記事一覧

年末の市場!

現在、ある野菜の「産地」と呼ばれている所が、まだ「産地」と呼ばれていない頃。 始めてその地でその野菜を育てた人は、さぞドキドキだった事でしょう!   何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?



昨日の記事から続きまして、
芽キャベツ情報を求めて市場へやってきました。
PC260055.jpg
※早朝で周囲が暗い為、画像が荒いです。すいません。汗

はたして、新潟での芽キャベツ動向はいかに。


それにしても、以前私がネギを出荷していた夏~秋に比べると
随分市場の野菜の顔が変りました。
PC260060.jpg
ダイコンや白菜など冬物野菜が沢山並べられ、
逆に季節柄新潟での栽培が終わった野菜などは
他県の名前が付いた段ボールで積み上がっています。


たとえばネギ。


新潟は雪が降り始めるとネギの葉っぱが痛む為、
殆どのネギが冬前までに出荷を終わらせます。

そして、冬の主な産地は天候の安定した関東へと移ります。
PC260059.jpg
市場では新潟産のネギが消え、
埼玉産のネギが高く積み上がっていました。


おお!! ズッキーニも発見!
PC260062.jpg
以前ズッキーニを作っている方から教えて貰ったのですが、
ズッキーニはキュウリでなくカボチャの仲間なんだそうです・・・!


さて。


市場のセリが落ち着くのを待って、
青果担当さんへアタック。

市場の方にはネギの出荷を始めたあたりから、
色々とお話を聞かせて貰ってます。感謝。


早速、来年度の冬季作物の一つに芽キャベツを考えている事を伝え、
新潟の市場における芽キャベツの動向を伺った所・・・・



・・・・・あまり思わしくない様子。汗



なんでも、
芽キャベツ自体は新しい野菜でないので以前から取り扱っているけども、
その需要量は非常に少なく、一部の料理店位からしか仲買人さんも注文がこないのだとか。

その為、前もっての注文に合わせて一大産地の静岡から芽キャベツを
県内市場へ仕入れていたんだけど、昨今の不況で外食産業も動きが
鈍っていることから、今は殆ど芽キャベツを扱っていないんだそうです。


うーーーむ・・・汗。




仮に私が芽キャベツを栽培して市場に持ち込んだ場合、
市場は義務として商品を取り扱ってくれますが、幾らの値が付くかは未知数。


今迄産地の静岡から来ていたモノで、
大体キロ700円位だったそうです。


ネットで芽キャベツ産地の情報等を調べた所、
10アールで売り上げ80万以上、利益60万円!なんてのもありましたが、
産地形成されてない地域での栽培、更には需要も少ない地方市場で勝負するには
なかなかリスクは高そうです。


それでも!
やってみなければ分からんモンでもあると思うので、
来冬面積・コストを押さえて、試験栽培をしたいと思います。


芽キャベツ・・・良いと思うんだけどなー・・・・。

芽キャベツアンケートにお答えしてくれた皆さま、ありがとうございます!涙
現在(12/27、22:00段階)は【買う】と【買わない】はガップリ四つ!

うーむ、これって結構需要があると思うんですが。汗


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


スポンサーサイト



コメント

Re: 年末の市場!

>芽キャベツについてどう思いますか?
シチューに入れる、しか思い浮かばん野菜。
美味しい食べ方を知ってもらうのが肝要かと思いますが、さて、どう食べれば美味しいのでしょうか?

Re: 年末の市場!

かなりリスキーなプランを考え中ですね~
自分は明日から東京いって米を売ってきます。
その自由時間で大田市場行こうとおもっていましたが
おやすみでした~><残念

Re: 年末の市場!

 相変わらず精力的に活動ですね、若さの特権!
季節によって品物が変化とは四季織り為すですね、
いつもながらにご苦労様! 吾が思い構想と現実の市況の
ギャップですか、はてさて来年はどう云う展開に・・・、ですね、

Re: 年末の市場!

そのプラン乗った!

コメントありがとうございます!

【umeさんへ】
メジャーな調理法はシチューですが、
私はこの間近所のおばちゃんの勧めで唐揚げにしましたよ!

唐揚げ粉がはがれたり、油の中で爆発したりと
改善が必要な点も多かったですが、とても美味しかったです。笑


そしてクックパッドでも多くのレシピが。
http://cookpad.com/category/1402

とはいえやはり、認知して貰う事、
調理法の普及が芽キャベツには必要ですよね。



【ヤスマさんへ】
おおー! 年末に東京で米販売ですか! 凄いですね!
大田市場がお休みとは・・・! 残念。

自由時間で上野のアメ横とか寄れると良いですね。
「アメ横の値札はアテにするな!
 基本は値札から6~7割引き!」
らしいですよ。笑

芽キャベツに関しては、栽培スケジュール・適性が自分の営農に
マッチしそうなんですが、消費需要にまマッチしていなという・・・。汗

普通は逆で、生産側ではなく消費側からモノを見て、
ニーズのあるモノだけを計画的に作るべきなんですが、
何故か・・・・芽キャベツに興味が沸くんです。笑


【中将さんへ】
市場の中はほんとに情報が多いです。

地モノの野菜からは季節を感じさせてくれますし、
逆に四季を問わずに外国や日本全国から集まってくる
野菜や果物からは、相場価格の動きかたや
旬の地モノとの違いを感じさせてくれます。

芽キャベツに関しては来年、
リスク(コスト)を極力制限して取り組みたいと思います。

ブロッコリー・とう菜などの他のアブラナ科野菜の
栽培を同時に行うつもりなので、
資材や作業労力等、応用できるモノを出来る限り
合理的に使って秋~冬に色々挑戦したいと思います。


【おおたこさんへ】
おおーー! おおたこさんもイバラの道を!?

稲作を中心とする農家はどうしてもその裏作、
冬季~春季作物・作業・収入が課題になると
思うのです。

施設(ハウス)の栽培を始める為の初期投資の回収は
なかなかリスクが高いので、なんとか路地を有効につかった
サイクルを作りたいと思います。

頑張りましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位