記事一覧

もみ殻捨て装置2。


いよいよ9月入りました。

雨が続いてなかなか稲刈日和となりませんが
石井農園でも今週末より稲刈りを開始する予定です。

来るべき稲刈に備えて新たに作ったもみ殻捨て装置です。
DSC_0060_201409012134107ea.jpg
稲刈では刈取~乾燥~籾摺~もみ殻捨て~を効率よく行わないと
作業が止まってしまいます。 

特にもみ殻捨ては結構バカにならない重労働でして。

今回もトラクターの整地キャリアの爪部分を活かして、
そこに単管とベニヤ板を組み合わせて枠を作りました。
これでもみ殻を運んで稲刈の終わった田んぼに撒きます。

前から見るとこんな感じ。
DSC_0064_20140901213358366.jpg

中はこんなになってます。
もみ殻を運搬するときはこの状態。
DSC_0061.jpg

田んぼでもみ殻を散布するとき。
DSC_0062_20140901213947972.jpg


沢山もみ殻を排出したいとき。
DSC_0063_201409012139434ed.jpg
底の部分がスライド式の窓になっており、
もみ殻を撒く量を調節しながら排出できます。

以前に作ったもみ殻散布機よりも大幅に運搬量がUPしました。
更に昨年作業場の2階に作ったもみ殻貯蔵庫と組み合わせることで
もみ殻の積込作業も格段に楽になります。(落とすだけ!)

今からもみ殻捨てが楽しみ・・・・じゃなくて、稲刈が楽しみです!
スポンサーサイト



コメント

Re:もみ殻捨て装置2。

あら。
これはイイ
2階から、ドバーン面白そうですね。

Re:もみ殻捨て装置2。

ヒエやクログワイの難雑草は生えてないの?
生えていると種とか撒くことになりませんか?

コメントありがとうございます。

【斉藤さんへ】
コメントありがとうございます。

2階に作ったもみ殻貯蔵庫と合わせて、かなりもみ殻捨ての
作業が省力化されました。

ただ、まだまだ改善が必要な点もありますので
来年・再来年に向けて冬のうちにブラッシュアップしていきたいと
思います。


【seiendonさんへ】
コメントありがとうございます。

うちの田んぼではヒエは出ておりますがクログワイは
あまりありません。

確かにもみ殻を返すと雑草のたねなども心配になるところですが
今のところ通常の除草管理で問題なく抑えております。

本当は燻炭にしてから返せばベストなんでしょうけども
なかなかその手間も時間もかけれないのが現状です(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位