ひばり観察2012。

2012年07月26日 22:28

ネギ畑で作業してたらいきなり足元から小鳥が飛び出してきて
びっくり! なんて経験は誰しもあることかと思います。


そうなんです、今年も発見いたしました。
P6130076.jpg
ネギの脇に生えている雑草の根本にそっと作られた・・・・


雲雀(ヒバリ)の巣を!
P6130077.jpg
毎年毎年、必ずネギ畑にヒバリが巣作りをします。

大体がネギの根本か雑草の根本に巣を作るのですが、
(多分、巣を外敵から隠す為や夏の日差しを避けるためと思われ)
一度巣を見つけてしまうと、どうにも情が沸いてしまい
そこだけ土寄せを遅らせたり雑草を抜かずに残したりしてしまいます。


そんなこんなで畑の見回りをする時はネギの生育と一緒に
ヒバリ達の様子を観察する事が日課となります。

巣を発見してから数日後、卵が無事に孵り、四匹のヒナが誕生。
P6220134.jpg


デジカメで写真を撮ろうとすると、「ピッ」というピント調整の音に反応して
一斉に「餌よこせ!」と、口を空けてきた。
P6250017.jpg
親鳥の声と間違えたのかな?


数日して見に行くと、ヒナ達は大きく成長しておりました。
P6280028.jpg
体も大きくなって巣に入りきらなくなったのか、
巣から出てネギの日陰で身を寄せ合っています。

ヒバリのヒナは孵化から数えて9~10日で巣立つらしく、
その成長のスピードは凄まじいです。

その後、ヒナ達は親鳥と一緒にネギ畑を歩きまわって
徐々に行動範囲を広げ、無事に巣立っていきました。


やれやれ、これでやっと遠慮なく農作業が出来ますぜ。
嬉しい様な、さみしい様な。


・・・と、思ったのもつかの間。
別のネギ畑でまたもヒバリの巣(中には四つの卵入り)を発見。

もうしばらく、ヒバリを見守る日々が続きそうです。



スポンサーサイト