記事一覧

おコメ~は~つづ~くよ~

おコメの記事が続きます。
ウザイ?いや、我が家の95パーセントの仕事はこれなんで許して下さい。


ウチは出来上がったおコメを
農協さん、おコメ問屋さん、直接消費者の皆さん
の3ルートに出荷しています。

おコメって昔は食糧法とかで勝手に売ったらいけなかったんですよ。
いわゆるヤミ米。

戦後の食糧難の時にできた法律で、
主食となるおコメは国が管理しなきゃならんのだ!!おらぁぁ!! みたいな。

国がずっとビンボーで空腹だったらそれでいいんだけど、
日本は輸出で発展して富国になって食生活も変化し~・・・ 
とまぁ、いろんな事があって米価も落ちてって、その法律に限界が来たんです。

で、好きに販売できるようになった。
というか「じゃないと生きていけない」ような状態 汗

いかに、販売で利益を増やすかってのが重要で、
中間業者を省いた直売がとっても生命線。


前置きがすっげー長くなったけど、
今回はそんな直売に関するお話。


うちでは直販用に玄米を冷蔵庫で保管してるのです。

PA250046.jpg

穀物もやっぱり鮮度があるから出来るだけいい状態を維持するため。

中間業者には秋に稲刈りが終わった後、全部玄米で出荷するんだけど、
直販用はこうやって保管して注文に合わせて徐々に精米して出荷するのです。

PA250041.jpg

で、これが我が家の精米機。
左の口に玄米を入れるとギャゴォォォってなって真中から白米がシュバァァァって出てくる訳です。

PA250043.jpg

で、それを超にらむ。(今睨んでるのはオヤジ)
なぜならおコメってちょこちょこ「着色米」ってのが混ざるから。

PA250056.jpg

こんな感じのやつ。見栄えが悪いけどあえて載っけてみました。
食べて害はないけど見栄えが悪い。

気候の影響だったり、いたずらな虫さん達の影響だったりするんだけど、
野菜や果物でも、作物って生産段階では必ず100%が良品ではないので、
生産者が責任を持って完成度を上げていくんです。

飲食店でチンピラ風の兄ちゃんが
「おいオヤジィ!われコレ着色米はいっとるやんけ!エェ!?」
なんていちゃもん付けられても俺たちの責任。

正直、完全な除去って200万円~位の選別機でも入れなきゃ結構難しい?らしい。
けどその機械の導入自体が難しいって話。
高いんじゃっ!!

巨大な生産法人でない、中堅農家のウチでは導入できん・・・ 涙

なので今の我が家は、手間を掛けて徹底的におコメにガン飛ばして、
サケを狙う北海道のヒグマのように、着色米が前を通った瞬間はじき飛ばすのです。

で、無事精米できたおコメを袋に詰めて発送します。

PA250044.jpg

これが我が家一連の流れ。

でも自由化してからは販売だけでなく、商品の完成度まで自由化してる様な気もします。
中には精米機の出口に直接袋をつける人もいるらしい。

考え方は十人十色ですが、
私は自由化した以上、その辺こだわらないとイカンと思います。


そんなウチのおコメを食ってくれてる皆さんには本当に感謝しています。
改めてありがとうございます。

そんな方々がいる限り、私たちは今日もヒグマのように睨みを利かせてます。
ガオォォォォ!


各ブログランキングに参加してます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
>">banner2.gif
↑ヒグマのようにバシャ!!っと押して貰えると幸いです。






スポンサーサイト



コメント

Re: おコメ~は~つづ~くよ~

こんにちは!
HRM総務Gのタカバシと申します。覚えているでしょうか?
里美からこのブログのことを聞いて、書き込みさせてもらっています。
さてさて、弥彦で頑張っている様子、、、よ~くわかりました(笑)。
実は俺は加茂出身なので、何か親近感沸きまくりです。うちの実家は農家でも何でもないですが、俺も米つくりや野菜つくり、所謂農業に興味深々です。
最近、うちの奥さんの影響もあって、玄米を食していますが、玄米だとなるべく農薬を使っていないものを選んでしまいます。でもそんなものはほとんどなく、買う時にいつも困っています。ないなら、作るしかねぇーかと、、、。
そもそも土壌に農薬が残っていたりと、苦労が多いとは聞きますが、実際農家で食べているのは、有機無農薬だったりする!…なんて話も聞いたことがあります。俺も母方の実家が今でも代々続く農家なので、無農薬や減農薬栽培の話を色々聞いていますが、安心安全な作物を世の中に提供していって欲しいと願っています。(*消費者としての勝手な意見でした~)

ところで、今年の新米の出来は良かったのかしら?

