記事一覧

土壌・作物診断でリアルタイムの現状把握を。

今日は新潟もとても涼しかったです。

涼しいってか、ちょっと肌寒い位でして、久方ぶりに長袖を羽織りました。
(でも羽織ったら今度は熱くて、30分位で脱ぎましたけどね!)


さて、話変わりましてここ最近「施肥」について改めて勉強している次第です。
P8210006.jpg
肥料を与えるタイミングは適切なのか?
どれだけの肥料を与えるべきなのか?
ちゃんと植物に吸収されているのか?(有効に利用されているのか?)


私の様な未熟な農家ですと、常々こんな疑問を抱く事があります。
※特にネギは栽培期間が長く、何度も肥料を与える(追肥)必要があるのです。

「いついつにこの肥料をこれだけまきなさい」的な栽培指針は数あれど、
そればっかりを鵜呑みにしていては十分ではない訳です。

大雨が降れば肥料は流れるし、日照りが続き土壌が乾燥すれば
作物は肥料を吸えなくなります。 状況によって対応は変わるはずなのです。

経験や勘で補う事が出来ない私は、計器を使って数値で状態を把握する必要があります。

EC(電気伝導度。土の養分状況を表す値) やら何やらの勉強を
改めて行いながら、せっせと土の数値を調べています。


最初はかなり手探りでしたが、計測を続けているうちに作業(追肥とか)、
気候(雨とか)などの要因で、どの様にどの程度数値が動くかといった傾向が
ちょっとずつ分かる様になってきました。

なんとなく・漠然としていた事は、数値などの見える形にすることで納得~理解できて、
そこからやっと自分の経験や勘として蓄積されていくのだなと思います。
 


知り合いの先輩農家さん達は、調査したデータやそれに基づく経験・勘を
しっかり活かして素晴らしい作物を育てています。

今年の大雨だけでなく、近年は暑さ・寒さ、日照り・大雪など、
厳しい気候条件が当り前のように起きています。

そんな時こそ、技術・知識や日頃の管理で作物の出来に大きな差がつくと言われています。

私はまだまだ覚える事が山積みですが、良い作物を沢山作れる
立派な農家になるべく、コツコツ頑張ります。


=================================
新米コシヒカリ予約始めました! ご注文はホームページにて。
=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

Re: 土壌・作物診断でリアルタイムの現状把握を。

石井さんのような篤農家が日本の農業技術を支えていくのだなぁと実感します。いつもブログを拝見して「我々ももっとがんばらねば!」と励まされる次第です。ありがとうございます!

Re: 土壌・作物診断でリアルタイムの現状把握を。

魚類養殖の本で読んだのだが、養殖の黎明期やはり細かく細かくとったデータがあとでとんでもなく役に立ったそうだ。
生き物相手だし、毎年毎年のデータはあなたを助ける宝物になるでしょう。
がんがれ!

あと、9月?に鹿児島に研修に行くことになりました。
漁師さんの家に住み込み。
叩かれてきます。
がんがる!

コメントありがとうございます。

【鎌田さんへ】
コメントありがとうございます。

まだまだ篤農家と呼ばれるには程遠いですが、
いつかそうなれるように勉強しようと思います。

コツコツ頑張ります(^-^)


【otoutoへ】
コメントありがとう。

記録をとることはつくづく大事なだと
色んな場面で感じさせられますな。

集めたデータは思わぬところで副産的に
有効活用できる事もありますしね。

>鹿児島に研修に行くことになりました。
転勤先は神戸じゃなかったっけ?
何故に鹿児島?汗

しかし漁師さんの船に乗れるとは羨ましい。
私も常々、いつかは漁船に乗ってみたいと思っているよ。

9月に遅い夏休みで稲刈・ネギ収穫の手伝いに
帰ってくる時にじっくり話を聞かせておくれ。

Re: 土壌・作物診断でリアルタイムの現状把握を。

月齢も大切なようですので、ご参考に。
(おそらくご存じかと思うんですが・・・)

現代農業2007年5月号 月のリズムと作物のリズム
http://www.ruralnet.or.jp/gn/200705/moon.htm
現代農業2008年5月号 月のリズムと作物のリズム
http://www.ruralnet.or.jp/gn/200805/moon.htm

私は、まったく知らなかったので、ナスとキュウリとハクサイを対象にして、追肥作業を今月から試してますが、「すごい」の一言。
来月は大根とハクサイ(その2)とキャベツとブロッコリー等で播種・移植も試してみます。

コメントありがとうございます。

【兼業農家の長男さんへ】
コメントありがとうございます。

現代農業のリンク、読ませて頂きました!

月齢については、害虫の生殖サイクルと関係がある
って話は聞いておりましたが、作物の整理生態と
ここまで関係が深いとは知りませんでした!

やはり農業は生命と付き合う仕事。
奥が深く、壮大なサイクルが色々存在するのですね。

情報ありがとうございました!
※早速、追肥などを意識して管理してみようと思います(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位