記事一覧

石灰施肥。

今年、田んぼの元肥散布に合わせて
一部の田んぼに石灰(カキ殻:有機石灰)を散布しました。
DSC_0019_20140413085214f3a.jpg
理由は「稲の根っこに鉄をつきにくくし、白く健全に保つため」です。

ざっくり説明すると、田んぼが酸性に傾いていると
酸性の環境では土中の鉄が移動しやすい状態になり、
稲の根から出る酸素に鉄が結合して根の表面に酸化鉄の層を作ってしまうのです。
そうすると根の表面に赤い色がつき(さび)、根の養分吸収を妨げる要因に
なるそうです。

確かに、中干前の稲を引っこ抜くと稲には赤い根が見られます。

根の表面の酸化層対策として、アルカリ資材(石灰)をまいて
鉄が動きやすい酸性の土壌を中和するのです。

一般に稲はやや酸性の環境を好む~という話もあるので、
鉄が動きにくく、稲にとっても心地よい環境を目指して石灰を振りたいと思います。

農業は気候など毎年外部の環境が異なるので、
新しい取り組みの効果を検証しにくいのですが
何年か続けて他の田んぼと比べながら、効果の程を
見極めていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

Re:石灰施肥。

石灰…
一度も入れた事ありません(^^;)

でも今年は猛暑対策の為
元肥以外にケイ酸を入れました

コメントありがとうございます。

【オーシマさんへ】
コメントありがとうございます。

私も今年初めて石灰を入れました(^^ゞ
今年の秋には稲わら分解を促進するための
微生物資材をいれて秋ぶちしてみたいと思っています。

また、石灰の効果については後日
調査してブログに乗せたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位