記事一覧

ネギ栽培結果報告!

ブログを始めて以来、初の二連休をとってしまいましたー!スイマセン。汗  「石井に何かあったのでは!?」 なんて思ってくれた優しい方・・・私は、元気に生きています!  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


以前のアンケートでも多くの投票を頂いた「農業経営の生数字」。
みなさん、大変お待たせ致しました。


09年、就農初年度に行ったネギ栽培。
全ての数字が出揃いましたので、ざっくりと発表したいと思います・・・・!!!

無題

今回のブログは、
【今年の数字発表、振り返り、来年の目標】
といった構成です。 


是非、最後までお付き合いくださいませー!

まず、今年行ったネギ栽培では、
33アール(家康ハウスでのネギ3a含む)にて9645キロのネギを生産しました。

出荷箱数では、1929箱。 ちなみに1箱は5キロ。
Lサイズなら1箱に3本結束の束が15束入って45本入りです。



売上は・・・1775705円でした。


換算すると、1箱平均920円という結果になりました。




そこから系統・JA・市場の手数料と運賃を差っ引いて、
私の口座に入ってきたのは・・・1594088円。

つまり、手数料・運賃諸々は181617円でした。


その他経費として、
チェーンポット・育苗培土等の育苗資材・・・・113144円
P1190022.jpg


タネ代・・・78624円P1190023.jpg


コンプレッサー・皮むき機・動力噴霧器など機械費・・・・291840円
P8020035.jpg

P6080021.jpg



農薬・・・60195円
P6160093.jpg


土壌改良剤(石灰)・肥料など・・・・142396円
P3240061.jpg

P3240063.jpg



ダンボール・テープ等の包装資材費・・・118133円
P9060132.jpg


人件費(親戚のおかーちゃん達に手伝って貰いました。感謝!)・・・144000円

水道高熱費・燃料費・・・・40000円

道具のレンタル代・筆記用具など雑費・・・5163円


経費合計・・・・1175112円となりました。

※【人件費】は、自分・家族労力の賃金は含まず、親戚へお支払いした金額のみです。 
 
※【水道光熱費・燃料】項目に至っては
 ネギ単体での換算が出来なかったので大体の数字です・・・すんません。

※【農業機械】においては、中古機械購入が殆どなので
 減価償却無しで全額を当年度の費用にまとめました。
 
 また、トラック・トラクターなど稲作で使っている農機の原価償却は
 稲作の勘定にて一括でまとめる事としました。
 
 ネギの生産費を割り出す上では好ましくないですが、 稲作一本経営の石井農園で、
 今ある機材を最大限生かして+αの収益を狙う野菜栽培部門ってことで、
 野菜部門として独自購入した機械のみで数字をまとめています。

 


【振り返り】
就農初年度、第1回目のネギ栽培は農大の通学と並行していた事もあり、
利益の追求よりも多くを学ぶ事に重点を置いて行いました。

そして結果的には当初予想していた、
売上200万(箱平均1000円、200箱)、経費100万、利益100万は
未達成に終わりました。    


・・・くふぅっ! 

営業マン時代なら上司の往復ビンタです。 (ウソ)



ちなみに上記の目標数字は、
新潟県の経営試算表(作物別に過去5年の平均収支をまとめたモノ)を
べ-スに設定しておりました。

経営試算表ではネギ栽培の平均数値として、
10アール当たりの生産量は3500キロ、販売額は80万円強となっています。


目標・経営試算表との乖離が生まれた原因を私なりに考えてみると・・・
==================================
・田んぼの水田転作初年度(水はけが悪い)である事を加味して、
 畝の間隔を広めに空けて栽培した事による収量減。

・今年の長雨による湿害で生育不良が起き、
 S・Mサイズのネギが予想よりも多く出来てしまった。
  ※ネギはS・M・L・2Lといったサイズがあり、
   通常出荷ではL~2Lが商品価値が高いのです。)

・私の相場予想、出荷計画と実際の市場が全く噛み合わなかった。
  ※例年の相場では、出荷量の少ない夏場にでネギは高値となります。
  その後徐々に秋に向かって相場は下がりますが、
  10月初旬にネギの産地である青森等が稲刈りに入る事でまたも短期的に高値になります。
  それらが終わると気温が下がるにつれて鍋等のネギ需要も増えるのですが、
  関東産地のネギ供給なども一気に高まってくるので価格が崩れて行きます。

  ここまでが私の予想で、それを読んで出荷するつもりだったのですが・・・・・
  
  現実は、
  長雨の影響で夏場の出荷が遅れ、私が出荷を始めると同時に、
  高騰した野菜価格のリバウンドが始まり一気に価格ダウン。
  
  その後9月の価格も低空飛行を続け、10月に入りやっと少しずつ価格を戻し、
  私が売り抜く予定だった10月下旬にやっと値が良くなりだす。
  
  そして私の出荷が終わった11月~現在、ネギの価格はとっても好調・・・

  無念ーーーーー!!
   
