記事一覧

直売所呑み!

只今福島に遠征中・・・! コメント・メールのお返事が遅れます。 スイマセン。汗   何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


先日、直売所の店長さん達と食事に行ってきました。
PC160084.jpg
私は直売所の出荷歴も浅く(農家としての経験も浅く)、
直売所の持つ悩み、生産者さん達との意思疎通の必要性など
色々考えさせられました。




昨今は空前絶後の直売所ブーム。

安心安全・地産地消・安くて新鮮・・・などを追い風に全国に乱立した直売所は、
既にその数セブンイレブンを超えるまでに及びました。


もはや直売所の飽和点を超えている地域も沢山あるでしょう。
今後は(既に?)直売所が淘汰される時代です。



正直、商品の安全性(農薬の適正使用)や
商品の品質(生産~店舗での商品管理)などで、
問題が起きている直売所もあります。 

厳しくルールが決められて切磋琢磨している直売所がある半面、
ルールがあいまいで意識の低い直売所も存在します。

それらの直売所も今後、
農薬検査や生産履歴の開示等ますます徹底が求められると思います。



また品質の問題だけでなく、
今も増え続けている直売所は必然的に「他店との差別化」が求められます。

他の直売所と比べてどうなのか? が重要です。



イベントや品揃えの独自性など、
各店が凌ぎを削ると思います。

そして、それを支えるのが野菜を持ち込む生産者です。

優秀な農家・素晴らしい商品の囲い込みも
既に起きていると思います。



逆に、高齢の農家など自分の方針が描けない農家を導くのも
直売所の一つの姿かと思います。

売れ筋商品や顧客の要望、直売所の商品ラインナップ計画から、
農家にいつ・何を作るべきか伝え、
その育て方・出荷のやり方も顧客の要望を踏まえて
農家~直売所が一体で取り組む。


そんなのも、求められているんではないでしょうか。


直売所は、農家と消費者の両者をつなぐ仕事です。
その両者にとって最も必要とされる形。それを模索し続ける訳です。


直売所についても、
今後もっともっと勉強せねばと感じます。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)
スポンサーサイト



コメント

Re: 直売所呑み!

 雪降る最中、福島出張ご苦労様です。
遊びでないから大変ですね、頭の中には明日の農業の行く末・・・、
 寝ても覚めてもですかね、
マ-チャンダイジングがより大切だと云う事がよく解かります。亦、自然相手だけにより一層、難しいって事もね、
 無事にお帰りになられます様に・・・、

Re: 直売所呑み!

農家回りしたんですね!いいなあ~(羨)

直売所は生産者同士の意思疎通がしっかりしているところほど売上を伸ばしています。
逆に安易な値下げ合戦をしかける農家にひっかきまわされている直売所はこれからさらに厳しくなる…というか潰れてしまうでしょうね。

また、農家が直売所を見限る場合もこれから多くなっていくかもしれません。

直売所はここから変革の時期を迎えそうです。

コメントありがとうございます!

【中将さんへ】
無事帰還致しました!

福島は半分慰労も兼ねての旅行でした。汗
ただ、収穫は大きかったです! 詳細はまた追って。

太平洋~日本海まで横断したのですが、
真逆の気候に驚きです。 吹雪→晴天。

年末が近いので、
新潟に戻ってきてからは残った作業を
一気に片付けるべく奮闘中です!


【AーGYOさんへ】
農大の教授と種苗会社OBの先生の同伴で
複数軒の農家さんを回ってきました。

ブログには書き切れなかったのですが、
学ぶ事がとても多く、カッコイイ農家の姿に
モチベーションが上がりました・・・!

直売所に関しては、
A-GYOさんのおっしゃる通り今後撤退する
直売所が凄く増えると思います。

そのかわり、今まで無かったサービス・業態も
今後どんどん生まれてくると思います。

色んな荒波や改良を経て、
よりよい農家~直売所~消費者の繋がりが
生まれる事を願うばかりです。








Re: 直売所呑み!

はじめまして。

 私は、長崎県平戸市内にて室内装飾店と農水産物直売所を経営しています。
年齢55歳、今は妻と愛犬の3人暮らしです。

 今日不景気の中、地域の活性化に繋がるポイントシステムを2年前に考案し、すでに特許庁にて情報公開していますが、今のところ協力者にめぐりあえず、当店だけでのビジネスモデルとして展開しているところです。
(農水産物リフォームポイントのサービスシステム)

 このポイントシステムは、従来のポイントカードとは違い、生産者・消費者・地域住宅関連業者との連携体を構築する事で、地域の活性化に微力ながら役立てられる、地域の為になる画期的な、ポイントカードサービスシステムです。

 この農水産物リフォームポイントのシステムを、全国の産地直売所・量販店などを拠点地とした販路拡大を目指しています。まずは、地元の直売所との連携体を構築し、将来的に地域活性化・町おこしに繋がればと考えています。

これからの直売所は大小規模直売所も必要でしょうが、その地域の生産者・消費者の皆様方に満足して貰える為には如何したら良いか、他店との付加価値を付ける事、又、大手企業には真似出来ない強みを持つ事が先決課題と思い考案したところです。

どうか御社のように、これからの生産経営に繋がる直売所経営の参考資料になればと思い、誠に申し訳なく思いますが提案させて頂きました。 

全国の生産業者・直売所・その地域住宅関連業者との
連携体で活性化に向けて頑張りましょう。



長崎県平戸市木引田町460
平戸じげもん市
代表 大浦広己
℡ 0950 22-5079

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位