記事一覧

溝掘りとつくし。

今からほんの2週間前は、こんな感じで雪が降っておりました。
P4070079.jpg
四月なのに雪、寒っ!


なので泥上げ(田んぼに水が流れる前に行う用水路のお手入れ)をする時には、
こんな感じでマフラー巻いて仕事してました。
P4070082.jpg
花粉対策のマスクは防寒アイテムにもなります。
マスクのおかげでお口の周りはしっとりあったか。うふふふ。


で、その翌週(つまり先週)からは一気に春めいてきまして、
太陽燦々、気温もぐんぐん上がってきました。
P4150048.jpg
ああ、温かい・・・っつーか、動いてると暑い。

マフラーなんかしてられっか!暑いわ!

ぽいっ。

マスクもしてられっか!蒸れるわ!

ぽいっ。



・・・・


バシューン!!
※花粉症によるくしゃみ。


マスク再装着。



そんなこんなで、つくしも一気に伸びてきました。
P4100018.jpg
つくし、カワイイですね。

つくしって食べられるんですよ。知ってました?
※以前につくしを良した生地はこちら。

そしてつくしは「スギナ」って草の胞子茎(花みたいなもの)でありまして、
このスギナってのがとても除去し難い草でして、農家にとっては厄介ものです。
土の中に根っこ(地下茎)が残っているかぎり生えてくる農家泣かせの
雑草なんですよ。 トホホ。


まぁ、つまり、

つくしが伸びてきた ⇒ 春ですね!

って事が言いたいだけであります。

=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

スギナ!

土を掘ったら無数の茎が!
取ろうとするとプチプチ千切れて…
何かと思ってたんです。
スギナって名前なんですね~。
ホントに今ではいっぱい生えちゃって。
明後日全部ぬいてやるぅ!

コメントありがとうございます。

【みほちーずさんへ】
コメントありがとうございます。

そうなんですよ、スギナが生えている所では
土の中に地下系がびっしりと繁茂しているんですよね(^^ゞ

スギナを退治する場合は、
根まで枯らす除草剤(ラウンドアップ等)を使用するのが一般的ですが、多分根気よく地上に伸びてきた葉を
引き抜き続ければ地下系も養分が足りなくなって
絶えると思われます。

スギナ退治は根気勝負です(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位