記事一覧

ネギの畝割作業。

ここ最近、ネギ畑の作業をせっせと勤しんでおりました。
追肥、防除(殺菌・殺虫処理)、草取り、土寄せです。

特に土寄せに関しては、ネギに土を寄せつつ畝間をガッツリと掘り下げる
「畝割」を行っておりました。
P6290039.jpg
畝の深さをネギの根本より深く掘り下げる事がポイント。
畝割をする事でネギの根を空気に触れやすくし、湿害リスクを軽減する事が出来ます。

今年の新潟は空梅雨で殆ど雨が降りませんでした。
おかげでネギの生育も遅れ気味です。

しかし、昨日からいっきに雲が広がり始め、本格的に梅雨らしい天気となってきました。
恵みの雨だ!・・・・と、言いたい所ですが、降り始めると今度は止まらないから怖い。

今このときも結構いい雨が降っておりますが、
天気予報では明日も大雨確実。 


いよいよ来やがったか。って感じです。
毎年この位の時期に必ず大雨が降って畑が潅水します。
(雨が降り過ぎると排水路の許容量を超えて、水が逆流します。汗)

酸素要求量の高いネギにとって大雨は大敵でして、
特に私の様に水はけの悪い転作田でネギを栽培する者にとっては
もっとも神経を使う問題です。

去年、甚大な湿害を経験したことにより、今年は浅植の徹底、
排水路と植え溝・畝間の直結、畝割もしっかり行いました。

あとは人事を尽くして天命を待つ。
今年は大雨の時期をなんとか無事に乗り越えたいと思います・・・!



※ちなみに、ネギの畝割を行う際にネギがまだ小さいと作業が思うように出来ません。

土をガッツリ掘り上げたいけど、土を沢山掘ればその分土がネギに掛かります。
まだネギが小さいと、その土に埋まってしまい生育が阻害されてしまうのです。

そこで、この様に管理機の周囲を肥料袋で覆ったところ、
見事にネギの根本まで土を飛ばさずに(畝の肩だけ盛り上げる)畝割する事に成功。
P6290041.jpg
畝割・土寄せが上手に出来たのは、新しい管理機の性能も大きいと思います。
マメトラさんに感謝・・・!


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

畑作業お疲れ様。
雨は大丈夫かな。

私は今日新農業人フェア行って来ましたー

Re: ネギの畝割作業。

こんばんは
溝の幅が広いように見えますが、幅広のローター(30-34cm)を付けているんですか?
うちの方は冬場土がかなり固まり初期で馬力の小さいスコッパーだときついので26cm付けています。(30-34cm)夏場は試してみたいですが…。

ネギの葉いい感じですね。こちらは殆どの農家さんがベトにやられてます。

コメントありがとうございます。

【otoutoへ】
コメントありがとうございます。

雨は思ったよりひどくならずにすんだよ。
今の所湿害の兆候も無くて一安心です。

農業人フェアはどうだったね?


【ひでさんへ】
コメントありがとうございます。

そうなんです、私のスコッパーは刃の幅が
30-34のをつけています。

ネギの畝幅も110センチです。
※新潟のネギ畑は水はけの良い砂丘地で1Mが標準に
 されていて、転作田などの畑では110~130センチで
 畝間をとる様に指導されています。

こちらのネギはベトの被害は収まってきているのですが
いよいよ軟腐がみられる様になってきました。汗

被害が最小限に収まるよう、防除を頑張ります^_^;

Re: ネギの畝割作業。

お疲れ様です。作業順調のようですね。鹿児島は今、記録的豪雨に見舞われています。合間を見て防除をしているのですが・・・

ところで石井さんは管理機のロータリーは何種類お持ちですか?

私も管理機2台で使っているのですが参考までにお聞かせ下さい。幅など

こちらは畝幅は今までずっと110だったのですがもう少し狭くしても良いような気がして105センチでやっています。

来週は機械展示会があるので新しい管理機をじっくり見てこようと思っています。

コメントありがとうございます。

【しげさきさんへ】
コメントありがとうございます。

九州の大雨、トップニュースで報道されていますね。
今夜も雨脚が強まるとの事でとても心配しています。汗
作物も心配ですが、どうかお怪我の無い様に・・・。

管理機のロータリーについてですが、
写真のネギスコッパーは30-34センチ幅の刃と
片あげ用の刃のみです。

その他に中耕用として古い管理機に
ドラムロータリーをつけています。

私も今は畝間を110でやっているのですが、
もし100にするのであれば刃の幅ももっと狭い方が
いいですよね(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位