===================================
・・・・はっ!! いかんいかん!
なんか言い訳染みている!


これまたサラリーマン時代だったら上司の往復ビンタです。 (ウソです)




【来年度の目標】
上記の数字や所感を踏まえて来年度の事を書きたいと思います。

まず、来年度は農大の講義も終わり農業従事できる時間も増える為、
本格的に利益を生み出す事に注力していきたいと思います。


ブロッコリーなどの他作物の導入も行い、
それと並行してネギの栽培面積を60アールに増やします。

更に来春の土の状態(土壌改良の効果)如何によって、
畝幅を狭め面積単位当たりの増収を目指します。


また、今年は農業資材を色々な所から買って価格の相場を見てみましたが、
モノによってはかなりの価格差がありました。
来年は出来るだけコストを抑える為に資材の購入先も慎重に検討したいと思います。


そして今年一番費用の掛かった農業機械に関しては、
来年度の設備投資は行わず今年の機械で全て用を足らせます。
ぶっ壊れない限り、新たな投資は考えていません。

本格的な設備投資は再来年以降に、ネギを更にどれだけ拡大するか?
それとも他作物を積極的に拡大するか? 等を考慮して行いたいと思います。


人件費に関しては、面積を拡大する事、
家族労力を減らす事(じーちゃん達にあまり無理はさせられない)から、
親族へお支払いする人件費が今年の倍以上に膨らむと思います。 コストの肝です。
ただ、今年の作業をベースに更に合理化・効率化に努め、
時間あたりの作業効率を皆で上げて行きたいと思います。


そして栽培に関しては、
排水路の整備、もみがらの投入による土壌改良で畑の改善(今年の畑・来年増やす水田)、
保温資材による生育の促進、などを行い今年よりも早期の出荷を目指します。


それらを踏まえて、2010年度ネギ単体の目標額としては・・・・
売上450万円、経費175万、利益275万が目標です。
※上記の数字には自分・家族の人件費は含んでおりません。

次のステップに繋げる為にも、必ず達成したいと思います。



利益率を高める為の販売面での工夫も、
まだまだ模索・検討段階ですが並行して徐々に行っていきたいと思います。




【最後に】
今日の記事を読んでくれた方へ。

またもダラダラ長文を書いてしまった訳ですが、
ここまで読んで頂きありがとうございました。

もし、可能であれば、
「案外金になるじゃん」とか、
「殆ど利益ないじゃん。時給換算したら幾らだよ。汗」とか、
「ここはもっとこうするべきじゃないか?」とか、
この数字を客観的に見た感想を頂けたら、嬉しかったりします。

何卒、宜しくお願い致します。




各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)




スポンサーサイト



コメント

Re: ネギ栽培結果報告!

 今晩ワ、
日々、はつらつと農作業勤しむ姿、目に浮かびます。
小生も只今、色々と統計取っておりますが、プロの
数字是から色々と参考にさせて戴きます。有難うございます。此方、本日、先般から資材買い込んでいましたが値段がおかしいので調べた結果、買った店で〔10,400円〕の返金でした。防獣ネットが@800円下がり、焼杭Φ70mm×1500mmが200円下がりました。農業と云うのが実に経費の掛かる事と云うのが身を以って体得出来ました。亦、色々と教えてください。
そちらの方がもっと寒いと思いますが、御ん身ご自愛ください。

Re: ネギ栽培結果報告!

お疲れ様です。
PDCAができていてすばらしいと思います。
反省しているからこそ来年度の伸びしろが見えて
より挑戦しがいがありそうですね。

がんば!今日も米食ってるぞ!

Re: ネギ栽培結果報告!

ネギの総決算おつかれさまです。
とても就農1年目とは思えないブログですね!

気になった点を2点質問させていただきます。
1.人件費が約14万円になってますが、
  これは石井さん本人の労働時間×時給も含んでるのか
  親戚に払った賃金だけなのか、どっちでしょうか?

2.ざっくり計算すると売上177万-経費117万=利益60万で
  利益÷売上=売上高利益率が約33%超えますね。
  こんなに儲かるなら農家みんなネギ作るんですが
  石井さんが何か特別なノウハウを持ってるのか、
  他の農家の努力が足りないのか、
  今年はたまたまラッキーだったのか。
  
  来年の目標の売上450万で利益275万にいたっては
  売上高利益率なんと約61%超え!
  こんなに儲かるなら僕も来年からネギ作ります!   
  
