親鳥(ひばり)の抱卵。

2010年07月04日 22:57

なんだこれ。 ・・・・超愛らしいんですけど!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


あーーーそこそこ!
真ん中ですよ、真ん中!
P7010132.jpg
え?分かんない?



じゃあ、これならどうですか?
P7010132-1.jpg
親鳥が畑に作った巣で卵を温めている所をやっと激写しました。
どうやらネギ畑に巣を作った鳥は「ひばり」のようです。



以前は私の気配を感じただけで逃げてしまった親鳥も、
毎日畑で会うたびに徐々に緊張をほぐしたのか
写真が撮れるほど近づいても逃げなくなりました。


勿論、私もここに到達するまでには努力をしてきました。


「私はアナタ(鳥)と巣の卵に気付いてるけど、全然興味ないから。」
ってオーラを常に発しながら畑で仕事をしてました。

巣の存在に気づいてるけど、無視。
一瞬親鳥と目が合っても、無視。


例えるならば、接客業の仕事中にいきなり芸能人が来たけど
騒がず、驚かず、淡々といつもと同じサービスに励む。 でも、
「お客様の事は存じてますよ」って雰囲気は出す。的な。


・・・ちがうか。



とりあえず(鳥だけに!)、鳥が私の事をどう思ってるかなんて分かりませんが、
今後もそっと見守り続けます。







各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


スポンサーサイト



ソルゴー 緑肥導入

2010年07月04日 22:28

先月、無事収穫を終えた離れのブロッコリー畑。
P6210066.jpg


残った葉っぱや茎は、「お疲れ様でした!」の気持ちを込めて
トラクターでスッキリ耕し(鋤き込み)ました。
P6210067.jpg
存分に土に還りたまえ!


さて。
ここは後作にネギが待っている訳ではないので、
夏~秋から冬用のキャベツor芽キャベツを植えようと考えています。

その為、アブラナ科の連作を緩和する為に緑肥を撒いてみました。
※緑肥とは植物の葉や茎を田畑にすきこんで腐食させ肥料とするものです。
P6210068.jpg
普及所さんからサンプルとしてソルゴー種を頂いたのです。

アブラナ科を連作せず、間にソルゴー(イネ科)などを入れることで
アブラナ科の土壌病害虫・菌の抑制に繋がります。


早速畑に種をぱーらぱら。
P6210069.jpg
種をまいた後は、浅~くトラクターを掛けて種を土に埋めます。
(発芽しやすくする為・鳥害対策など) 
これで準備OK。



・・・・待つ事数日。




にょきん!っとソルゴーの芽が顔を出してきました。
P7030037.jpg
おお! 雑草(ヒエ)っぽい! 流石イネ科。
間違えて引っ込ぬいてしまいそうでした。 
※ってか、この畑石多いなー。汗



アブラナ科の連作対策だけでなく、今後ネギ畑でも
有機物補給の為に堆肥の代わりに緑肥栽培を検討していました。

なので緑肥の今後の成長や鋤き込んだ感想、その後の栽培作物の生育など
どんな感じになるのか興味が尽きません。 

緑肥の経過観察も、随時報告していきたいと思います。