キャベツ収穫2013.

2013年12月16日 23:21

地元の野菜が不足する「冬」に収穫する計画で7月に種を播いたキャベツ。
P7190187_2013121300051119f.jpg
去年・一昨年と挑戦した冬取りキャベツはどれも十分な成長をすることなく、
とてもかわいらしいキャベツ(メロンパン位の大きさ)で終わってしまいました。

しかし今年は播種時期、苗の育て方(遮光・セルトレイのサイズ)、
追肥回数などを見直した結果、苗も例年よりも良い物を育てる事が出来、
その後畑に飛び出してからもぐんぐんと逞しく育ってくれました。
DSC_0481_20131213000509be6.jpg

その結果、当初の予定よりもだいぶ早く球が仕上がり、
11月中旬には収穫適期となりました。
DSC_0545.jpg

片手で収まりきらない大きさです。
DSC_0549.jpg
ギュッ!っと締まった寒玉キャベツなので、大きなモノは2キロ位あります。

今年の栽培はおよそ1000玉。まだまだ試験的な規模です。
DSC_0556.jpg
いやー、こんな立派なキャベツ獲れるならもっと沢山作れば良かったわー。


・・・なんて調子こいてたからバチがあたったのか・・・。


11月下旬~12月上旬にかけて、強い低気圧がなんどもやってきて
猛烈な風とアポロチョコの様なアラレ(いや、もはや雹)をキャベツ畑にお見舞いしてくれました。

その結果・・・


キャベツずたぼろ。
DSC_0596.jpg
※これは特にひどい株ですが。汗

嵐が去った後の畑でこんなんなったキャベツを見つけた時、
私はもうなんか生まれたての小鹿が頭を抱えながら崩れ落ちて行く感じで
ガクブルグシャーン!と、腰が抜けました。

で、一通り悔しがったあとは生き残ったキャベツをギアをあげて収穫。
DSC_0580.jpg
次の寒波が来る前に全て収穫してやる!

と、言いたい所なのですが、このキャベツ達はスーパーの
直売コーナー向けに栽培しているので、一度に全てを収穫~販売する事が
出来ないのです。

スーパーでは一日に売れる量がある程度決まっているので、
定量を長期に渡って販売したい。
その為にはなんとか良い状態で畑にキャベツを置いておくことは出来ないか・・・。

考えた結果、実験的にキャベツを株ごと引っ込ぬいて
根つきのまま畑に積み上げてみる事にしました。
DSC_0589_20131210223707a1f.jpg
キャベツの結球部分にアラレが当たると表面の葉が裂けてしまうので、
株ごと引き抜いたキャベツを横向きに重ね合わせながら積み上げて行き、
厚くて硬い外葉の部分を傘の代わりにして大事な結球部分を風やアラレから
守ろうと目論んだのです。
※ちょっと表現が分かりにくいですね・・・!


キャベツを倒して積み重ねた次の日から、また強い嵐がやってきて、
激しい強風と大粒のアラレを降らせ、その後10センチ近い雪を降らせました。
PC120010.jpg
天気が落ち着いてからキャベツがどうなっているか恐る恐る収穫に行ってみると・・・

どのキャベツも風・アラレによる新たな被害は殆ど見られませんでした。
PC120011.jpg
一先ず、結球部分を外葉で包み隠す事で天候による裂球被害を軽減出来ることが分かりました。

あとは、既に根を引っこ抜いて締まっているので
今後畑に置いていく事で品質の劣化が起きるかどうかを見て行きたいと思います。

良い感じで雪が降っていてくれれば雪下状態となってかなり長期保管できると
おもうのですが・・・。

来年冬キャベツの作付けを拡大する為にも、
しっかり畑での保管状況を観察していきたいと思います。

スポンサーサイト