記事一覧

プチヴェール!

来冬、ブロッコリー数種(ハートランドなどのアントシアンレス系)と、とう菜の試験栽培はほぼ確定。問題の芽キャベツはどうするか・・・。  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


以前もブログに書いたのですが、
来年度の冬季路地作物の一つとして芽キャベツに白羽の矢を立てるべきか立てまいべきか
モンモン悩みながら情報収集を続けておりました。


やはり探しても探しても新潟県内には芽キャベツの産地がない。汗
品種的には十分栽培できるのですが・・・。


そんなとき、興味深い情報が。


新潟には芽キャベツの産地こそないものの、
新津(現在は秋葉区)エリアで「プチヴェール」を産地化しようという動きが
数年前から行われているとの事。 

このプチヴェールなる野菜は増田採種場が独自に販売している品種で、
芽キャベツとケールを掛け合わせた非常に栄養価の高いお野菜。

って事は、栽培に関する技術や、
生育状況なども芽キャベツに近いと見たーーー!



って事で、早速伺って参りました。
PC160079.jpg
路地でしっかりと立つ彼らこそ、プチヴェール!





こちらは施設で栽培されているプチヴェール。
PC160074.jpg
新潟県内でも小雪エリアであれば、施設・路地問わず栽培は可能との事です。


その容姿はやはり芽キャベツにかなり似ています。
PC160076.jpg


外見的な違いと言えば、葉っぱのちじれ具合と、
芽キャベツならば丸く結球する脇芽の部分が、プチヴェールだとレタスの様に開いている所。
PC160077.jpg
外見は芽キャベツ寄り、栄養素的な面はケール由来といったところでしょうか。
伊達に青汁にされてるだけあって、流石の栄養価です。 ※詳しくは増田採種場さんのHPにて。


芽キャベツとの共通点もあり、非常に勉強になりました。 
ありがとうございました!


ただ、普及員さん達の話を聞いていると
プチヴェールには栽培する上で非常に課題が多い事も分かりました。

ざっくりと云うと、プチヴェールは約20年ほど前に誕生した品種ですが、
他のアブラナ科野菜に比べ非常に栽培が難しい品種の様です。

また、徐々に生産量を増やし直売所~市場への出荷や
高い栄養価を活かした加工食品の開発等も行っているようですが、
栽培に掛かる苦労や労力を考えると、収支的にまだまだ厳しいそうです。


メジャーでない野菜には栽培の苦労と同じ位、
「流通の苦労」が待っています。 

この問題に関しては、
芽キャベツを栽培しても直面する事間違いなし。


って事で次は、市場に出向いて青果担当さんに
県内市場での芽キャベツの流通状況や価格などを伺ってきたいと思います。


明日に続く。


==================
ちなみに、皆さんの芽キャベツに対する購買意欲を伺いたく、
こんなアンケートを作ってみました・・・! 

是非、教えてくれたら嬉しいです。 何卒!


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト



コメント

Re: プチヴェール!

プチヴェールは芽キャベツに比べて苦味が少なくて
子どもも大好きなので今年初めて育ててみました。
(ハウスがないので雪に埋もれちゃいましたが・・・)
種を売ってくれないからなのか、スーパーも産直市場でも
プチヴェールは高い!おいしいのになぁ。一袋じゃ足りないので
二袋になるけど、そうするとブロッコリーやキャベツならどっさり
買えちゃうので、いつも迷います(笑)

コメントありがとうございます!

【pandaさんへ】
コメントありがとうございます!

>種を売ってくれないからなのか
らしいですね。苗販売のみとか。
これだとある程度の面積の栽培を考えると
種苗費が結構高くなりそう。汗

プチヴェールも芽キャベツも、
栽培量・労力、ソコからはじき出される値段を考えると、
なかなか常用食の野菜としては難しそうです。

たまの料理のアクセントに・・・って感じですかね。
美味しいんですけどねー。涙

Re: プチヴェール!

近所の直売所で、本日発見。
1袋20個入りで100円!!(゚∀゚)
残り3袋買い占めてきました( ̄ー ̄)

コメントありがとうございます。

【冬瓜さんへ】
コメントありがとうございます。

20個入りで百円は安いですね!
私も今度直売所でプチヴェールを探してみようかな。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位