畑洪水2013

2013年06月30日 02:20

先週のお話ですが、からっからの水不足が続いたかと思いきや
急に新潟が梅雨入りし、その途端に低気圧やら台風がわらわら集まってきて
今までの借りを返すかのような大雨が降りまして。 ※その時の天気図がこちら

それにより我がネギ畑も2年ぶりに冠水することと相成りました。
P6190117.jpg
ちゃぽちゃぽです。
はー、去年は一度も冠水する事がなかったのに。汗


ウチの畑は転作田の為もともと地が低く、大雨が降ると水路が逆流してきます。
P6190119.jpg
これは用水路から水が入ってきてるのではなく、本来水を落とす
排水路が一杯になって逆流してきている状態です。


こうなるとどーにも排水が出来なくなりますので、
雨が降りやんで水路の水位が下がるまで我慢するしかありません。
P6190118.jpg


プールの様になった畑の中では、ザリガニ、ドジョウ、フナたちがきゃっきゃしています。
DSC_0117-002.jpg
ここはてめーらが遊びに来ていい場所じゃのだよ!
元の世界にお帰り! (水路にぽい)


幸い、大雨は一日でやみまして、翌日には畑の水が引きました。
P6250142.jpg
その後は好天が続き、深刻な湿害が出る事はありませんでした。


ただ、若干ネギの葉先に枯れが見える様になりました。
P6250143.jpg
多分冠水した時の影響で、深い部分の根が酸欠でやられたんだと思います。

ただいま追肥・土寄せを行って、早くネギが新根、新葉を
伸ばせるようにケアしております。


ちなみに余談ですが、
私は就農してから幾度となく大雨による冠水を経験してきました。
そして腰が抜ける程の湿害も経験しました。

その中で試行錯誤しながら自分なりに「水はけの良い畑」を
目指してきたのですが、今現在は「耕盤」を維持することでだいぶ
水をスムーズに抜ける様になってきたと感じています。

以前は弾丸暗渠などで耕盤を壊し、少しでも深くロータリーを掛けて
水を地下浸透させる事を意識していました。

ですがそれではどうにも雨が降った後の圃場内の土の乾きが悪く、
排水もイマイチでした。
(水が深く染み込んで土中にとどまり、中々土が乾かない状態)

それよりも、田んぼで形成された耕盤をある程度残し、
圃場内にめいきょを巡らして水を横移動させる様に意識した事で
スムーズに水が抜ける様になって、その後の圃場の乾きも良くなったような気がします。

一般的な農業のセオリーは深耕して根圏を広げるものだと思うのですが、
型にはまらず、転作田で稲とネギのローテーションを行う上で、自分の畑で自分なりの作り方を
今後も色々模索していきたいと改めて思っております。


スポンサーサイト