  長くなってすいません。
  2つ目の質問は、ネギはこんなに儲かるのに
  他の農家はなぜネギばかり作らないのか?
  
  皮肉っぽく聞こえたらすいません。
  純粋な質問です。

コメントありがとうございます!

【中将さんへ】
おお・・・1万円はでかいですね。汗
資材の値段が10円、20円の間違いでも、
数千個、数万個使ったりしたらとんでもない事になりますもんね。

金額は納得できる様に、
自らちゃんと確認する事(相場を調べる事)はとっても大事だと思います。
私も、気を付けたいと思います・・・!


【otoutoへ】
今日も斜め上からのコメントありがとう。
兄として心からお礼申し上げつかまつりまクリスティ―。

マネジメントサイクル「計画・実行・反省・改善」については
丁度少し前に話を聞いた農業法人の代表も言ってた。
PDCAが出来てない農家・法人は多いって。

その人は「儲かる農家の共通項」とか、
自身の経営の数字とかも色々教えてくれたので、
今度しっかりまとめてアップしようと思います。

今後もコメント待ってるぞ!


【有職30歳@福岡さんへ】
コメントありがとうございます!
私も有職さんのブログへちょくちょくお邪魔しています。
私の友人と並ぶ位のEVAフリークですね。笑

ご指摘ありがとうございます! 

有職さんのおっしゃる通り、
1・2の質問のお答えとなるのがまさに
「自分(家族)の人件費を考慮していない事」が理由です。

※人件費費関しては語弊が無いように本文中にも
 補足を追加させて頂きました。ありがとうございます!

今回のネギ栽培には中心労力として私を筆頭に、
稲作の合間の時間に親父が、軽作業でじーちゃん・ばーちゃんが
活躍してくてました。 

これらの賃金も計算すると・・・・あわわわわ。汗
私の時給は一体幾らになるのか。 恐ろしい数字です。


以前読んだ農業の本では、
自営業者としての農家が目指すべき時給は、
「1500円」のラインを維持することだと聞いた事があります。

なので今年の私も、来年の計画も、
時給換算すれば赤点です。 往復ビンタです。

本当の意味での黒字化(家族労力も換算)を目指すには、
やはり販売面での工夫を避ける事は出来ないと思っています。

ここは大きな課題ですね。



最後に、
「なぜ他の農家はネギを作らないのか?」に関して。

ネギ栽培は他の野菜と比べ一作あたりの収益は高いのですが、
その背景として2つ問題があります。

1、栽培期間が長い事。
  1~3カ月で収獲出来るアブラナ科などの野菜に比べ、
  白ネギは180日間を要します。 長いっ!汗

2、調整作業(皮むき・仕分け・結束・箱詰め)に
  多くの時間と労力がかかります。 シンドイッ!汗
  
ネギの栽培を見合わせる場合、労力確保の観点から
「2」がネックになる事が多いです。  


今後も、気付いた事があったら是非ご連絡下さいませ。
宜しくお願いしますー!

 


Re: ネギ栽培結果報告!

いつも楽しく勉強させてもらっています。
素人農民のくせに偉そうな事を言ってしまいますが、今回の経費、機械代を引いても5割り、来年度の予定でも4割り弱で高いですね。出荷寸前に台風で出荷出来なく成る場合も有ります。効率を落とさずに経費節減が問題点のように思われます。
次年度の目標ですが、売上と経費はわかりましたが、年間労働時間の何割使うかで目標の高さが変わってきます。
石井さんのように頭で考えていることが直ぐに文章化出来る事は素晴らしい事だと思います。
応援しています。来年もはざかけ米作ります。

おいしい新潟ネギ感謝です

冬の新潟では、白菜とネギがあれば、4ヶ月飽きずにおいしい食事が出来ますからね。作って下さってありがとうございました。

ネギの出荷調整を狭い作業場でやると、涙が止まらなくなりませんか?いちど知り合いの作業場に行ったときに、往生した記憶があります。

そうまでしてみずみずしいネギを出荷して下さるのだ、とわかってますます感謝です。

Re: ネギ栽培結果報告!

