記事一覧

アスパラ! ボーボーからのカラッカラ!

燃え尽きたアスパラは、明日のジョーを彷彿とさせます。  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


私、アスパラガス栽培に興味を持っておりまして、
今後の本格的な導入をするかどうかを検討する為に試験栽培をしていました。


が、途中から完全に放置。
大いなる自然にその全てを委ねていました。汗・・・・・そして現在に至ります。


今年の夏、空間を埋め尽くすかの如くアスパラが葉を広げていました。
P9210001.jpg


そして12月現在。
アスパラガスはカラッカラに枯れていました。
PC100098.jpg
アスパラガスは多年性の植物で、
前の年に光合成をして造った養分を冬が来る前に根っこに貯蔵し、
翌年の春にその養分の力でニョキニョキ生えてきます。

つまり、このカラカラになったアスパラは、
「葉や茎の養分も全て根っこに移しましたよ~・・・・さぁ、刈るなら刈れよ!!」 
と、いう証しでもあります。











また、夏場に咲いていた花は、
P9210004.jpg


真っ赤な実になっていました。
PC100103.jpg
興味をそそられる実ですが、これは食べられないそうです。


そして、ここからが今回の大事な作業。
アスパラガスの茎を全て刈り取って撤去します。
PC100100.jpg


何故茎を刈り取るかと言いますと、
アスパラガスの困った病気に「茎枯病」「さび病」などがあります。
PC100101.jpg
それらの病菌は茎に寄生したまま越冬し、翌年また悪さをするのです。
なので、病菌を駆逐する為に茎を可能な限り畑から撤去します。


さっぱりしました。
PC100104.jpg
来年のアスパラの芽吹きの邪魔にならない様にマルチも追って撤去します。

本来であればマルチを撤去したあと、更にバーナーでアスパラの株元を焼いて回ります。
若干残った茎の根元や葉っぱなどの欠片も一切残さない訳です。 

凄まじい徹底っぷり!
※私は今回、バーナー焼き打ちの刑は無しで行きます。



でもって、刈り取った茎も病気を残さない様に離れた場所で焼却するのが望ましいのですが、
PC100105.jpg
野焼きは田舎でも色々と問題なのでここは無難にネギの葉っぱ同様、
竹の子山(裏山)にぶん投げてきました! 立派に分解されますように。

※農業で生み出された廃棄物(畑の雑草や野菜の残渣など)を野外焼却(野焼き)することは、
 廃棄物の野焼き禁止法の例外に該当するのですが、
 それでも煙や匂いに嫌悪感を持つ人も少なくないので、
 燃やさずに済むならそれが無難です。 
 



さて。


ちなみに今年一年色々考えた結果、来年以降アスパラガスを
本格的に拡大する計画はお蔵入りとなりました。

理由は、
春から秋に渡って長期間続く収獲・調整作業に経営資源が分散される事、
田んぼの転作畑での栽培に必要な土壌改良機材(サブソイラー等)の調達問題など、
幾つかあります。 

あくまで「お蔵入り」なので、
数年~先でまた経営作物候補に上がってくるやもしれませぬ。



とりあえず、試験栽培のこの畑で
来年はどんなアスパラが生えてくるか見守りたいと思います!




各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト



コメント

Re: アスパラ! ボーボーからのカラッカラ!

 今晩ワ、
アスパラガス食べたい! グリ-ンアスパラは好きではないのですがホワイトがとってもです。
 野焼で1ケ月くらい前に近所からの通報〔何でもすぐ通報する人間との事、〕でパト2台と役所の人間が来る。田舎だからと思ってやったのですが駄目だと云う事です。但し、農業従事者には特例あると聞きましたからね、小分けにして雑草燃やしたのですが・・・、 その辺りの兼合いが非常に微妙です。来た人たちも〔通報〕だからと云ってました。用心・要心で~す。

Re: アスパラ! ボーボーからのカラッカラ!

アスパラガス、私も当分の間、基幹作物としてはお蔵入りです(自家用で作りますが)。

寒さに十分当ててから、12月か1月にに掘り上げて、ビニールハウス内に電熱線敷いて、その上に掘り上げたアスパラガスの株を伏せ込んで2月~4月まで収穫する『伏せ込み栽培法』ってのがあるんですが、他の作業との兼ね合いでなかなかできないんですよね(汗)

アスパラガス、もう少し考えなければ!

コメントありがとうございます!

【中将さんへ】
コメントありがとうございます!
あら!グリーンは苦手でホワイトがお好きなんですね。
私はグリーンの方がなんとなく好きです。栄養がありそうで。笑

野焼きに関しては通報が後を絶たないですね。
私たちの地域でもよく通報を受けた消防車が
農家さんのとこで説明をして帰っていく事があります。

ほんと、燃やさずに済むならば一番それが無難ですね。汗


【A-GYOさんへ】
コメントありがとうございます!

私も一時、夏場に路地で作った株をハウスに持ち込んで
ふせこみを冬作業にしようかと思ったのですが・・・・
冬場の育苗に使う面積・設備とのバッティングにより
断念しました。汗

いっそのこと、
アスパラガス観光農園みたいなのがあっても
面白いとも思います。 

一袋で値段を決めて詰め放題。
収穫はご自由に~的な。笑

いつかやってみたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位