いろんなお米を食ってます。そしてお米の食味と肥料について。

2011年09月12日 22:39

今年は前年産の米の在庫が早期に底をついてしまい、
いつもご注文を下さってるお客さんには大変ご迷惑をお掛けしております。
※コシヒカリの稲刈りも、もうちょいで開始です。 新米までしばしお待ちを~!汗


そんな背景から、石井家の者どもは米の在庫が危険水準に達したころより
自らが消費するお米は外から買ってきて食べる様にしておりました。
折角の機会だからといろんな産地・銘柄のお米を食べております。

少し前に買ったのは新潟県内産の「越路早生」というお米。
P9020071.jpg
新潟県内で最も早く流通する新米です。

越路早生は始めて食べたのですが、美味しいお米でした。
というか、色々食べた結果どのお米もそれぞれ美味しかったりします。
お米って、美味しいね。


さて、そんな美味しいお米ですが、
極稀に「超旨い米作る農家さんがいるんだよ」みたいな話を聞く事があります。
それは先輩農家さんからであったり、米屋さんからであったり。

そしてその話に共通しているのが「化成肥料を栽培に用いている」こと。


一般的に旨い米って聞くと「有機肥料で育てられた米」を連想する方、多いのではないでしょうか?
きっといるはず。 いや、いるでしょ。
ってか、私も「どっちかと言えば有機の方が旨いんじゃね?」って思ってますし。


うちでも直売用のコシヒカリでは
魚や糖蜜を原料にした有機質肥料を栽培に用いています。

有機質肥料は植物に養分として吸収される迄に
微生物による分解の工程を経なければならないため、肥効がゆっくりと現れます。
それにより植物もじっくり育つし、気象変動や病気にも強くなると言われております。

結果、良い米が採れるのさ!ってなる訳です。

それらの背景から農協(減減米)であったり、行政(県認証とか)であったりも
化成肥料から有機肥料へと旗振りがされております。



その一方で、
旨い米を作る為に化成肥料を用いる理屈としては以下の様な話があります。
==================================
米の旨さを決める要因の一が「タンパク質含有量」です。
タンパク質が少ないほど米はふっくらと美味しく炊き上がると言われています。

そして、タンパクの少ないお米を作るには肥料(窒素)が稲に残らない事が大事です。

穂肥(稲穂を実らせる為に与える追肥)で有機肥料を用いると
長期に渡って肥料効果が発現されてしまう為、タンパクの形成に影響を与えてしまう。 
その点、化成肥料は効果の発現が早く効果が切れるのも早い為、
たんぱく含有の少ないおいしい米を作る事が出来る。
==================================
というもの。

確かに、理屈を聞くと納得。
現に「あの米、超凄いんですけど!」って話も聞くわけですし。

ただ、注意書きを加えておきますと化成肥料をただ与えている訳では無く、
こういった篤農家さんは穂肥の時期になると毎日少ーしずつ尿素(窒素成分のみを含む化成肥料)
を与えるなど、自分が肥料を効かせたい時に効かせたい分だけ与える努力と技術を持っているのです。



いつか私も、噂の米を食ってみたいものです。
※そういった人の米は大抵買い手が決まっていて。広く流通しないそうです。汗


また肥料に置いても、化成と有機に優劣をつけることなく、
長所・短所を見極めて組み合わせて使って行く事が大事です。

私も今後、もっと勉強して色々なやり方で作物栽培に挑戦して行きたいと思います。
スポンサーサイト



稲刈2011開始!

2011年09月12日 21:54

澄み渡る秋空の下・・・
P9110131.jpg

石井農園稲刈2011を開始しました!
P9110134.jpg
苗作りの種まきから数えておよそ半年。
はやり収穫ってのは嬉しいものです!

最初に稲刈りをするのは「こしいぶき」という早生品種です。

石井農園ではこしいぶき・こがねもち・コシヒカリを栽培し、
品種ごとの収穫期に合わせて順次稲刈りを進めていきます。


さて、稲刈で活躍するコンバインって農機は非常に便利なものでして、
稲の刈取をしながら同時に脱穀(ワラから籾を分離する)を行う事ができます。
P9110133.jpg
そして脱穀された籾はコンバインのタンクの中に溜められて、
容量が一杯になってきたら・・・・


この様に「アンローダ」という筒を伸ばし、
P9110141.jpg

トラックのコンテナに一気に移す事ができます。
P9110142.jpg
籾を受け取ったトラックは作業場へ戻り、籾を乾燥機に移して米の水分調整を行い、
その後「籾擦り」といってもみ殻を外して玄米にする作業を行います。
※稲刈り後の作業についてはこちらをどうぞ


親父が籾を満載したトラックに乗って作業場に行ってる間、
私もコンバインにのってバリバリ稲を刈らせて頂きました。
P9110146.jpg
こんな良い方は語弊があるかも知れませんが、
コンバインでの稲刈ってのは、他の作業・機械の操縦に比べると非常に簡単です。

田んぼを均等にならさなければ行けないトラクターでの代かきは繊細な作業が必要ですし、
田植え機なんかはヘタな運転すると苗がぐにゃぐにゃに植わって騒ぎになります。 が、
コンバインはただ生えている稲を刈れば良いので神経質になる必要がないのです。 

ふははは。

※もちろんあまりに注意散漫だと事故を起こしたり、
 稲が機体に詰まったり、籾が溢れたりするのでご注意を。


しかも、ぬかるむ田んぼを走る田植えと違って、
乾いて締まった田んぼをクローラーで走るコンバインは運転も楽です。

操縦席もいたってシンプル。

コンバインは主に二つのレバーで操縦します。(大型の機体だとハンドルタイプもあり)
左の黒いレバーで前進・後退。 右の白いレバーで左折・右折。(刈取部の操作も出来る)
P9110129.jpg
結果、稲刈は超楽しいのです・・・!

多分子供に操縦させてあげれば発狂して喜ぶと思います。
※大人がやっても相当楽しめるはず。

収穫の喜びも相まって、かなりテンションあがります。



しかーーーーーし!

稲刈特有の「ちくちく」だけは非常にしんどいのであります。
※ワラや籾などの稲の欠片が肌につくと非常にかゆくなります!


稲刈はちくちくとの戦いです。美味しい新米をお届けするべく、
9月下旬までの長丁場、タオルを首に巻きながら頑張りたいと思います!


=================================
新米コシヒカリ予約始めました! 9月末迄の限定で「送料サービス」。
是非石井農園の新米をご賞味下さいませ。ご注文はホームページにて。
=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。