プロジェクト発表

2010年05月03日 20:37

農繁期の合間を縫ってコツコツ進めてきたプロジェクト。 新潟の農業をもっと楽しく、元気に!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


今回「消費者と農家がもっと楽しく交流できないか?」と考え、
消費者に農家の育てたコシヒカリ苗を配布する「バケツ稲プロジェクト」を立上げました。
※バケツ稲とはバケツを使った稲栽培で、家庭で米作りが体験できます。

【イベント概要】===========================
時間・・・・・5月9日(日曜)、10:00~15:00まで
場所・・・・・コメリ河渡店
P4250173.jpg
配布セットについて・・・コシヒカリの苗、肥料、簡単な栽培マニュアルを無料で配布致します。
       ※バケツ(容量10リットル程度)や土(田んぼや畑の土)はご自宅にあるものを
        使うか、当日配布エリアで販売している資材をご利用下さい。

配布数・・・200セット (コメリ河渡店にて、事前受付も開始)
       ※当日は多くの方に配布出来るよう個数に余裕を持って準備致しますが、
        品切れも予想されますのでお早目の来店がお勧めです。

配布者・・・西蒲区農業青年クラブ「なじら」
       ※私の所属する農業青年団体(4Hクラブ)です。
===================================
5月9日、コメリでお待ちしております!



そして更に、この活動を苗の配布で終わらせずに
バケツ稲を農家と消費者を繋ぐコミニュケーションツールとして捉え、
秋の収穫迄の半年間、消費者と生産者が長期に渡ってコミニュケーションを
行う事を考えました。


具体的には、農家自身もバケツ稲の栽培を行いその様子を
新潟若農ブログというグループブログを用いて発信していきます。
若農
今回運用するグループブログとは登録~参加申請をする事で誰でも農についての
記事を書く事ができ、多数の農家や消費者が自由に記事を発信する事が出来ます。

運用イメージとしては、収穫の秋まで定期的にバケツ稲の情報をアップするだけでなく、
消費者が自身のバケツ稲の記事・写真などをアップし、それに対して複数の農家や消費者が
栽培のアドバイスやコメントをすることで双方向のコミニュケーションが出来ます。

更にこのブログの中ではバケツ稲栽培の様子だけでなく、
米農家の田んぼでの稲の生育・作業を紹介したり、野菜農家や果樹農家の
作物の成長~作業の様子、農家自身の情報(自己紹介~キャラクター)も
発信していきます。


そして実りの秋には、ブログに参加した多くの農家・作物が集まって
作物の直売会や試食会を行う「収穫際」を予定しています。 
※現在、規模・日程・場所を調整中。

収穫祭では消費者の方達と、「バケツ稲を育ててみての感想」や、
「農業・農家に対する意識の変化」など、半年間の交流を振り返りながら
色んなお話が出来たらと思います。




改めて内容とまとめると今回の企画は、
リアルのバケツ稲とインターネット上のブループブログを用いて、
生産者と消費者が交流を行う「半年間限定のプロジェクト」です。


活動のメリット・狙いとしては、
=====================================
○農業や食に対して興味・関心の向上、農家への理解・共感に繋げる。
○個々の農家がブログコミニュケーション・直売会を通して顧客確保(ファンづくり)に繋げる。
○一時的な接触でなく長期に渡る交流を行う事で、
 商品・生産者に対してより深い理解を持ったコアファンを作る機会に繋げる。
○同じ作物を育てる農家が複数参加することで、栽培技術の交換・交流・向上に繋げる。
○若手農家の情報発信・自己表現・顧客開拓・モチベーションの向上・維持に繋げる。
=====================================                                    ・・・・・等があります。


今回の活動は、ブログを通して消費者の方から貰った
「農家の苗を使ってバケツ稲をしてみたい」って一通のメールから始まりました。

そして、
その企画に賛同してくれたコメリさん。支援してくれた県の普及員さん。
更に農繁期でハチャメチャに忙しい中にも関わらず、一緒に企画の立ち上げをしてくれた
新潟青年農業クラブの先輩農家の皆さんのおかげで、ここまで形にする事が出来ました。

本当にありがとうございました!




そして、このブログを読んで下さっている皆様に一つだけお願が・・・・!

本格的な運用は5月9日の苗配布イベントからになりますが、
農家さんも、消費者さんも、是非、新潟若農ブログへの参加~もしくは読者に
なって頂けたら嬉しいです。

この活動が新潟の農業をもっと楽しく元気にしていく事に繋がるよう、
半年間精一杯頑張りたいと思います。 

何卒、宜しくお願致します・・・!

スポンサーサイト