メーカーの営業さん達に細かく質問をしているんです。

それを見て、そーいえばウチのじーちゃんばーちゃんも、
「細かい選別作業や1~2時間連続して続く作業はしんどくてたまらん」って
言ってたな―・・・ってのを思い出しました。


【農業は就業者の半数以上が65歳を超えていて、75歳以上は18%に達している】
って話も思い出しました。


すなわち、後継者のいない農家など、農業に関わる人の比率で考えれば、
「事業を拡大・発展させる為に生産性を上げる機械」よりも、
「現状を維持する~農業を続ける為に負担を減らす、補助をする機械」の
需要が私が思っている以上に多いという事なのか?と考えました。

※勿論、1人当たりの経営規模や投資出来る金額ベースで
 機械導入を考えれば、中心は担い手になる大規模農家や先進農家ですが。


しかし、規模拡大をせずに機械投資(コスト)ばかりが膨らんでは、
体力的な負担は軽減されても、経営の負担は増すばかりのはず。

選別の精度や仕上がりの見た目が上がったからと言って、
投資金額に見合うほどの高値を市場で回収できるとは思えません。

販路の工夫によって、生産面積は変わらずとも利益率だけは向上させる。
・・・・なんて事が出来る農家は高齢になればなるほど一握りのはず。

だとすれば、この先経済がインフレにでもなって農産物価格が上がらない限り
設備投資したお金を回収する事は難しくて、高齢農家が生産性を上げられない
設備投資を行うのは、経営を悪化させながらの延命措置でしかないのでは。
もしその通りならば、その先はどうなる?

・・・・・なんて事を、1人でモンモンと考えました。
なんか、一方的でネガティブな思考を展開してスイマセン。汗

「農業を始めたばっかの若造が知った風に・・・」って思った方々には、
大変申し訳ありませんでした。汗




明日は続編!
次は稲作に関わる作業機械達のお話をさせて下さいませ!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


スポンサーサイト





コメント

  1. 小柳農園 | URL | -

    Re: 農業機械の展示会! 野菜編

    おおー 

    楽しそう

    農機の展示会行ってみたい

    こんど誘ってよね

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【小柳農園さんへ】
    ヤナさん!是非行きましょう!
    自分の育てている作物に関連する作業機は勿論、
    全く関係無い機械でも凄く見ていて楽しいです。

    自分がDIYで何か作る時の参考にもなりますよ。笑

    仙台旅行も良いですねー!
    牛タン旨そう!

  3. めぐみ | URL | -

    Re: 農業機械の展示会! 野菜編

    すごく、確かに、、、と感じました。高齢化・・・の農業場面を少しだけ知れました。
    素人意見ですが・・・選別の精度や仕上がりの見た目を、身近な食の場面で求めてはいなくて。。(実場面に限らず)一緒に作り上げていくこと、そして、味わって美味しさを共有できる関係がいいなぁと思います☆
    だから、ブログ発信応援しています~!

  4. 石井 | URL | q24tdIhk

    コメントありがとうございます!

    【めぐみさんへ】
    コメントありがとうございます!

    私の目線は極端かも知れませんが、
    若い人ならこれは買わないだろうな・・・・
    って思ってしまう機械も多い様な気がしました。

    需要がある以上は製品が必要なのは分かるのですが、
    その需要を通して今の農業の現状を
    改めて考えさせられた気がしました。

    生産者と消費者の距離の問題も
    今後の大きな農業の課題だと思います。

    ありがとうございます。
    今後もブログを頑張って更新します(^-^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://komepawaa.blog.fc2.com/tb.php/518-952c31ea
この記事へのトラックバック