記事一覧

イチゴ狩り!

ちびっ子は常に私の想像の斜め上を行きます。子供は皆、天才です・・・!  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?



いちごの収穫がまっ盛りです。

ウチでは、ばあちゃんがちょこっと畑にイチゴを植えているのですが、
コレが結構な収量を出します。 


最盛期である最近は、毎日バケツに2杯くらい・・・汗


ミキサーを回しても回しても、
なかなか呑み切れません・・・。 ウエップ。



そこで一つ、この機会に以前より将来的にやりたいと思っている
農作業体験のデータ獲りの為に、「ちびっ子に収穫させてみよう」と思い立ちました。


ってことで、非農家の友人で、尚且つ小さい子供のいるパパどもにオファー。
早速、イチゴを狩って頂きました。


友人Mのお坊ちゃん。
終始、イチゴにしゃぶりついてました。
P5290154.jpg
途中、虫食いや痛んだイチゴまで食おうとします。 それは食べちゃダメ―――!!
目が離せません。気が抜けません。



友人Iのお穣ちゃん。
お利口さんです。せっせと収穫していました。
P5300008.jpg
けれども最後まで私に心を開いてくれません。
「ほ~らイチゴだよ~」という私の誘いに全く乗ってきません。
ノーリアクション! おじさん、ちょっとショックよ!



まあしかし、みな楽しんでくれたようでした。
P5290165.jpg
良かった良かった。


レジャーの基本は、何より子供が中心である事だと思います。
友人たちも、親になってからアウトドアに関心が高くなってきた様に思います。

親が子どもに色々な経験をさせたいと思う様に、
私も次世代を担う子供たちに農業にもっと接して貰いたいな、と思います。



自分が今後、農作業体験を企画するとしたら、
当面は田植えや稲刈りなどの稲作に関連する作業になるかと思います。

その際は楽しんで貰う事と一緒に、いかに農業に関心・興味を持って貰えるように、
こちら(生産者)側が発信できるかが大事だと思います。
(ちびっ子はある程度大きくならないと難しいかもしれませんが。)



弥彦は豊かな自然だけでなく、温泉街などの観光施設も備えた農村です。
絶対に、農業を観光資源としてもっと育てていく事が必要だと思います。

最近、村内の農業法人や旅館組合、JAからも
農作業体験に向けての動きを、ちょこちょこ聞きます。
是非是非、農業で弥彦を活性化させて行きたいですね・・・!



その時私は、「子供以上にはしゃぐ生産者」として頑張ります。




各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)
スポンサーサイト



コメント

農業体験、素晴らしいと思います!
子供はお外大好きですもんね!ウチの娘(3歳)も一日中バァチャンの畑で走ったり、木に登ったり、さくらんぼを食べたり。大忙しです。

田んぼで泥まみれになるのもいい経験だと思います。稲刈りはチクチクでカイカイ(痒い痒い)にならないかママ的にちょっと心配ではありますが。。。

Re: イチゴ狩り!

お子様たち、楽しいいい経験したんだねぇ。
これからの時代は農業よね!

体験農業とかでどんどん弥彦が活性化していくといいなぁと思うよね。
うちは非農家だからお役に立てないですが…(-_-;)

ぜひともちびっ子たちには命を削ってお乳をだしてくれる乳牛とかお肉になってくれる牛ちゃん、豚ちゃん、鶏ちゃんなどなどにも触れ合う農業体験してほしいなぁ。

作物、畜産含めてホントの「食育」が大切だよね。「私たちは命をもらってるんだ」って。

こんな事を言ってはあれですが、子供が農業体験をする事で、大人の思惑とは違う方向に興味を持っても面白いなーと。思ってます。
土を触る事によって、科学的な興味が沸く…とか、イチゴを摘んで芸術に目覚める、とか。農作業よりも虫が気になる、とか。そんな事より空ばかり気になる…とか。

農業体験は、食育や環境問題について学べるだけじゃなく、子供が何か発見出来る場でもあって欲しいものです(^Å^)

コメントありがとうございます!

【きんちゃくさんへ】
イチゴ狩りにきた子供たちも大騒ぎでした。
何故か途中で踊りだしたり。笑

稲刈りはチクチクとの闘いですからね。
私も凄くあれ苦手です。全身が切なくなります。

首にタオルまいて、稲刈終わったらすぐシャワー浴びて!
カワイイ子には成長の為の試練として、チクチクさせましょう・・・!

【ku-.さんへ】
そうですね。
現代では生産現場と消費者が接する場面が殆ど無いので、
子供達には命を貰っている実感や、食物への感謝も感じて貰いたいですね。

ちょこっと話は変わりますが、
私自身も勉強の為に「いのちの食べ方」っていうドキュメント映画を今度見てみたいと思っています。
大人も子供も、とても勉強になる映画らしいです。

【兼業農家嫁さんへ】
いや、それ分かります!

食物や自然、人間以外の動物に触れたりする事で、
感受性が豊かになってくれたらいいなと思いますし、
農業にはそんな力もあると思います。

アウトドアや農業体験を子どもと一緒に取り組む親御さんたちは、子どもに色んな面で成長して貰いたいと思っているのかも知れません。

私も、受け入れ側として子供達に何か気付きや発見を与えられる生産者になりたいですね・・・!

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位