記事一覧

2019年産コシヒカリ 新米予約 開始しました!

7月末の弥彦村。
梅雨が明けて、強烈な日差しが降り注いでいます。
いよいよ夏本番です。
20190727_093723.jpg

早生品種の田んぼでは、すでに沢山の稲穂が顔を出しています。
20190727_094112.jpg

稲穂が風に揺れています。
まだ出穂したばかりの穂は、まっすぐ上に伸びた状態で風に揺れています。
20190727_094141.jpg
これから穂の中身が充実するにしたがって、徐々に頭を垂れていきます。


コシヒカリの田んぼではまだ穂が見えませんが、
前回の生育測定と同じく、茎を割ってみると・・・
20190727_093857.jpg
大きく成長した真っ白な稲穂が詰まっていました。
来週には、コシヒカリも出穂すると思われます。

これから1カ月は稲穂が太る大事な時期です。
水管理に一層の注意を払いながら、稲刈りに向けて乾燥機やコンバインの整備を
行っていきます。


そして、例年より少し早いですが、
【2019年産 新米コシヒカリ】 の予約を開始しました。

今年も9月30日までの期間限定で、新米を予約してくれたお客様には
送料無料・もち米2合のおまけ付きで新米を発送させて頂きます!

ご予約は石井農園のHPよりお気軽にどうぞ!

例年、10月1日から新米を発送させて頂いておりましたが、
今年は栽培面積増加によって稲刈りが長引くことが予想されるため
10月10日からの新米発送とさせて頂きます。
※到着日指定のお客様は、確実に到着できるように10月13日以降の日程で
  ご指定頂くようお願いします。

この機会に是非、石井農園のお米をご賞味頂けたら幸いです。
何卒、宜しくお願い致します!





スポンサーサイト



コメント

水の管理って大事なんですね。そんなことはかつて考えたことがありませんでした。
同時に機械のメンテナンスも。
米作りしている知人が 忙しい と言っていて、疲れている感じなのも頷けます。

美味しいお米が出来ますように。

コメントありがとうございます。

【ずーさんへ】
コメントありがとうございます。

この時期は水を切らすことが出来ない、一番大事な時期ですね。
ここで水が足りないと、品質・収量に直結します。

暑さも手伝って、しんどい時期ですが
実りのあきは目前ですのでもうひと踏ん張り頑張ります(^-^;

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位