記事一覧

エコファーマー!

100パー業務的に製造されて送られてきてるのですが、知事から手紙が来たみたいで嬉しい・・・・。  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?




私、この度。



「地球に優しい農家」になりましたー! イエス!
P7210029.jpg
エコファーマーってやつです。 多分聞いたことある方も多いはず。


こんなマークをスーパーとか見た事ある方も多いはず。
mark[1]
これがエコファーマーのマークです。


そもそも「エコファーマってなんぞや?」と言いますと、
環境に配慮しつつ農地の生産力を維持・増進する、
「持続性の高い農業生産」を行う農業者の愛称です。









具体的には、
「土づくり」、「化学肥料低減」、「化学農薬低減」に取り組みます。

で、それらの取組みや栽培方式の計画等を書類にして、
農業改良普及所を通じて農林事務所に提出し、審査を通ると認定となります。



でもって無事申請が通ると、
県知事の名前の入ったこんな書類がやってきます。
P7210028.jpg
なんか、賞状っぽくてちょっと嬉しい。



私がこれを取得したのはJAさんの勧めでして、
ネギを出荷する際にエコファーマーのマークを付けて出荷する為に取得しました。

ここ数年のエコファーマーの増加率は目を見張るモノがあります。

平成17年には新潟県で1143人しかいなかったエコファーマーが、
平成20年にはなんと11751人! 実に10倍にまで増えました・・・!



この背景にあるのは、「エコファーマーなのは当然でしょう?」って空気みたいです。
制度が出来た当初はエコファーマーである事は付加価値だったらしいのですが、
今では付加価値と言うよりも、市場や小売店で「あって当然」的な扱いもあるらしいです。



勿論、「じゃあエコマークない野菜は駄目なの?!」なんてことは一切ありません。


上記に書いた、「土づくり」、「化学肥料低減」、「化学農薬低減」の
取組みの中身を、更に細かく見ていくと沢山の技術に分類できるのですが、その中には、
====================================
【土づくりに関する技術】
●たい肥等有機質資材施用・・・・・土壌診断を行い,良質なたい肥などを施用する

【化学肥料低減技術】
●局所施肥・・・・・・・・・・・・・・・・・ 化学肥料を根の周辺等に局所的に施用する

【化学農薬低減技術】
●マルチ栽培・・・・・・・・・フィルムや紙マルチなどで土壌表面を被覆して有害動植物を防除する
====================================
などの様に、多くの農家さんが既に以前より行っている栽培法も多く盛り込まれているんです。

農業普及所さんの指導も肥料や農薬など、環境に配慮されたモノになっています。
なので、しっかりやってる農家さんならば、皆取れるモノだと思います。


更に言うならば、こんなマークや認定がなくっても、
「環境に良くて当然」って農業全体で取り組む事が大事だと思います。
環境に配慮するのは他の産業だって一緒だと思いますから。



ちょっと、ペーペーのくせに知ったかぶって偉そうに語りすぎました・・・すいやせん!
明日は農大でテスト・・・ふぉぉおー! 完全にビビってます。汗  

頑張ります・・・!




各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)



==PS===============================
「有機農産物」についてのアンケートを作ってみました・・・!


※慣行栽培とは適時適量の農薬・化学肥料を用いた、通常の栽培を指します。

是非、皆さまのお声を教えて頂ければと思います。
何卒!一票をーー! 投票コメントも大歓迎ですー!
スポンサーサイト



コメント

Re: エコファーマー!

エコファーマーの認定とったんですね!
私も数種類の野菜のエコファーマー取ってますよ♪
初めは「付加価値のため」とか思って始めましたが、今は「当たり前」になってきました。
まあ、書類書くだけだし、栽培方法もちょっと気をつければ簡単にクリアできますしね。

ネギだけでなく、いろいろな野菜で申請できるので、最低でも4年に1種ペースで申請してけば、更新が楽ですよ(笑)

Re: エコファーマー!

すごいですね~~。
私も頑張ってとってみたいな~~

農大って試験があるんですね!!!
頑張ってください。

コメントありがとうございます!

【A-GYOさんへ】
ええ!まずはネギで取得しました!
ほんとに付加価値ではなく、基本の様な見方が強いのかな。と、
思います。

私の地域では共選出荷する際の箱に既に印刷されているので、
これを取得しないとJAから出荷出来ないのです。汗

今後新しい作物を導入するにあたっても、
必要に応じて徐々に申請を増やしていこうかなと思います。
米も取ってみようかな。


【うりぼうママさんへ】
農協さんや普及所さんに指示を仰げば、
書類の準備をしてくれると思いますよ。

新潟県の農大でも、研修生でテストを受けるのは私達だけですね。汗
月1、週1などのコースの方はテストは無いのですが、私の選んだコースは野菜総論など幾つかの学科で1年を通して単位を取得するので、数回の試験があるのです。汗

久しぶりの「テスト」って言葉に戦々恐々でしたが、
無事終わりました。ホッ。汗

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位