記事一覧

彼岸花。

石井農園の周りには、少なくとも10種類以上の色んな草花が植えられております。
それによって一年中(冬を除く)なにかしらの花が咲いています。

ばーちゃん曰く、それは仏壇に供える花を絶やさない為なんだとか。

私は普段花を愛でる様な事は無いのですが、始めて我が家の花事情を知り、
色んな花がリレーしながら常に咲き続けるってのはとても凄い事なんじゃないかと
感心しておりました。

それをばーちゃんに伝えると、「は?そんなのどこんちでも当り前らこって!」と
吐き捨てられ、なに寝言いってんだコイツは的な扱いをされました。 


ショックであります。
(良い事言ったと思ったのに!)


しかし確かにこのへんの家々では、何種類もの花を自家で育てることは当り前の様です。
改めてご近所の家庭菜園畑をみてみると、実際に大体なんかの花が咲いてる。 
(ばーちゃん世代の人達は、野菜も花も、買うのではなく自分で育てる(自給する)のが
 当たり前って感覚のようです。)



そんな石井農園でこの時期どんな花が咲いているかといいますと。
P9250009.jpg


P9250010.jpg


P9250012.jpg
彼岸花でございます。
本当に彼岸のころに咲きました。 

やるな、彼岸花。


ちょこっと彼岸花を調べて見たら、この花は有毒なんだとか。
そしてその毒によって害獣や虫を寄せ付けないんだとか。

凄いな、彼岸花。


しかも水さらしなどの処理をすることで毒抜き~食料にすることが可能で、
飢饉の時の時に人々を救った救荒植物でもあるそうな。

ハンパねーよ、彼岸花。



※勿論、処理に失敗すると非常に危険な毒草なので、
  彼岸花は食べずに眺めるだけで楽しみましょう!

スポンサーサイト



コメント

Re: 彼岸花。

彼岸花って、人によって好き嫌いの激しい花ですよね。
ブログにも記載されてます通り、「毒」あります。
で、この毒を嫌って、モグラ(私の地域では"おんごろ"と呼びます)が寄りつかないとか・・・。
本当かウソかは分かりませんが、田圃の畦に彼岸花が咲いている箇所と咲いていない箇所をそれぞれ歩くと、モグラの穴の有無が結構はっきりします。彼岸花を増やして、畦からモグラを追い出したい・・・。
一度、ご確認を~。
と、いうこともありまして、私は畦の草刈り時には彼岸花は刈らずにそのままにしています。
私の地域では稲刈りは10月中旬からなので、彼岸花と稲の赤と黄色のコントラストが綺麗です。

Re: 彼岸花。

そのとおり彼岸花は昔から意図されてあぜ道に植えられて来たんですよ。
大学時代に学びましたよ。
俺が勉強していたのは文化人類学というのだが、農村社会がテーマになることも多いから面白いぜ。
柳田国男なんかにルーツをもつ面白い学問だ

コメントありがとうございます。

【兼業農家の長男さんへ】
コメントありがとうございます。

彼岸花の赤と稲の黄色のコントラスト、
キレイな景色が広がりそうですね!

彼岸花の毒を用いた害獣よけは
実際に有効な様ですね。

応用すれば害獣対策の面でもっと色んな活躍が
出来そうですよね(^-^)


【otoutoへ】
コメントありがとう。

私もちょっと調べて見たら、あぜ道や
墓地など意図的に植えられて群生している所が
結構あるんだね。

しかも彼岸花は全て3倍体ってのも驚いた。
種が出来ないから、全て同じ遺伝子で球根によって
日本中に広がったようだね。

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位