記事一覧

農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

先日、農機具屋さんや農機メーカーさんとお話する機会が会ったのですが、
その際に「農機を洗う時はエンジンを掛けながらした方が良い」というお話を聞きました。

そーなのか!?知らなかった!

今までそんなことは全く意識しておりません(基本エンジンを切ってた)でしたが、
新しい管理機を買った事もあり、早速聞いた情報を実践しながら掃除をしておりました。
P5240071.jpg
しかし、「はて?なんでエンジン掛けたほうがいいんだろう?」と
機械を洗いながら疑問が沸いてきました。

たしかおっちゃん達は、
「エンジンを掛ける事でマフラーとか排気部への水の浸入を防げる」的なことを
言っていた気がするのですが、それだと逆にエンジンを掛ける事で気流が生まれ
吸気部から水を吸い込む事になるのではないか?とも思います。


うーむ、洗浄時にエンジンを掛ける・掛けないはどちらが正しいのか?
洗う部位(例えばロータリー部・足回り・本体カバー周辺とか)によって違うのか。
それとも農機の種類(トラクター・コンバイン・田植え機・管理機とか)によって違うのか。

つーか、どっちでもいいのか。


皆様、農業機械はどうやって洗っておりますか?(^^ゞ


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

吸気部分を避ければいいのでしょうが、それならば同じ事で
排気部分に入らない様に気を付ければ同じと思います。
私は、ガソリンが勿体ないので切って洗浄しています。

新しい管理機の使いがってはいかがでしょうか?
私もマメトラの古いタイプ(今でも売ってますが)使っていますが重くて使いづらいです。

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

トタクタのロータリやハロー、田植え機の爪の所、コンバインのカッターの辺りを洗う時はエンジンをかけて動かしながら洗ってます。水際刈りのバリカンは刃を水の中に洗います。
ま、エンジンに水が掛からなければいいと勝手に判断・・
(゜ー゜;Aアセアセ

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

特に意識していませんでしたが、大雨の中で作業していると思って電気系統だろうがエンジンかけっぱなしだろうが気にせず洗ってます。
ロータリーや田植え機の爪やコンバインの刃などは動かしながらのほうがよく洗えるのでエンジンかけて洗ってます。
本当のところ農機具の正しい扱い方がよくわかりません・・・^^;


Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

こんばんは、私も↑と同じくガソリンがもったいないからエンジン止めて洗います。それに血液を頭に集中させて仕事した後くらいは静かに時を過ごしたいので心静かに洗浄します(笑)。定植機を水洗いしてたらメーカーから「ゴム部の劣化が早くなるから水はかけないで」なんていわれちゃいました。「だって泥着いてんのに水洗いしたいぜよ」と、ジャブジャブ洗ってます。どれが正解かってほんとわかりませんですよね。

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

エンジンかけたまま洗浄って初耳っす(^^;)

今まではエンジン止めて
水はエンジンに極力かからない様に気を付けて
洗ってました
唯一エンジンかけた状態なのは
田植え機の植え付け部を洗う時のみです

コメントありがとうございます。

【かまさんへ】
コメントありがとうございます。

そうですよね、結局吸気・排気
共に気を付けて洗うのであれば
エンジンを掛けなくても一緒ですよね(^^ゞ

新しいマメトラは快調です。
車体も軽いので疲労が少なく感じます(^-^)


【砂糖さんへ】
コメントありがとうございます。

作業機によってはエンジンを掛けて・・・ですか。
皆さんのコメントを読んでいる感じだと
特に洗浄時のきまりは無いようですね(^^ゞ


【あねさんへ】
コメントありがとうございます。

確かに雨の中でも作業を行う事を考えると
最低限の防水機能は備えているんですよね。

慎重になり過ぎる事もないのかもしれませんね(^^ゞ


【浜本さんへ】
コメントありがとうございます。

確かに、ガソリンが勿体ないですよね。
ただでさえ機械を洗う時は水も使うのに(^^ゞ

劣化が早まるから水で洗うなってのも
勉強になります。 
でも、泥が付いていても劣化しそうですもんね。
洗いたくなる気持ち分かります。


【オーシマさんへ】
コメントありがとうございます。

なんと!オーシマさんでも初耳ですか!
この話は農機具屋さんの一般論では無いようですね。

私も今後、エンジンを止めて
エンジンに水が掛からないように丁寧に
水洗いをしたいと思います(^^ゞ

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

エンジンかけながらで正解です
水洗いしてるともしエンジンにかかってしまった場合
たまにエンジンがかかりづらくなる場合があります
かけながらしたほうがいいでしょう
マフラーへの水侵入も防げますし
吸気するときに吸ってしまうことは滅多にありません
ので安心して洗車してください

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

エンジンを掛けてというのはスパークプラグなどに水がかかり漏電する場合には熱で速く乾きトラブルを軽減する利点があります。トラクターなどはディーゼルだから論外です。作業機に泥が付着して角度を変えながら洗わないと綺麗に落ちませんよね。エンジンをと言うのは作業機を徐々に動かしながら洗うという意味にとったのですが間違いかな?。ただし、これは指などを挟む恐れがあるのでやっぱり停止した状態で洗うのが危険防止の観点からは正しいでしょう。マフラーへの水の浸入が懸念されるならカバーすれば良いのです。
ゴムの劣化云々が目につきましたが、有機溶剤なら兎も角、水で劣化するようなゴムは使用していない筈です。

Re: 農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。

突然、お邪魔します。 
 機械ものが、怖い私にとって、エンジンを切るが、絶対です。コンバインに角刈りした、稲を食わせるのも恐る恐るやっている始末です。                洗浄は皆さん上水道でしているのですか?水路の水をポンプであげて?                    織田ゴム長さんのネームがとっても受けたので参加させてもらいました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【農業機械の洗浄はエンジンを掛けながら。】

先日、農機具屋さんや農機メーカーさんとお話する機会が会ったのですが、その際に「農機を洗う時はエンジンを掛けながらした方が良い」というお話を聞きました。そーなのか!?知ら...

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位