記事一覧

芽キャベツ!

迂闊にも、デジカメを不携帯していました。 なので、今日の写真は携帯で撮りました。 うむ、意外とキレイ。  何卒、応援を!(年内にもう一度1位になりたいです・・・!何卒!) → ブログランキング現在の順位は?


先日もちょこっと書きましたが、
来年度の冬季作目を色々考えています。

農業を専業でやる以上は春夏秋冬~年間を通して作業ができ、
収入が得れる事が理想です。


その候補作物の一つとして、最近芽キャベツに目を付けています。
【「め」きゃべつ】だけに。


芽キャベツは秋に株を大きく作り、12月から結球し春に向けて順次出荷が可能。
新潟の路地でも栽培が可能です。

更に少し小耳に挟んだ話ですが、
新潟県の農業試験場で以前研究されていた芽キャベツの栽培技術で、
「本格的な冬が来る前に結球した芽キャベツを圃場から株ごと抜き採り、
 そのままハウスに保管して順次調整~出荷する」 なんて技術があるそうです。

基本、結球が進んだ冬前の状態は太い茎の中に養分が蓄積されている為、
畑から引っ込抜いても問題ないそうです。 株ごと保管すれば春まで持つそうです。


これが可能であれば、路地で毎日超時間の収獲作業をする必要が無くなるので、
施設内で天候に振り回されることなく作業が出来ます。

保管や調整等、集約的な作業のみを施設内で行う為、
大規模なハウスも必要ありません。




そんな芽キャベツについて、私は非常に興味深々なんですが、
新潟県内にはこれといった芽キャベツの産地が無く、
この栽培技術を実践している農家さんも居ない(?)らしいです。



うーーーむ。 何故?汗

調べてみると、芽キャベツの生産は9割が静岡の産地が担っているんだとか。
だから他産地が参入しづらいのでしょうか?


相場や流通も含めて、
芽キャベツの事は今後ももっとじっくり調べる必要がありそうです。
需要は沢山あると思うんだけどなー・・・・。

※芽キャベツ情報を知ってる方、些細なことでも良いので是非石井まで・・・!何卒!


そんな芽キャベツについてモンモンしていた今日。


ご近所さんの畑をふと見たら・・・・・・。
F1020009.jpg
・・・・・・あれ?  ・・・・これって?



ちょ! おばちゃーーーん!!
F1020008.jpg
これ、「芽キャベツ」じゃないの!?








灯台もと暗しとはまさにこの事。
F1020004.jpg
目と鼻の先に芽キャベツがワサワサおりました。
普段注意して見てなかった私が未熟でした!(つっても人の畑です。汗)


上から見ると全く芽キャベツっぽさを感じないのですが、
F1020003.jpg


横からみるとこのとおり!
F1020007.jpg
超芽キャベツーーーーー!!!


ぼっこぼこ芽キャベツが幹についてます。
F1020006.jpg
分かっちゃいたけど、生で見ると実に異様な植物です。
どんな進化したらキャベツがこうなるの?汗


このご近所の農家さんは市場出荷はせず、
直売用として数十本の芽キャベツを育てているんだそうです。


もう数年育てているとのことで、育て方の工夫等いろいろ聞かせて頂きました。
ちなみに、冬前に株を抜きとる栽培はした事が無いそうです。汗


そして、なんと芽キャベツのお裾分けも頂きました!
F1020001.jpg
芽・・・芽・・・・芽・・・・メルシー―――!!



どうやって食べようかワクワクしている私に、
おばちゃんがお勧めの食べ方を教えてくれました。


「唐揚げにすると美味しいよ」


な・・・!なんですって!?
キャベツの唐揚げーーーー!? 斬新過ぎる!


早速挑戦してみました。
その模様は、明日のブログで。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)




スポンサーサイト



コメント

Re: 芽キャベツ!

芽キャベツに行きましたか。
私もちょっと気になってました。
芽キャベツ・ヤングコーン・ミニキャロットの3点セットでの店舗出しなんて、どうでしょう?

Re: 芽キャベツ!

私も作っています。
今が旬ですね。
シチューに入れると最高。
唐揚げ、今度やってもらおうかな。
大量に作ろうと思うと、収穫が大変。
楽な収穫方法見つけたらブログアップ
して下さい。

コメントありがとうございます!

【おおたこさんへ】
芽キャベツ・ヤングコーン・ミニキャロットの3点セット!
確かに良いかも! 
コンパクトで可愛いセットになりそうですね。

強いて言うならばヤングコーンのみ
作型を合わせるのが難しい所・・・・!


基本戦略は栽培工程上、大量小品種でサイクルを
組んでいきたいと目論んでいるのですが、
セット販売を前提にした3~4種のユニットで栽培を
行うのはアリですね! 色々検討してみます!


【SZKさんへ】
おお!SZKさんも芽キャベツを育てておられましたか!

芽キャベツについては、まとまった産地は少ないのですが、
少量生産をされている方や、家庭菜園で育てている方等、
芽キャベツを育てている方は意外と多い事実も判明しました。

アブラナ科野菜ですし、
栽培自体は比較的難しい野菜ではないようです。(?)
はやり手間を食う所は収獲・調整作業ですか。

今後、調整作業についても色々調べたいと思います。
来年にかけて、良い方法があれば随時アップしたいと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位