記事一覧

スズメがチューーーーン。

対スズメ用の勇気を下さい。何卒応援を! → ブログランキング現在の順位は?




稲の種まきをしてから今日で14日目。
相変わらず、ぎゅんぎゅん苗は成長してます!

水もちゃっぷちゃっぷと、だいぶ深くなってきました。
P4220143.jpg
天気のいい日は、1日で1センチ近く伸びてるんではなかろうか?
既に8~10センチほどになりました。 こーの育ち盛りめー!


田植えは5月頭、早ければ来週中に行う予定です。
12~15センチ程まで育ったら植え頃。
P4220146.jpg

そんな家康~三河ハウスにカワイイお客がやってきました。
「ちゅん、ちゅん」 スズメさん達です。


いやー小鳥って、ほんと可愛いですよね。
見ているだけで心が和みます。 ネギを引っこ抜くイタズラカラスどもとは大違い!




すると次の瞬間、
スズメさん達が稲の苗を引っ込抜きながら飛んで行きました・・・。




お前もかーーーーい!!!




お米が大好きなスズメ達は、
この苗の根元にくっ付いている種籾を食べているのです。
P4220147.jpg


そんなスズメ達は追い払われても、家康ハウスに潜り込むチャンスを
虎視眈々と近くの電柱の上から狙っています。
suzume.jpg
まったく、なんたるお米への執念だ・・・・!
そりゃあ糊まで食べて舌も抜かれるわ(舌きりスズメ


しかし、私はイジワルお婆さんの様にすずめに仕返しする訳ではなく、
人間らしく、「知的」に撃退する事を考えます。


スズメ共の行動を観察していると、
必ずこの家康ハウスの換気窓の淵に着地してから中に侵入します。
P4220148.jpg
なぜか奴らは、隙間を飛んで通り抜ける事が出来ない様なのです。


そこで・・・・・イッツショータイム!
P4220149.jpg
すずめが着地出来ない様に一本紐を走らせました。
あら不思議、コレで奴らは侵入できません。


熊本城の武者返しならぬ、家康ハウスのスズメ返し!



最後に、
育苗プールのハウスの中には何故かアメンボが沢山居ました。
どっから入ってきたの? 汗
P4220137.jpg

アメンボの名前の由来って知ってます?
確か味だか臭いだかが「飴」に似てるからなんですって。




早速、検証してみましょう!




って訳には流石に行かなくて・・・・。
近くで見ると意外にグロくて・・・・・。



根性なしで、ごめんなさい。  
くふぅっ・・・!!



各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


投票開催中============================

投票、ありがとうございます・・・!
これを励みにブログ頑張ります。投票コメントの内容も今後ブログに反映したいと思います。
※今度ばあちゃんに張り付いて、特集組みますよ!


こちらの投票サービスは、携帯から読まれている方には表示されないようです。
申し訳ありません。汗
スポンサーサイト



コメント

Re: スズメがチューーーーン。

山形県の農家さがえファームと申します。参考にさせてもらいながら楽しく読ませてもらってます。新潟は連休に田植えですもんねーー。こちらはやっと今日種まきです。

Re: スズメがチューーーーン。

必殺「すずめ返し」すごいですね。
勉強になりました。
なんか鳥は細い糸が嫌いみたいですね。

アメンボの名前の由来の検証!
言われてみれば
飴のような匂いがするような・・・

Re: スズメがチューーーーン。

ウチもスズメのチュン太がいたずらして困ってます
社長は 「殺せーーーーーーーっ!!!!!」
って豹変してます\(◎o◎)/!
こんな撃退方法があったんですね!
ほんま勉強になりまっす!

Re: スズメがチューーーーン。

【さがえファームさんへ】
コメントありがとうございます!
山形!さくらんぼは私も大好物です!

やはり地域によって大分作業に差がありますね。
新潟は来週田植えです。
明日、田んぼに早くも水が入ります。

今後も宜しくお願い致します!

【有職30歳@福岡さんへ】
そうなんですよ、あの不安定な感じが嫌なんでしょうかね?
それとも彼らには見えにくいのでしょうか?

アメンボの検証は凄く興味があったのですが、
手に取ってみると想像以上にグロくて、
次の瞬間そっと逃がしていました・・・。

自分はチキンやろーです。涙

【ゆたかマンさんへ】
社長の気持ち、わからんでもないです!
※実際には殺しませんが。笑

虫も鳥も、出来るだけお金も労力を掛けない方法で、
傷つけない様に共存出来れば一番いいのですよね。

しかし、それが出来ない時には容赦なく駆除せねば。
キレイごとだけではやって行けない自然の掟=農業!
ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位