イノベーションシンキング。

2010年03月18日 23:58

どの業界の人でも、アイデアに詰まる事や改善の壁にブチ当たる時があるハズ。 お勧めの一冊です!  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


農作業に追われない冬うちにいろいろ本を読んだのですが、
その中で印象に残った本をご紹介。

「イノベーションシンキング」
P3160156.jpg
これは買ったのではなく、友人が面白いからと貸してくれた本。

どれどれ~  と、読んでみると確かに面白くて一気に読み切りました。


これはウミガメのスープで有名なポール・スローンって人が書いた本で、
内容は『水平思考』と呼ばれる発想法について掛かれています。

要は新しいアイデアを生み出す為のトレーニングや
方法なんかを書いているのですが、それ以上に心に刺さったのが・・・

【「改善」ではなく「イノベーション」が何故必要なのか】ってトコロ。




「改善する事は大切だが、全てでは無い。たとえば、
馬車をどれだけ効率よく改善した所で自動車が登場すれば市場は無くなる」
※本からの抜粋。


確かにーーー!!! って思いました。



改善にこだわってしまう事は先入観や固定観念のせいで
誰でも陥ってしまいがちです。

でも、今やっている事の効率を高めるだけでなく
それと同時に全く新しい手段を探す事が大事との事。

発想を変えることで「改善の限界」を一気に飛び越える事があります。



農業の世界でも、
「今までのやり方の改善」に捉われることなく
常に新しい発想をする習慣をつけねば! と思いました。


なんか斬新なアイデアが思いついたらアップします。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)

スポンサーサイト