記事一覧

石井農園の自作ねぎ掘り取り(根切り)機

就農してから(ネギ栽培を開始してから)3年。

ネギの収穫と言えばスコップと我が両手のみで行ってきました。
P9290135.jpg
今年も手作業で行ける所まで行ってやろうと思っていたのですが、
今年は秋のネギの気候が良くネギが良く太り~根もガッツリ広がりまして
ひっこぬくのがしんどいことしんどいこと。汗


ネギ農家さんの多くはこの収穫作業の負担を軽減する為に、
「掘り取り機」なる機械を使ってネギを掘り起こします。

それは自走するコンバインの様な収穫機械であったり、
ネギを土ごと掘り起こすトラクターのアタッチメントであったり、
畝を崩す為の特殊な刃を付けた管理機であったり・・・と、様々です。

ネギは全国的にもメジャーな野菜だけあって、掘り取り機などの作業機械は
色んなメーカーから発売されております。

どれも凄く魅力的な機械で喉から出が出るほど欲しいのですが、
設備投資にビビりまくりな私はどうにも導入に踏み込めませんでした。


そしてとりあえずの急場しのぎとして、掘り取り機を自作してみました。
PA240078.jpg
積載部を外した整地キャリアの骨組みに、適当な鉄材とパイプを
溶接して作った掘り取り機をボルトで固定しました。


掘り取り部の刃ですが、これは廃品として放置されていた
コンバインの刈り取り刃(使用済み)をリサイクルしたものです。
PA240077.jpg
コンバインの刃は鋼で出来ている為、薄いけど強度があります。
溶接で曲げた後、念の為鉄材で補強もしてあります。


この掘り取り機はトラクターの故障による入院期間に、
親父が農機具屋のおっちゃんと一緒に作った品物でして
資材の殆どを廃品で補った為に製作費は各安でできました。
※溶接に掛かった工賃がちょこっと位。


で、肝心の使い心地はといいますと、
ネギの根っこを切りながら僅かに土も動かしてくれるので
ネギの引き抜き~収穫がダイブ楽になりました。

実際に稼働させた時の動画もアップしてみましたのでご覧頂けると嬉しいです。


メーカーさんの製品には遠く及びませんが、急場しのぎの
製品としては満足できる活躍であります。

しっかり稼いで、ゆくゆくはちゃんとした設備投資を行うか、
それとも自作掘り獲り機の研究を続けて2号機を開発するか・・・。

・・・今後の面積次第ですね^_^;



ちなみに、掘り取り機1号機は現在も使いながらちょっとずつ改良していってます。
刃の角度を変えたり、トラクターとの結合部分を少しずらしてみたり。
PB030169.jpg
タイヤの後あたりに見えるVの字の木枠は、ネギを掘り獲る際に
先に収穫した隣の畝を地ならし(軽トラ等が入りやすいように平らにする)する為に
取り付けました。  これなら収穫と地ならしも一石二鳥。


最近親父の口癖が「・・・ちょっと改良にいってくる」です。
ちょっとコンビ二行ってくる・・・のノリで作業の合間に農機具屋にいってます。


掘り取り機自体は機構が簡単なモノなのですが、この経験を糧に
今後も作れそうなもの・こんなったらいいなと閃いたものは自作してみたいと思います。

ネギの相場も相変わらず安いですが、お金がない時こそアイデア絞って
日々の作業にハリを出して行きたいと思います!


スポンサーサイト



コメント

Re: 石井農園の自作ねぎ掘り取り(根切り)機

うわぉ~っ、つ・遂に特許出願第1号になるか!動画拝見させて頂きました。最初は土の抵抗でアームが曲がるかな?と思ったのですが無事でほっとしました。こちらでは二プロの振動掘取機が出回ってます、形状は石井さんのものとほぼ同じです。ガチャガチャとアームが振動するので当然トラクターはクリープ走行なのですが石井さんの開発されたものでいけるのなら振動する必要もありませんね、いゃ~参った、畝ならしのV字は現場経験者ならではのアイデアでしょうね。

私は農業の知識が皆無の素人ですが、ネギがスポンスポーン!と抜けていくのは爽快ですね(・∀・)
おとうさまの「ちょっと改良に行ってくる」って言葉、なんか格好いい!って思ったのは私だけでは無いはず!

Re: 石井農園の自作ねぎ掘り取り(根切り)機

唐鋤って知ってますか?

お父さんは知っていると思いますよ。

牛で田を耕起する時に使った鋤です。土を反転します。


この唐鋤と同じ向きのカーブ(だけどカーブを小さくする)があれば、ネギの根はもっと浮くと思います。
御検討下さい。

Re: 石井農園の自作ねぎ掘り取り(根切り)機

似たようなネギ収穫機を買えば20円万以上しますから作るべきですよね。農機具ボッタクリすぎ。
三相電源あるでしょうから溶接も自分でしたら、ホームセンターで売ってる溶接機でもファン付きで使用率高いものなら十分いけますよ。
自作にかぎります。

コメントありがとうございます。

【浜本さんへ】
コメントありがとうございます。

私も最初は土の抵抗でスグに壊れるかな~汗 と
思っていたのですが、刃が薄くて鋭利な為抵抗が
かなり少なくすんでいるようです。
(なのでトラクターにも殆ど負荷がかかっておりません)

ニプロの振動タイプだと、掘り起こし(浮きあげて)て
ネギを畝間に並べて行けるタイプですかね?

あの位作業性の良い機械が作れたら最高なのですが、
流石にまだまだ小手先の自作農機具ではメーカーの足元にも及ばないです(^_^;)
今後も閃いたものをちょこちょこ作っていきたいと思います(^-^)


【ばつまるさんへ】
コメントありがとうございます。

ネギがスポスポ抜けるのは作業している
農家にとっても気持ち良いことです。 

本当に根がびっしり張ったネギを抜くのは大変で、
力任せにひっぱると葉っぱがちぎれたり、
ネギが途中で切れてしまったりもします。

作業労力の軽減だけでなく、
商品性の向上にも一役買ってくれました(^-^)


【福平さんへ】
コメントありがとうございます。

唐鋤については、私も存在は知っております。
※実物は見た事がないですが(^^ゞ

確かに、あのカーブがあれば根切りだけでなく
ネギを浮かす事も出来そうですね・・・!

メーカー品のホリッパーなどの掘り取り機でも
ネギを浮かして収穫し易くするパーツが刃についている
のを確認できました。

土の抵抗が増える分、刃の強度と相談しながらの
改造となりそうですが、こんどちょっと試して
みたいと思います。 
アドバイスありがとうございます!


【ーさんへ】
コメントありがとうございます。

そうなんですよね、無振動タイプの一番
シンプルな奴でも掘り取り機は20万円以上するんですよね。汗

モノにもよりますが、お高い農機具は
「これ絶対補助金(助成)前提の価格設定だろうな・・・」って思うものが結構あります(^_^;)

三相は引いております。
ホームセンターの溶接機ですか・・・盲点でした!

自家利用目的での使用なら免許もいらない?ですよね。
今度溶接も自家で行ってみようかな。


コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位