記事一覧

銀杏の食べ方はこうです

今年も銀杏のシーズンがやってきました。
DSC_0994.jpg
秋の味覚! 大好きな方も多いのではないでしょうか。
私も大好きです。

・・・が、銀杏と言えばあれがめんどくないですか?

あれです。


殻むきです。
剥くのは大変、食べるの一瞬です。


封筒に入れて電子レンジでポン!もありますが、
やっぱり仕上げは手で剝かねばならなくてやっぱり面倒です。
出来る事ならば食べる専門の人でいたいですよね。


どうすれば簡単に殻を剥けるか。

あれこれ試した結果、もっともよい道具がこちらです。
DSC_0997.jpg
プライヤー。
皆さんのご家庭にも一本はあるはず。

この交差してる「支点」のところの長孔をグリってずらして
「作用点」のところが挟まりきらないようにします。
DSC_0998.jpg
こうすることで銀杏が潰れないのです!

でもって銀杏がずれないようにギザギザのところで挟みまして、
DSC_0999.jpg

「力点」をぐん!

銀杏パッカーン!
DSC_1000.jpg
(それを30回も繰り返せば・・・・)


はい! この通り一瞬です!
DSC_1001_20211103223458e04.jpg

割ったら次は調理です。

銀杏農家である私があれこれ試した結果、最もうまい至高の食べ方がこちらです。

油をちょいちょい。
DSC_1003_202111032234590db.jpg

ラップしてレンチン。
DSC_1004_20211103223501c8c.jpg

ワットとか時間とか小難しい設定はいりません。
「あたため」とか「自動」とか勝手に動くボタンを適当に押してください。

レンジが ピー と言ったら蓋を開ける!

ラップをはがして塩を振る!完成です!
DSC_1007_20211103223502a81.jpg
私は薄皮もそのまま食べます。
油のおかげで皮もパリッとして香ばしくてむしろうまい。
油のおかげで塩も適度に馴染みます。


おっふ・・・翡翠色の銀杏が美しい・・・
IMG20211023195301.jpg

うまい! 

ぱぁん!(柏手)



石井農園の銀杏は期間限定(売り切れ次第終了)で
農園HP、弥彦村内の直売所で販売しております。

是非、ご賞味くださいませ~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位