初夏のミツバチと、巣箱の今。

2019年07月07日 14:03

まだ梅雨明けの便りの届かない新潟。

じめじめした梅雨は苦手ですが、鮮やかに咲くアジサイは
梅雨ならではの見事な景色。
20190622_105139.jpg

雨の合間を縫って、アジサイにはミツバチがやってきてせっせと蜜を集めています。
20190622_102122.jpg
ミツバチかわいいなー。
しかし、このハチは我が家のハチではなく、どこかからやってきているよそのハチ。


5~6月の分蜂シーズンには前年ながら入居が無かった我が家の巣箱たち。
夏分蜂の可能性は限りなく低いものの、ああ、早く我が家の巣箱にもミツバチが
やってこないかなぁ・・・   

なんて、思っていたら!
20190622_110534.jpg
ふと、感じたんですよね!  

気配!? これが気配っていうのかしら!?


巣箱をのぞいてみたら・・・




あり。 超アリ。 
20190706_105847.jpg
巣箱に異常あり(蟻)! 

これ全部アリです。汗
20190706_105854.jpg
まさか、アリが巣くうとは。汗

ってか、アリは迷路のような巣を作るものなのではないのか?
巣箱の中にびっしりと張り巡らされた(?)アリたちは、器用に内壁に卵や蛹を張り付けて
私の巣箱をアリの王国にしていました。

これではミツバチは入るまい・・・汗

巣箱から放たれたアリたちはあたり一面をうじゃうじゃと這いまわり、
そこらじゅうが蟻だらけになってゆく、、、!このままでは蟻に呑まれる!と思い、
コンプレッサーのエアブローでひと思いに薙ぎ払ってやろうかと考えましたが、

巣箱を持ち上げられて大混乱していているアリたちを良く見ると、
卵や蛹をくわえて右へ左へ必死に逃げ場を探すアリたち・・・ 
なんだか情が湧き、そっと巣箱をもとの位置に戻しました。

まぁいいさ。
巣箱は他にもある、一個くらい貸してあげよう。

まさかの養蟻(ようぎ?) 2019、夏。
しばし蟻の様子も見守ってみようと思います。



最後に。

アジサイの葉っぱを良く見ると、1㎝にも満たない小さな赤ちゃんカマキリがいました。
20190622_120545.jpg
まぁーかわいい!

でもよく見ると、そこら中がちびカマキリだらけで、ちょっとキモかったです。
スポンサーサイト