記事一覧

夢中になるという事!

いつまでも何かに夢中になれる大人でいたいけど・・・程ほどに! 何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


今日は46年ぶりの天体ショーである皆既日食・・・!
かくいう私は、午前二時、ベルトにラジオを付けて踏切に望遠鏡を担いでく程の
天体マニアですから!(うそです。)

連日ニュースや何やらでもコレばっかなんで、ミーハーな私はドキドキな訳です!
ひゃっほーーーーぅ! 超楽しみーーーー!




さて、皆既日食までは時間があるので作業をします。
実はしばらく前から、家康・三河衆ハウスのネギに問題がありまして・・・・。
P7210002.jpg
5月~6月中旬頃までは、路地のネギから10馬身差位つけて
グングン成長してたハウスネギ達が、ここえ来て非常に生育が悪くなったのです。

既に成長は路地に追い抜かれてしまいました。
まさにウサギとカメ状態。汗








当のハウスネギはこんな感じです。 全体的に白くなっているのが分かりますか?
P7210003.jpg
これはネギ自身が出しているもので、
葉の表面に付いている白っぽい粉のような物をロウ物質(ブルーム)と言います。

本来これは、病害虫から身を守るためにある植物の自衛機能なのですが、
あまりにブルームが強い状態ってのは、植物に強いストレスが掛かっている事を表します。



また、根っこの近くでは古い葉っぱが枯れています。
P7220042.jpg
生理現象ではあるのですが、これも路地のネギよりずっと沢山の葉っぱが
黄化しています。 ネギが弱ってる証拠・・・。




原因は既に判明しておりまして。 気温です。
脇を開けっぱなしにして換気に気を付けても、ハウスの中は暑すぎるのです。

ネギは本来、寒さには強いのですが暑さには弱い作物です。
で、気温が30度を超えると一気に生育が鈍化します。



また、劣化して光が通りにくくなったビニールも好ましくありません。
P7210006.jpg
ネギは照度が6万ルクス以上でも光合成の光飽和に達しない野菜です。
つまり、ある程度涼しくて光は沢山浴びれる環境がネギの成長を早める訳です。



まぁそもそもの所で、
夏にハウスで長ネギ栽培をする事が理にかなっていないのですが。汗
※記事の最後にちょっと補足します。



ってことで、悩んだ末に・・・・




どーーーーーん!  と、ビニールを3棟とも取っ払ってやりました。
P7220050.jpg
※1コマで済ませましたが、3棟のハウスのビニールを外す作業に4時間以上掛かりました。

梅雨明して本格的に強い日差しが始まる前に処置しました。
これで環境は路地と変わらないはず。

ビニールを外したことで、今後生育がまた盛り返してくれればいいのですが・・・・。



作業を終えてハウスを出ようとしたら・・・・あれ?
P7210037.jpg


あ、忘れてた!   
P7210039.jpg
天井を取り外した今、このままでは家康様の名札が濡れてしまいます!


慌てて残ったビニールの切れ端で応急処置。
天下の大将軍をラミレート。これにて一件落着。
P7210040.jpg
※そもそもなんでハウスに名前付けてんのコイツ?キモっ。
  って方は、こちらをご参照ください。




「やっと終わった・・・・」と、汗をぬぐった左手には腕時計が。
この時、針は12時を指していました。


日蝕・・・おわっとるやんけ。 

夢中になりすぎた・・・・!
家康ラミレートしてる場合じゃねーし!!

次の日蝕は26年後・・・私50歳越えてます。 とほほーーー! 



各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)



==PS===============================
「有機農産物」についてのアンケートを作ってみました・・・!


※慣行栽培とは適時適量の農薬・化学肥料を用いた、通常の栽培を指します。

是非、皆さまのお声を教えて頂ければと思います。
何卒!一票をーー! 投票コメントも大歓迎ですー!







==更にPS===========================
今日、長ネギハウスの話をしましたが、
そもそもの所で夏にハウスで長ネギ栽培をする事が理にかなっていません。
※もちろん促成栽培・春取り等には有効だと思います。

苗が余ったのでついブチ込んでしまいましたが、
折角ハウスを使うのであれば、ハウスの利点を最大限利用できるモノを
栽培すべきです。 完全に、私はバカ野郎です。


たとえば、実が痛まない様にハウスを雨よけとして使い、
トマト・ピーマンなどの果菜類を栽培するとか。
P7220048.jpg

P7220049.jpg


虫よけ網で囲んだり、遮光資材を使って環境を整えながら、ほうれん草を作ってみたり。
P7220045.jpg
夏場のほうれん草は供給が減るせいか高値で取引されるって話を聞きます。
市場で1袋200円もの値がつく時もあるとか・・・!(小売価格よりも高い!)

※ただし、夏場のほうれん草の栽培はかなり難しいらしいです。
 また、高値を付けるには長期・大量出荷出来る事も条件だと思います。



それとも、大したハウス面積ではないのでまた春にネギを植えつけて、
早い段階でビニールを外すか・・・。この方が作物を増やさない分、作業・管理は楽です。


今年の失敗を踏まえて、来年は有効に夏のハウスを使いたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

私も午前二時にほうき星を探して踏切へ走る程の天体マニアです。ウソです。

日蝕、見れなくて残念でしたね。ウチの家族はみんな見てましたよー、私は見れなかったんですケド…ずっと家にいたのに…タイミング悪くて……涙


次は26年後ですね…わたしは、うっすらアラ還です。生きていられますよーに!

Re: 夢中になるという事!

いつも楽しく拝見しておりまます。
もうすぐネギの収穫なんですね。
我が家でもネギを作っているのですが、
生育が悪く、このまま耕すかもしれません><
ちらほら冷夏の話題もでていますね。
本音と建前、難しいですよね。
できれば災害がないまま冷夏になればいいのですが・・・・・。
武蔵野種苗園のパンフに見開きで
アイスプラントの記事が載っていましたね。
私はあまり行動派ではないですが、
アンテナだけははっていようと思います。

コメントありがとうございます!

【きんちゃくさんへ】
思わず吹いてしまいました。天体観測返し・・・!笑

きんちゃくさんも日蝕を見逃してしまったんですね。無念。
次回の26年後ですね。

>うっすらアラ還です。生きていられますよーに!
 大丈夫ですよ!アラ還なんてまだまだこれからですって!
 26年後なんて医学の進歩で楽に100歳行けるかもですよ!


【beeniesanさんへ】
コメントありがとうございます!
路地のネギは来月には初出荷が出来そうです!
ハウスネギは太さが出ないのでもうしばらく掛かりそうな感じです。汗

冷夏・・・。
確かに、不作・豊作は米価に直結するのでなんとも複雑な心境です。
ちなみに、近年は温暖化の影響による高温で米の品質が下がる事が懸念されているので、適度な冷夏であれば逆に歓迎されるかもしれない様です。災害が起きず、過ごしやすい適度な冷夏がきますように・・・。

アイスプラント!
今度ブログにアップしようと思うのですが、
いよいよ実が出来てきました。真っ赤なルビーのような実です!
 



コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位