Re: おコメ~は~つづ~くよ~

タカバシさんコメントありがとうございます!
勿論覚えています!ウルッチェのコーナーも新潟県人会も 笑

農業に興味って言ってもらえると凄い嬉しいです。励みになります!
自分もまだまだ若輩者で勉強を沢山しなければいけないので、
その模様をどんどんブログにアップして行きたいと思っています。

ちなみに今年の新米の出来は上々で結構豊作です!

しかし、それによってまたコメ余りで
米価が下がるという状況でもあります 汗

独自販路の開発が急がれます!

日本人は完璧主義&潔癖主義?

中国人も食べない日本輸出向けの野菜・・・日本は少し汚くても買わなかったり買い叩くので、他国や自国用とは違って、「これでもか!」と農薬を投入すると聞きました。
そんなこともあって生協で「形は悪くても安全を買うぞ!」と、低農薬・無農薬への意識が広がりました。
すると、ニュースで 普通に農薬使っても形の悪かった作物を「それ、生協にまわしとけ!」と仕分けてる業者さんの隠し撮り映像が流れました。
虫が食べるってことは 人間より抵抗力の無い生き物が食べても大丈夫と言うことですよね?しかし・・・。
レタスの切り口は空気に触れると赤くなります。友人はそこをとって食べていました。まぁ、気持ちはわからなくもない…ないけど…
消費者の意識が「便利・簡単・きれい」に傾くのはわかりますが、それで「安全」でなくなったり、栄養価が減った作物が溢れるのかと思うと、消費者そのものの意識を変えなければ何も変わらないんじゃないかと思います。日本人の価値観が変わると、もっと自分達の周りには 自分達にやさしいものがあふれてきて、やさしい食べ物を口に入れられるのかもしれませんね。
消費者はおいしさ重視・安全重視・安さ重視と様々です。作り手も、どこに価値観をおくかによって「こだわり・ウリ」が変わり、それが「指針」となるので、作り方・販路・消費者を選んでいることになります。職業としての作物つくりにはどれが正解なんてないですよね。消費者に求め続けられればそれでいい。その上それが自分の気持ちにあう方向であれば、もっと充実。でもそれが難しい・・・何を重視するか、重視したいものの配分によって道が変わってくるんですね。
いや・・・ほんとなんかすごいです^^がんばってください。

ににさんへ

コメントありがとうございます!

日本の食べ物の規格は世界一基準が厳しいって有名ですもんね。
それが外国の生産現場では農薬の過剰使用に繋がり、
国内の生産現場では規格外作物の大量廃棄にも繋がっています。

欧州なんかだともっと食物はありのままに流通しているのに。
日本人の規格意識もいつか変わる時が来てくれれば・・・。汗

頑張ります・・・!








> 中国人も食べない日本輸出向けの野菜・・・日本は少し汚くても買わなかったり買い叩くので、他国や自国用とは違って、「これでもか!」と農薬を投入すると聞きました。
> そんなこともあって生協で「形は悪くても安全を買うぞ!」と、低農薬・無農薬への意識が広がりました。
> すると、ニュースで 普通に農薬使っても形の悪かった作物を「それ、生協にまわしとけ!」と仕分けてる業者さんの隠し撮り映像が流れました。
> 虫が食べるってことは 人間より抵抗力の無い生き物が食べても大丈夫と言うことですよね?しかし・・・。
> レタスの切り口は空気に触れると赤くなります。友人はそこをとって食べていました。まぁ、気持ちはわからなくもない…ないけど…
> 消費者の意識が「便利・簡単・きれい」に傾くのはわかりますが、それで「安全」でなくなったり、栄養価が減った作物が溢れるのかと思うと、消費者そのものの意識を変えなければ何も変わらないんじゃないかと思います。日本人の価値観が変わると、もっと自分達の周りには 自分達にやさしいものがあふれてきて、やさしい食べ物を口に入れられるのかもしれませんね。
> 消費者はおいしさ重視・安全重視・安さ重視と様々です。作り手も、どこに価値観をおくかによって「こだわり・ウリ」が変わり、それが「指針」となるので、作り方・販路・消費者を選んでいることになります。職業としての作物つくりにはどれが正解なんてないですよね。消費者に求め続けられればそれでいい。その上それが自分の気持ちにあう方向であれば、もっと充実。でもそれが難しい・・・何を重視するか、重視したいものの配分によって道が変わってくるんですね。
> いや・・・ほんとなんかすごいです^^がんばってください。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位