記事一覧

田植え後の補植(ほしょく)作業。

稲作ってのは作業の殆どが機械化されている訳で、
田植えも今では機械(田植え機)で一気に植える事が出来ます。

でも、やっぱり所々に手作業ってのが存在します。
P5070181.jpg
これは補植(ほしょく)と呼ばれる作業で、田植え機が植えられなかった所、
植えそこなった所を人の手で植えていく作業です。

基本的には田んぼの出入口(多分新しいタイプの田植え機なら出入り口も植えられる?)と、
田んぼの前面と後面(田植え機がターンするあたり)の補植が中心。

自分が就農したばかりの頃は、田植え機で植え付けが終わった後の田んぼを
くまなく歩き回ってなるべく全ての欠株を補植する様にしてました。

けど、田んぼの全てを歩きまわるのは時間もかかるし体力的にもしんどい事、
多少の欠株ならばその分回りの株が良く生育する為に収獲量にさほど変わりがない事を知り
補植は要所要所だけを行うようになりました。


昔の人は田んぼの全てをこうやって手作業で植えていたと思うと本当に頭が下がります・・・!


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

Re: 田植え後の補植(ほしょく)作業。

ウチでも捕植(うせ直しと呼んでます)を父親とやりました
俺は四隅とマクラとのつなぎ目で空いたところだけやれば良いと思ってますが

ウチの父親は毎年こう言います
田植え直後
「難儀っけ四隅だけ」
いざやり始めると
「外周の5条(機械が5条植えの為)だけやる」
外周回った後
「まだ苗が余ってるっけ苗全部使うまでやる」

結局、田んぼの中は足跡だらけになります(^^;)

Re: 田植え後の補植(ほしょく)作業。

やりましたよ田植え(手植え)子どもの頃。周り近所が集まって、田植えもだけど大人がたくさん集まるということに何故かワクワクしてましたね、休憩のときのおやつが目当てだったのかも知れません。
>「まだ苗が余ってるっけ苗全部使うまでやる」
これ、すごくわかります。ねぎ苗でもそうですが、丹精込めて手間ひまお金をかけて作ってきた苗を余ったからって捨てるにはちょっと…で、無理やり補植して結局細いねぎになっちゃったりしてアウト、わかっちゃいるけど捨てられねぇ~。

Re: 田植え後の補植(ほしょく)作業。

私の家の田植機、15年ほど前のモノですが、四隅も綺麗に植えて補植無しですっ!
やり方は、畦際から植え付けを始めるのではなく、田植機の植え付け幅×1~2つ分を空けてから、植え付けを始めます(隣接植え)。隣接植えが終わったら、圃場を1~2周植え付けながら回って(周回植え)、終わりです。
「1~2」と書いたのは、田植機の植え付け条数によって変わるからです。私の田植機は4条植えなので、圃場を2回回る必要があります。8条植えだと1回で済みます。6条植えは計算した事がないので、分かりません。

Re: 田植え後の補植(ほしょく)作業。

補植は田植え機がまともに稼いでくれれば、やる事はありません。
深い所とか、田植え機の爪が減っていなければやらずに済む作業と思いながら毎年やってます。(笑)

コメントありがとうございます。

【オーシマさんへ】
コメントありがとうございます。

あー、凄く分かります。
ウチの親父もそんな感じです(^^ゞ

ちょっとだけ・・・がとことんまで
行っちゃうんですよね。汗


【浜本さんへ】
コメントありがとうございます。

ウチも昔は親戚総出で手植えをしていた
とのことで、作業としては大変だけどなんだか
話を聞いているとお祭りの様にも聞こえました。
大勢で作業をするってのはいいもんですね(^-^)

苗を捨てられないってのも凄く分かります!
やっぱ、勿体ないんですよね(^^ゞ


【兼業農家の長男さんへ】
コメントありがとうございます。

>四隅も綺麗に植えて補植無し
凄い!理想的な田植えですね!

うちも外周一周分を空けて植えるのですが、
どうしても四隅の最後は出入り口の傾斜があって
田植え機が植えられず・・・手植えとなります。汗


【かまさんへ】
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
しっかり田植え機でやれればやらずに済む作業
なんですよね。

いつの日か完全に補植をしなくていい様に
していきたいです・・・!


コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【田植え後の補植(ほしょく)作業。】

稲作ってのは作業の殆どが機械化されている訳で、田植えも今では機械(田植え機)で一気に植える事が出来ます。でも、やっぱり所々に手作業ってのが存在します。これは補植(ほしょく)と呼ばれる作業で、田植え機が植えられなかった所、植えそこなった所を人の手で植えて...

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位