記事一覧

2015稲刈終了。

9月中旬~後半は比較的天気に恵まれましてコシヒカリの稲刈が順調に進みました。今年はコシヒカリの登熟が進むお盆以降が適度に涼しかったこともあり、収穫量、品質ともに満足のいく仕上がりでした。早速、今年の新米の味見。うーむ、やはり新米はうまい。先週いっぱいで無事にすべての刈取も終わりました。今後は10月からの新米発送に向けて、刈り取った籾の乾燥調整~籾摺作業を行います。新米の発送まであとちょっと。ご予約頂...

続きを読む

もち米まで稲刈り終了!

田んぼからくっきりと虹が見えます。わーきれーい。なんて言ってる場合ではない。降っては晴れ、晴れては降る。なかなか晴れが安定して続かないので稲作農家としてはやきもきしております。稲刈りには秋晴れがどうしても必要です。その理由は、①稲が濡れているとコンバインが詰まってしまい脱穀できない。②田んぼに水が溜まると地面が泥状になり、コンバインがはまってしまう。からです。それでも何とか晴れ間を見ながら、先週まで...

続きを読む

もみ殻撒き 2015 ver3

稲刈が始まりますと、並行して行わなければいけない作業が「もみ殻捨て」。稲刈る、籾する、もみ殻発生。もみ殻溜まる。もみ殻捨てないと籾擦れない。籾擦れないと稲刈れない!となるわけですけども、ただでさえ稲刈で忙しい最中ですので何とかもみ殻捨ては簡易に行いたい。その思いから毎年毎年改良を加えてきたもみ殻捨て機(といっていいのか)もついに3号機に突入。初号機は整地キャリアの後ろからもみ殻を排出。2号機は機体中...

続きを読む

稲刈り2015 開始。

9月2日、いよいよ石井農園でも2015年の稲刈りが始まりました!まずは早生品種の「ゆきん子舞」から。刈り取った籾はトラックで作業所に運び、乾燥機で乾燥調製を行い水分を15パーセントにします。乾燥機で水分を調整すること1~2日(刈りとった時の水分による)。そして籾摺りをおこなって米袋に詰めて、出荷となります。最初に刈り取った田んぼの収量はまずまず。今年は天候に恵まれたとこもあり米の出来も非常にきれい...

続きを読む

米袋のハンコ押し

なかなか天気が晴れず稲刈りができない・・・と言いつつも、屋根の下でやれることはいろいろありまして。たとえば米袋のハンコ押し。出荷する米袋に一枚一枚にハンコを押していきます。1種の米袋を500枚(約3ヘクタール分)まとめて買えば印字してくれるのですが、石井農園では米の品種を作り分けていること(4品種)、さらに売り先も直売のほかに数件のお米屋さんと契約していることから袋が都度指定袋のためすべてハンコで...

続きを読む

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位