記事一覧

新潟やさいじく。

先日、新潟市内野駅前にあるツルハシブックスの2F、レンタルカフェCopoCopoさんへ行ってきました。目的は新潟で活躍する野菜ソムリエさんの木村さん、山岸さんが企画する新潟の農業、野菜について学ぶ「新潟やさいじく」というイベントに参加するため。やさいじくの「じく」っていうのは、学びの「塾」と、「軸」となる人材を育てたいって想いの二つの意味からつけられてたそうです。集まった人たちは野菜ソムリエ、農家、直売所...

続きを読む

代かき真っ最中。

近所の用水路にも、どんぶらこっこ、どんぶらこっこと水が流れてきました。農業用の用水路ってのは一年中水が流れている訳では無く、4月末から9月頭頃までの稲が田んぼで生育する期間のみ河から取水されて用水路に水をいきわたらせます。なので春になって水が流れてくると、「おっ!きたきたきたー!」って感じにテンションが上がります。ちなみにこの水は信濃川を下ってきた雪解け水。丁度大河津分水のあたりで信濃川から取水さ...

続きを読む

2012、ネギ植え開始。

親父が代かきに精を出してる頃、私はネギ畑の準備に勤しんでおりました。田植えに先んじて、今シーズン一回目のネギ植えを行う為です。ネギは「ひっぱりくん」で定植。※ひっぱりくんについてはこちら。以前に植え付け作業の動画を撮りました。ネギの定植作業を行うとき、とにかく土の粒子の細かさに気を付けます。写真の土の粒が多分限界。これよりも土の塊が荒い(大きい)と、作業機が上手く苗を植え付ける事が出来ず、後で這い...

続きを読む

斎藤農園さんの畑を見学に。

先日、日頃からお世話になっている斎藤農園さんの畑を見学に行ってきました。斎藤さんは新潟県三条市で露地野菜を中心に栽培している農家さんです。自分よりも少し年上の先輩農家さんなのですが、大学在学中から県内外の農業法人を訪ねて研修を行い、アメリカへ農業留学も。卒業後は県外の農業法人(全国的にも有名な法人)に修行に行って、その後に実家の農業を継がれました。 なので、私よりも遥かに農業経験値の高い大先輩なの...

続きを読む

ネギ畑の排水溝(めいきょ)掘り。

ネギ予定地での溝掘り作業の一コマ。私は田んぼを畑として使って(転作田)野菜を育てております。田んぼで野菜栽培をする際にネックになるのが「水」です。回りの田んぼや用水路から水が染みてくるのですが、多くの野菜にとって、水はけの悪い環境は生育不良の原因となります。なので畑の外周に溝を掘って、外から染み込んでくる水が畑の内部に入り込まないようにしてやる訳です。去年はトラウマになるほどの湿害をガッツリ出して...

続きを読む

田畑を毎日耕してます。

親父が田んぼにせっせと元肥(作物を植える前に土に施す肥料)を撒いております。背中にしょっているのはサンバーって道具でして、これはリュック状の袋の中に肥料などを入れることで歩きながら散布できます。肥料や石灰などを、一度に30キロ位入れる事が出来ます。 重たいんですわ、これが。その頃私はネギの作付け予定地に苦土石灰を撒いておりました。苦土石灰ってのは石灰(正確には炭酸カルシウム)とマグネシウム(正確に...

続きを読む

トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

ある日の作業風景の一コマです。トラクターのアタッチメントをロータリー(土を耕す機械)から溝掘り機に付け替えている所です。いやー、ほんとね。我ながら情けないけども・・・・外し~取り付けに1時間半掛かりました。場所が場所ならげんこつもんですわ!春先は色んな作業が同時進行的に襲ってくるので、ロータリー・畔塗り機・溝掘り機、整地キャリア・ハロー・・・といった様々な作業アタッチメントをトラクターにとっかえひ...

続きを読む

溝掘りとつくし。

今からほんの2週間前は、こんな感じで雪が降っておりました。四月なのに雪、寒っ!なので泥上げ(田んぼに水が流れる前に行う用水路のお手入れ)をする時には、こんな感じでマフラー巻いて仕事してました。花粉対策のマスクは防寒アイテムにもなります。マスクのおかげでお口の周りはしっとりあったか。うふふふ。で、その翌週(つまり先週)からは一気に春めいてきまして、太陽燦々、気温もぐんぐん上がってきました。ああ、温か...

