記事一覧

2018年の里芋

今年、耕作放棄地的な田んぼの隅っこや畑の空いた隙間に里芋をぽとぽと植えておりました。ちょっと深めに掘った穴に埋めただけの里芋。それから半年。すっかり忘れて いや、人の手を掛けず、自然のあるがままに任せて育った里芋たちを収穫してきました。今年の新潟は雨が非常に少なく、それもあって里芋の生育が悪い。葉っぱが少なく、株が小さい。休耕田といっても一応田んぼなんだから水を引いてあげればよかったのですが、すっ...

続きを読む

銀杏皮むき作業。

前回に続き銀杏のお話。山から銀杏を集めてきたら、今度は果肉を取り除いて中の種(これがぎんなん)を取り出す作業を行います。まず、銀杏を数日水につけてふやかし、果肉を除去しやすいように柔らかくします。その後専用の銀杏剥き機にかけて果肉を取り除きつつ、種をキレイに洗い上げます。一度ではなかなかきれいに洗い上げることができないため、ここからまた数日かけて水漬けと洗浄(専用機械によるブラッシング)を繰り返し...

続きを読む

2018 銀杏拾い コロコロ(回収器)がすごい。

稲刈が終わり、新米の発送もひと段落。次はいよいよ銀杏の収穫です。銀杏は地面に落ちてから拾うのは大変なので、事前にシート(寒冷紗)を園地に広げておき、木をゆすってシートにぎんなんを落として一網打尽に回収するのです。※過去の石井農園・銀杏収穫風景の動画はこちら。・・・・が。今年は稲刈りでわっせわっせしている間に台風が何度も通過したので、既に園地はこの有様です。地面にめっちゃ落ちてるー。例年であれば、這...

続きを読む

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位