ネギ栽培の結果報告、ありがとうございます!
市場出荷の場合は予定収入が毎年変化しますから、今年はまずまずの結果ではないでしょか。
初期投資をしっかりされているので、多分来年はかなり利益が出ると思います。
単位面積当たりの収入が横綱級のネギを選んだ石井さんなら来年も楽しみです。

うちもネギは作っていますが、やはり調整作業が面倒で、作付け作物からいっても、ってのがありますね。

ブロッコリーは市場の乱高下が激しいし、収穫も忙しいので、いきなりドカンとはやらない方がいいですよ!それと、ネギとの出荷と同時並行は辛いと思うので、収穫時期はずらした方がいいです!

石井さん、これからもお互い頑張りましょう!

コメントありがとうございます!

【SZKさんへ】
コメントありがとうございます!
確かに、まだまだ削れる経費があると思います。
資材もそうですが、農薬や肥料の使い方も、
まだまだ改善の余地がある様に思います。

質を落とさず省力化。
最低限のコストで最大限のパフォーマンスを出せるように、
日々精進します!

また、作業時間についても来年は記録を付けたいと思います。

生産活動・販売活動共に、
費用対効果・時間対効果を意識したいと思います。
頑張ります!



【まいまいさんへ】
コメントありがとうございます!
ネギと白菜!冬の生命線、「お鍋」の両横綱ですね。

ネギの辛み成分はとんでもない威力ですね。

まいまいさんのおっしゃる通り、
狭い場所や空気の流れの無い場所で根切り・葉切りをすると
「目が!目がぁーーー!!」って
ラピュタのムスカ大佐的な状態になります。

ゴーグルでしっかり目を守りながら、
来年も美味しいネギを届ける為に頑張ります!


【A-GYOさんへ】
コメントありがとうございます!
今年の数字に納得せず、臆さず、
更に成長する為に頑張ります。

そうなんですよね。
ネギの調整作業をなんとかもっと効率的に、
早く、丁寧に、大量に出来ないか、
この冬じっくり考えたいと思います。

来年のブロッコリーは初年度って事もあり、
情報収集・試験栽培の意味も兼ねて20アール程で
様子を見ようと思っています。

3月に早出し用のネギと一緒に定植し、
出荷は5月中~下旬に行いたいと思っています。

理想は、
【5月中~下旬】春ブロッコリー収獲終了 → 
【6月上旬】その後の農地に秋冬ネギを速攻で定植 →
【7月】夏ネギ収獲開始~
って、持っていきたいと思っています。

上手く作業が繋がるかは天候次第ってのもありますが、
可能な限りの努力で計画をこなせるように頑張ります!

今後も、宜しくお願い致します!

すごい!

自分は、大阪から農業したくて鳥取に移住した新規白ネギ農家三年目です。
悩むことが多いこの家業。少しでも多くの同業者と、語りたくコメントしました。
今年の自然災害は、大丈夫ですか?
我が家は、…。大変です。よかったら色々なやり取りできたらと思っています。

わかりやすいです

会社経営を経て田舎でニートしております。
一次産業に興味があり色々勉強させていただいているのですが、あなたの説明は売上・経費・作付け面積等がはっきりしていて分かりやすいです。

はじめまして

ネギ農家って、かなり維持費が取られますね。実は、私の親戚も、千葉県横芝光町でネギ農家をやってますが、安い商売だと言ってましたよ。今のところ、TPPでは、ネギ農家には影響はないみたいですが、万が一、ネギ農家にTPPの影響があれば、親戚のAさんは、ネギ農家を辞めるそうです。もう旦那さん75歳ですからね。(^_^;)

付け足し

ちなみに、千葉県横芝光町のネギ農家は、12月から5月中旬までが、ネギの出荷時です。7月にネギの苗を植えるそうです。しかし、強い台風が来ると、ネギはダメージを受けるらしいです。曲がったネギは、出荷できないそうです。あと、千葉県では、6月にネギの出荷をしている農家はいません。ネギに花が咲いてしまい出荷出来ないので、千葉県横芝光町では、12月から5月中旬までがネギ出荷時です。

コメントありがとうございます。

木本さん、ゆみおさん、印旛沼さん。
コメントありがとうございます。

また、コメントの確認・ご返事が遅れて失礼いたしました。

私も悩みつつ、ぶつかりつつ農業やっております。
難しい職業ですが、やはり農業は良い仕事です。

印旛沼さん、千葉県といえばネギの大産地。
12月から5月まで半年にわたり出荷できるのはさすが
太平洋側、関東ゆえの強みと思います。
(こちらは雪により冬場の出荷が難しいゆえ)

7月にネギ植えを行うのは、こちらとは大きく作型が異なりますね。小さな苗で迎える台風シーズンは確かに致命的な被害も出ることでしょう。

地域により、強みも、難しさも様々ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位