続きを読む

溝切りの跡ががっちりと。

そこら中の田んぼで田ぶち(田んぼを耕す事)が盛んに始まりました。日中ぐるっと見渡したら、視界に10台以上もトラクターが動いてましたよ。そして耕される直前の田んぼで見つけた一本の溝。去年の溝切り作業の時に付けた溝であります。※溝切り作業についてはこちら。田んぼの柔らかい泥に付けた溝も、一度しっかり乾かせば冬を越えて春になってもこの様にくっきりと見事に残るモノなのですね。後から見ても、見事だなって思え...

続きを読む

野兎発見。

先日、裏山にちょい用で出かけた際に、野兎を見つけました。冬になると雪の上に足跡が残っている(ウサギの足跡は独特なのです)ので、野兎がいる事は分かっていたのですが、今まで一度もその姿を見る事がありませんでした。ですがなんか草むらにプレーリードックみたいな奴がいると思ったら・・・よくみりゃ野兎。すかさずカメラで写真を撮りました。ウサギちっさ! なんだか良く分からん写真です。ウサギはしばらく突っ立った後...

続きを読む

とう菜2012終了。

先日の大風でしおしおにされたとうな達でしたが、それなりに新葉が伸びて幾らかの株は収穫する事が出来ました。うーむ、それでも全体の4~3割は廃棄になったかな。春の不安定な気候の中で行う露地栽培は危険が一杯であります。トンネルなどの被膜資材にある程度の投資をして気候リスクを減らすか?しかしそれもまた雪や風で資材が潰れる~飛ばされる心配も生まれるわけで。汗もしくは天候リスクを織り込み済みでコストを極力掛け...

続きを読む

ネギ育苗差。亜リン酸の効果について。

去年から使い始めた育苗培土メーカーの担当さんから、新しいネギの育苗培土が出来たから使ってみて!とサンプルを頂きました。なんでも、「新商品には話題の亜リン酸も配合したのじゃよ。 フェッフェッフェッ。」って話です。※ぶっちゃけ、そんな風には言ってないけど。亜リン酸ってのはウィキペディア先生によると「亜リン酸(Phosphorous acid)は、化学式がH3PO3の無機化合物である。」と、あります。 ふむふむ・・・・・・な...

続きを読む

混合油を作るのです。

農業を始めてから、「混合油」という燃料の存在を知りました。草刈り機や防除機、ポンプなど、2サイクルのエンジンにおいて用いられる事が多い燃料であります。そしてこれはその名の通り、ガソリンとオイルを混合して出来た燃料です。オイルの種類や使用する機械にもよりますが、基本的にガソリン25リットルに対してオイル1リットルの比率で混ぜ合わせます。ホームセンターなどに行けば混合油として既に混合調整したものが販売さ...

続きを読む

薪木が順調に貯蓄されております。

日に日にあたたかくなってきて、ストーブを付ける日も減ってきました。コタツやストーブを片付けたお家もあるのではないでしょうか。しかし、石井農園では既に次の冬に向けた準備を始めております。そう、薪の確保であります。石井農園では12月位なると、ネギの出荷作業を行う作業場を温める為に薪ストーブを使っております。※薪ストーブについてはこちら。薪ストーブはとても温かくって燃料代も気にせず使えるのでサイコーなので...

続きを読む

トラクターの刃を交換。

春の繁忙期を迎えるにあたり、トラクターの刃を交換致しました。ずらりと並んだロータリー(土を耕すアタッチメントの名前)の刃を交換するのは一苦労です。黒いのが新しい刃、茶色のが3年ほど使った刃です。使い古した刃はすり減ってだいぶ細くなっております。この様に幅が細くなってくると作業効率が下がり、土がキレイに耕せなくなってしまいます。更に、刃が細くなってくると土を耕す際の抵抗も強まり機械への負担も大きくな...

続きを読む

フキで雑草抑制ってどーですかね。

稲の種まき(筋まき)も無事に終わり、あと一ヶ月もせずに田植えとなります。農家は田植えまでに田んぼの準備を終わらせねばなりません。用水路や畔の補修をしたり(これについては後日詳しく)、田んぼの肥料をまいたり、トラクターで耕したり・・・etc。そしてこれから春めいてくるに当たり、野の草花、つまりは田んぼでいう所の「畔(あぜ、田んぼの外周)の雑草」も勢いよく伸びてきます。草って奴はほっといても勝手に伸びて...

続きを読む

筋まき(稲の種まき)2012。

先日の日曜日、朝から雪がちらつく中(どうなってるんじゃ!)すじまき2012を行いました。 筋まきってのはお米の種まき作業の事です。この機械を使って流れ作業で行います。まず、事前に育苗マットを敷いて置いた育苗箱をレールの上に流します。(おかん担当)すると育苗箱はレールを流れながら、機械が自動で水を適量まいてくれまして、さらに種籾も適量まかれ、その上から適度に土を掛けてくれます。なので人間は土、種籾、...

