記事一覧

ズッキーニ栽培2012.

もひとつ、今更ながらのアップ!


今年(2012年)直売所用にひっそりと育てていたズッキーニ。
P6210118.jpg
この前「お、花が咲きだしたなー」なんて思っていたら・・・


あっという間にこの大きさ。
P6210119.jpg
ちなみに、ズッキーニは通常20センチ位の大きさで収穫するらしいのだが、
それよりも大きく育ったものを本場ではズッカと呼んで食用にしているんだとか。

ズッキーニはでっかくなっても美味しいから、
個人的にはでかく育ててから収穫したいところです。


シーズンを終えてからの感想としては、
ズッキーニは収穫が始まってから大体1月くらいで着実のピークを過ぎ、
木が弱りだして、実のなりがわるくなっていきました。
※私の管理の未熟さもおおいにあると思いますが。汗

なので夏の間品を切らさないようにするべく、
2013年は種を段播きして初夏~初秋までの間ズッキーニを切らさずに
出荷出来るように取り組みたいと思います。


スポンサーサイト



コメント

Re:ズッキーニ栽培2012.

本場ってどこらや笑
この前職場に「ユリ根の産地ってどこですかね?」って電話かかってきたけどくそ忙しかったし酔っ払いだったから華麗にスルーしてしまった。

Re:ズッキーニ栽培2012.

あとね、農家の労働時間ってどんなものか適当でいいので教えてください。ふと気になった。

コメントありがとう。

【otoutoへ】
ズッキーニは原産が南米、そしてズッキー二と言う名前はイタリアでつけられたらしい。
ちなみに、今の形への品種改良もイタリアでされたらしいから本場はイタリアとなるでしょう。

労働時間についてはかなりシーズンでムラがあるけど、
冬場の労働が極端に減るこのあたりの地域では
年間で均せば1日8時間以内に収まるだろうな。

サラリーマンに比べると自営業者はやはり
時間の融通がきくからその辺は負荷が少ない。

その代り、仕事の性質上一日まるまるの休みは
取り難いから、遠出ができないのが課題かな。

栽培作物によっても多少は変わってくるので
あくまで参考程度に。

Re:ズッキーニ栽培2012.

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位