記事一覧

石灰まき

応援クリック頂けると嬉しいです。 → ブログランキング現在の順位は?




夏ネギが種をまいてから今日で64日目となりました。

今週の月曜のことなんですが、ネギの準備として
植える予定の田んぼに石灰やようりんを撒きました。

P3240061.jpg

普及委員さんに土壌調査してもらったらこの田んぼのPHは4.7。


PHってのは酸性やアルカリ度数を図る数字なんですが、
少ないほど酸性で高いほどアルカリ性です。 中性は7。

ちなみに4.7ってPHは身近なモノだとソーダ水位の酸度らしいです。


稲にはPH4.5~5.1程度がベストらしいですが、
ネギを栽培するには少なくとも5.7~のPHが欲しいトコロ。

なのでアルカリ性の石灰を田んぼにブチまいて中和させることで
PHを上げてやろうって魂胆です。






今回は夏ネギ定植用の田んぼ10aに石灰200キロ、
ようりん20キロをブチ撒きます。

石灰ってのは学校のグランドとかにまく白い粉の事。

でもって私の田んぼには苦土石灰(くどせっかい)ってのを撒きます。
これは石灰にマグネシウム(苦土)が混ざってるから見た目は黒いのです。
P3240063.jpg

見た目が黒いのでグラウンドの線引きには使えませんが、
苦土石灰は土にマグネシウムも供給できますし、
このあとスグに作物を植える事も出来るのです。

まんまの石灰は作物に掛かると枯らせてしまうので、
苦土石灰の方が手軽、かつ安全に使えます。



でもってこっちがようりん。
黒や緑の結晶がキラキラしています。 勾玉とかを粉々に砕いた感じです。
P3240068.jpg

調べたところ、ようりんとは、

==================================
リン鉱石に蛇紋岩等の苦土含有鉱物を混合し、
1350~1500度Cで熔融したのち、高圧の冷水を接触させて急冷・水砕したもの。
==================================

とのこと。

どうやら勾玉を砕いたモノではなかったです。
これは土をアルカリ性に中和してくれたり、作物を丈夫にしてくれる効果があります。




でもってこれらをじいちゃんの山でも使ったサンバーって
背に担ぐタイプの道具に入れて均一にブチ撒いて行くのですが
これが一苦労・・・・!

P3240065.jpg

サンバーの中に20キロもの石灰を入れて足場の悪い田んぼの中を歩く訳です。

長靴には厚底か!?って言いたいほど土がくっついてくるので非常に足も重くなり、
全身の筋肉が悲鳴を上げそうな感じです。 折角だからプロテインが欲しい。





肥料撒きが終わり、これでいつでもトラクターで耕せます。

実はもう既にネギは定植(畑に植えること)適期なのですが、
今日になっても肝心の田んぼが乾かなくってトラクターで耕せないのです・・・・・。


ここいらの田んぼは粘土質なので、しっかり乾かないと土を細かく耕せないのですよ。
作業予定が天候に左右されるのも農業の大変なところですね。


うーむ、日照りの祈祷でもしてみようか?
早く田んぼよ、乾けぇぇぇぇい!!





各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)







スポンサーサイト



コメント

Re: 石灰まき

作業風景… 果てしないっすね(;一_一)
最近身体を動かす作業が増えて全身痛いっす(T_T)
もう歳かも…
でも先輩ノウミン方は私の何倍も動いてます!
ノウミンって タフっすねー( ^^) _旦~~
がんばらねば!

Re: 石灰まき

サンバーって初めて知りました。
均一に撒けますか?
自分のところは肥料や苦土石灰もバケツに入れて、
手で撒いてます。
常々、均一に撒きつつ作業効率をアップする方法を
考えていたので気になります・・・

コメントありがとうございます!

【ゆたかマンさんへ】
写真の手前までの部分が夏ネギ用の10aで、
奥の田んぼが秋冬ネギ用の20aですね。

ホントに農作業になれた方々は
体の使い方が上手いのか凄くタフですよね。
私も50代の親父に負けないタフさを身につけなければ。

これから暑くなるとなおさら体力が必要になるので、
お互いバテないように頑張りましょう!


【S138】
やはり撒き方にもコツがあるのでムラをなくすためには
神経を使いますが、手撒きに比べれば数段早く撒けます。

更に早く撒こうと思ったら動力散布機になると思うのですが、
エンジンの付いてないサンバーの方が、
軽くて(多分これ自体はパイプも含めて2キロ位)・安くて
(確か1万円位だったと思います)お手軽だと思います。

お勧めです!

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位