記事一覧

ネギ発芽順調です。

今年一番最初にネギの種を播いたのは2月15日。
雪解け遅延などの心配がありましたので、去年よりも半月遅らせて種を播き始めました。

種を播いた育苗箱は、地面に電熱線を通してある
温床床に入れて、温度を上げる事で発芽を促します。
P2270075_20120302232223.jpg
ハウスの中にトンネルを立てております。
トンネルの中の温度はおよそ15度~20度。
※電熱線は23度設定にしているのですが、今年は気温が低くて
  中々思うように設定温度までトンネルの温度が上がりません。汗

トンネルの中では遮光(ネギは暗い方が芽が良く出る)と
保湿(種を乾かさないように)の目的で、新聞紙が広げられております。
P2270076.jpg
こーゆーときに限って、何故か気になる記事が目に飛び込んできて
うっかり読みこんじゃったりするんですよエヘエヘへ。


・・・なんてのは私だけでは無いはず!


そんな寒さもあってか発芽には例年以上に時間が掛かりました。
P2270079.jpg
電熱を掛けてるのに、およそ10日という・・・。 
芽が土の中で息絶えてはいないかと心配になって、何度ほじくったことか!
※種チェックのほじくりは毎年やってますが。


最初の発芽を確認した後も、育苗箱の位置や向きを変えたりしながら
(外側は温度が低い為に発芽が遅れるので、途中で中央部とひっくり返します)
概ね全体の8割程度まで発芽がそろうのを待ちます。
P2290087.jpg
大体発芽が済みましたら、

育苗箱を温床トンネルから出しまして、ハウス内育苗に切り替えます。
P3020010.jpg
このままおよそ60日かけて、畑に植えられる大きさの苗に育てます。

育苗期間は温度管理と水管理に細心の注意を払いながら、
出来るだけ生育の揃った均一な苗作りを心がけます。

苗の揃い、出来の善し悪しは収穫成果に直結します。
農業には「苗半作(なえはんさく)」という超名言がありまして、
苗の出来でその年の作柄が半分決まっちゃいますよっつーシビアな話です。

本当にそのとおりなので、苗作りには全力で臨まねばなりません。
今年は去年以上に良い苗を作ったる! 
※去年の苗の様子はこちら。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。






スポンサーサイト



コメント

ネギ作りももう四年目ですか!

蓄積したノウハウをフルに出し切って今年も頑張り~。
苗作りに全力を注げ!

あと、16日に休みもらおうと思ってる~。
作業山積みにしとけ!笑

へぇ~、ネギも苗作りから始めるんですね。
我が家は果樹・水稲が中心なので、
ネギも苗作りから始めるとは初めて知りました。
ばーちゃんは直接畑に種まいてるもんですから。

Re: ネギ発芽順調です。

どの作物もやっぱり苗づくりが大変なんですね!!

家は稲作中心なので
自分で畑で趣味として苗作りからして
いろんな作物を栽培していますが
どうしても均一に芽がそろわなくて悪戦苦闘です。

今年はねぎとアスパラを去年の倍作ろうと思っているのでいろいろこれから教えてください

Re: ネギ発芽順調です。

覆土盛り上がっていますね、環境が暖かい証拠ですね。温床はいいなぁ~欲しいなぁ~暖かそうだなぁ~。
>芽が土の中で息絶えてはいないかと心配になって、何度ほじくったことか!
苗たちの心の叫び→「おいおい、また主があたまほじくりかえしてるよ、ったく俺たちのこと信用してないのかよ~、ハイハイ今出ますよ」…ってな感じですかね(笑)。
わが家はシートの変更が祟って一部発芽不良を起こしましたよ(残念(TT)。

コメントありがとうございます。

【otutoへ】
コメントありがとう。
今年もネギ作り頑張るよ~。

>作業山積みにしとけ!
君のそのセリフは信用できん。
このバスケ野郎!


【いなりさまへ】
コメントありがとうございます。

おばあさんの様に直接畑に種を播いて
苗を作る「地床育苗」もありますが、
私の場合は定植作業を簡素にするために
育苗箱で苗を育てております。

産地なんかだとJAや苗屋さんが
一括苗生産して販売もしてるようです。


【marukomeさんへ】
コメントありがとうございます。

苗作りは作物とわず大事ですね。
そしてとても難しいです。汗

私も今年はより良い苗を育てられるように
頑張りたいと思います。


【浜本さんへ】
コメントありがとうございます。

そうなんです、元気発芽してくれたおかげで
土が持ち上げられてしまって。
根っこが露わにならないか冷や冷やしています(^^ゞ

今年は本当に寒さが厳しいので、
他の農家さんでも育苗に苦労しているって話を聞きます。
こちらは雪解けも遅れているので、
枝豆農家さんなどは予定通りに定植期を迎えられるか
凄く心配していました。汗

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位