記事一覧

トラクターの刃を交換。

春の繁忙期を迎えるにあたり、トラクターの刃を交換致しました。
P3280013.jpg
ずらりと並んだロータリー(土を耕すアタッチメントの名前)の刃を交換するのは一苦労です。


黒いのが新しい刃、茶色のが3年ほど使った刃です。
P3280011.jpg
使い古した刃はすり減ってだいぶ細くなっております。

この様に幅が細くなってくると作業効率が下がり、
土がキレイに耕せなくなってしまいます。

更に、刃が細くなってくると土を耕す際の抵抗も強まり
機械への負担も大きくなるんだそうです。
※刃が細いほど抵抗は低いと思っていたのですが逆でした!

なので定期的に刃を交換してあげるのです。

ちなみに、今回私が取り付けたトラクターの刃は
ちょっと安価の刃(サードパーティー)であります。
※純正品と比べてお値段は2/3位。
  

純正のメーカーの刃はこちら。
P3280015.jpg
去年購入した中古トラクターの刃です。
まだ一回も耕しておりません・・・!

純正品は気持ち安価版より刃が太く厚い気がします。
当然、良いものは高いわけで耐久性は価格に比例すると思われます。

必要以上に擦り減らないように、長く大事に使っていきたいと思います。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



コメント

Re: トラクターの刃を交換。

ここんところ、毎日に様にロータリー刃の交換依頼が来てます
おかげで(慣れてくると)1台あたり15分で
交換出来る様になりました
(エア式インパクトレンチという飛び道具使ってますw)

コメントありがとうございます。

【オーシマさんへ】
コメントありがとうございます。

なんと!1台15分ですか!?
めちゃくちゃ早いですね!!

多分、今のオーシマさんなら
車のタイヤ交換も一瞬ですね(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位