続きを読む

ハウスは猫の日向ぼっこスペース。

ハウスのビニールの向こうに黒い影が見えますでしょうか?猫であります。ネギを育苗しているハウスの中はポカポカと温かいので、しょっちゅう日向ぼっこにやってきます。※ちなみに、我が家の飼い猫ではありません。出入口はしっかり止めてあるのですが、ハウス内の水を排水する為の地際のちょっとした隙間から入り込むようです。猫は頭さえ通ればなんとやらと言いますが、ホントにすり抜け名人であります。以前、ネギに水やりしよ...

続きを読む

いまさらの雪。

土曜日の朝、窓のカーテンを開けたら・・・・外が真っ白で。無言でカーテンを閉めました。とりあえず、「もう四月なんだけど!」って心の中で突っ込んどきました。=================================ブログランキングに参加しております。応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。  何卒、宜しくお願い致します。...

続きを読む

2012年、初カエル。

2012年で初めてカエルに出会いました。いよいよ冬眠からお目覚めの様子です。まだ寝ぼけているからか、気温が低いからかものっそい動きが遅かったです。今から初夏の大合奏が楽しみであります。※以前録音したカエルの合唱はこちら。=================================ブログランキングに参加しております。応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。  何卒、宜しくお願...

続きを読む

種籾の発芽完了。

先日、「種子消毒をした後に冷たい水に漬け込みます」って所までを紹介した種籾の準備作業。今日はその後の作業をご紹介。お米の発芽積算温度(1日の平均気温or水温の積算)と言われる100~120度になる迄、冷たい水に浸したら・・・・今度は30度程度の温かいお湯に種籾を浸します。これはですね、冷水で発芽寸前まで焦らしまくったお米達を、一気に発芽し易い温度に当てる事で均一な発芽を促す為の戦略な訳です。発芽が揃...

続きを読む

とうな収穫、ダイジェスト版。

先月の下旬頃から私、主に地面に這いつくばっております。別に趣味とかそーいうんじゃなくて、とう菜の収穫が忙しかったからであります。鎌で株元から刈り取り、枯れた外葉などを取り除いていきます。花粉症対策のマスク、防寒ツナギ(時折雪が降ったりするんですよ)、膝が濡れない為の雨具(下半身)は必須アイテム。もう雨具なんてツナギの上から履いてますから。惨いほどダサいけど慣れると全く気にならないんですよ、これが。...

続きを読む

爆弾低気圧から一夜明けて。

日本全国を襲った爆弾低気圧は各地に大きな爪痕を残しました。石井農園でも先日張ったばかりの育苗ハウスのビニールがばっさりと・・・。しかし、被害がビニールだけで済んで骨組みは無事だった事、そしてハウスにまだ中身がなかった事は幸いでした。汗夜が明けてから周辺をぐるっと回っただけでも農業ハウスの被害は甚大でした。周辺のハウスは殆ど(8割ほど)が何らかの被害を受けています。ハウスのビニールが強風ではぎとられ...

続きを読む

台風並みの暴風とかちょっと待って。

最近ブログの更新が滞っており申し訳ありません。汗とう菜の収穫~出荷が折り返しまで進んだ事、稲の発芽が順調に進んだ事、ネギ苗の生育状況、その他石井農園のあれこれや季節の移ろいを感じるちょっとした写真等・・・・。ブログに書きたい事が沢山あるのに、帰宅して風呂入って飯たべると、もう眠くてしょうがないのです。肉体作業が増えてくるとどうしても眠いです。スタミナが足りない。 いや、根性の問題か。汗そして今日は...

続きを読む

石井農園について

石井農園

Author:石井農園
300年続く越後の米農家、石井農園です。新潟県弥彦村にてお米・野菜を育てています。

親父(石井晃 9代目:写真右)、
私(石井知治 10代目:写真左)
ブログやHPの運営は10代目が担当しています。

【2024年の作付け計画】
水稲・・・940アール
※コシヒカリ、こしいぶき、こがねもち、つきあかり
園芸・果樹・・20アール
※銀杏、キウイフルーツ、ねぎ、トマト、ナス、オクラ、スナップエンドウなど少量多品目。

石井農園のホームページ

HPにて石井農園のコシヒカリ・農作物を販売中
石井農園直売所

お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブログ内検索はこちらから!

カレンダー&アーカイブ(Tree)

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログカウンター

2008年10月からのページビュー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログランキング現在の順位