記事一覧

石井農園ネギ出荷。

夜が明け始めるころ、ネギを車に積んで出発します。
PB020130.jpg


行き先は最寄りの青果市場です。
PB020134.jpg
先のブログでも述べたように、今年私は農協さんへの出荷と合わせて
直接自分で市場に野菜を持ち込む個人出荷(個選)も行っております。

個人出荷を行っている背景には、自分の野菜を自分の名前で出品し
直接市場で仲買人や卸人さん達の評価を聞きたいと思った事や、
市場や流通の仕組みについてもっと勉強したい・・・等の理由があります。
PB020133.jpg
ちなみに、通常は市場への野菜の持ち込みは夕方~夜中に行われます。
※ウチの近所の地方市場の場合なので、市場特性や地域によって違いはあると思いますが。

そして夜の内に市場では、事前に寄せられている大口の注文(量販店や業務筋)等に
集荷された野菜を振り分けて行きます。

そうなのです。
市場で流通する野菜の殆どは朝の「競り」が始まる前に買い手が決まり流通して行きます。
※これらは市場担当者と買い手側の話し合いや市場価格を参考にして
  売買がなされる相対取引といわれております。

組織として多くの商品数を担保できる農協の場合は買い手側からの信用も高く
市場での扱いも優先される傾向が強いです。
それにより、朝の競りを見にっても自分が農協に出荷した野菜は市場で見かける事がないです。

逆に個人出荷する野菜の場合は数量が不規則な事もあり、
良くも悪くも朝の競りによって価格が付けられます。
※勿論個人でもまとまった出品を出荷する人や、品質で高い評価を得て顧客がついてる場合、
  競りを経ずに買い手が決まっていく場合もあります。


朝6:30分。競りが始まります。
PB020135.jpg
赤い帽子をかぶっているのは皆仲買人や八百屋さん達です。
出品者・商品ごとに野菜や果物を順番に競っていきます。

競り中は競り人の大きな声や、価格の駆け引き等が感じれてとても興奮します。


そしていよいよ私のネギの競りの番です。
PB020137.jpg
緊張の瞬間であります。


競りが始まると多くの買人さんから手が上がり、
この日出品されている個選のネギの中では最も良い値段を付けて頂けました。
PB020139.jpg
今年はネギの相場が非常に低調な事もあって、平年と比べれば価格は安いですが
現在の相場の中でそこそこ良い評価を頂けた事はモチベーションになります。

今シーズンは今後も小まめに市場に通って市場の仕組みや相場感を養いながら、
買い手側のニーズの把握(小売用途の買い手、業務用途の買い手によって結構異なる)など
勉強して行きたいと思います。






スポンサーサイト



コメント

Re: 石井農園ネギ出荷。

石井さんこんにちは、良い経験をされましたね、同じ番号札で大量にせり落とされているからどこかのスーパーあたりでしょうか。次は売り場に陳列されているところを視察されるのも良いですね、出来る限り市場のねぎ担当者と仲良く(話しやすく)なり、産地情報(出荷数量など)など話し合える仲になれば、相対取引の「多少高くてもいいから数をそろえてくれ」の買参人さんへ当ててもらえますよね(もちろん品質と並行してですが)。ダンボールは自家製のようですが、結束テープも自家製でしょうか?

Re: 石井農園ネギ出荷。

やっぱりある程度の数量が纏まらないと出荷出来ないんでしょうか?普段、直売所ばかりなので未知の場所ですが凄く興味あります

三条…では無いみたいですね?

Re: 石井農園ネギ出荷。

農協とは違う場所に出荷しているんですよね?

青果市場と農協の両方に出荷しているんですか?

なんかオリジナルのロゴが入っているとかっこいいですね

コメントありがとうございます。

【浜本さんへ】
コメントありがとうございます。

現在通っている市場ではネギの担当者さんから
色々教えて貰いながら勉強しています。

流通の仕組み(農協と市場のやり取りや市場と買参人のやりとりなど)には自分の知らない事が多く、
勉強不足を痛感します。

良い生産者と認めて貰えるように頑張ります(^-^)

※結束テープに関しては「新潟県産野菜」という既製品の
 テープを使用しています。 オリジナルテープの発注 はロットが尋常でない事がわかり断念しました。汗


【tonpuさんへ】
コメントありがとうございます。

写真は西部の様子です。
今年は試験的に、西部の他に三条・長岡も
利用しております。 

市場での個選出荷は少量でも全然出荷出来ます。
ただ、品目によってはまとまった数量があったほうが
市場や買い手に信頼して貰えるって事もあるようです。

市場は見学も出来ますので、お勧めです。
色んな野菜が並んでいて面白いですよ(^-^)


【marukomeさんへ】
コメントありがとうございます。
返信が遅れてスイマセン。汗

個選出荷に関しては、農協を通さず直接
市場に持ち込んでの出荷です。

農協出荷の場合は農協を通して
農協の名義で市場に出荷されます。
(勿論農協のダンボールに自分のハンコは押しますが)

結局はどちらも市場に集まりますが、
農協出荷と個人出荷では良くも悪くも
その扱いが結構違うのです。

今は勉強の為に双方の出荷方法を行っている状態です。

Re: 石井農園ネギ出荷。

私も農協を経由しない市場や近所の農協、別の支所の農協
、直売所などいろいろ試しています。
それぞれにメリット、デメリットがあって難しいですね。
いい成果がUPさせれるのを期待してます。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位